データシステムよりフロントエンブレムカメラキットが新登場!

■ハイエース用とオデッセイ用をラインアップ

 データシステムからエンブレム内にカメラを収めた画期的な新製品、エンブレムフロントカメラキット(価格:2万1800円)が新登場!

 水平画角180°の広角レンズを採用した小型カメラをフロントグリルのエンブレム内に目立たずスマートに取り付けることで、安全運転をサポートしてくれるというアイテムだ。

こちらはホンダオデッセイ(RC1/2 H25.11〜)FCK-71DS3用で21,800円(税別)。本記事メイン写真で使っているのはトヨタハイエース用(KDH 2/TRH 2 H16.8〜)FCK-67HS3で21,800円(税別)

 ワイドな視野角と歪み補正機能により幅広い範囲を見やすくカバーしてくれるので、見通しの悪い交差点進入時の安全確認などに最適。ハイエース用のほか、オデッセイ用エンブレムフロントカメラキットも併せてラインナップ。

水平180°の広範囲を見渡せるので、交差点などでは左右から来る人やクルマを確認することができる
ハイエース用にはカメラカバーとカメラ本体(ケーブル長4m)、電源ハーネス(3m)ピン端子ケーブル(2m)が同梱される

株式会社データシステムのホームページはこちら:

最新号

Boosterpackdepot最新号

【スクープ】新型アルファードに新情報|Boosterpackdepot 7月10日号

 Boosterpackdepotの最新刊が本日発売! 次期型アルファードが2022年春販売するとの情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、GRスープラ初試乗スペシャルや新型タントのプロトタイプテストの情報ともに、注目車種の情報…

カタログ