フェアレディZの祭典「Z Car Fiesta2018」開催

 2018年11月24日(土)、今年で16回目の開催となる毎年恒例のZ Car Fiestaが、今年も追浜グランドライブで開催されました。

 以下、そのもようをレポートします。
文/写真:細田武(BoosterpackdepotClub)


■全国から「Zフリーク」が集合する一大イベント

 当日は、晴天に恵まれ、11月の下旬にしては、温かく過ごしやすい小春日和の一日となりました。

 イベント参加台数は108台、参加者は約200名弱。

 ゲストとして日産自動車フェアレディZの新旧各担当者、S30Zデザイナーの松尾良彦氏、「雨のZ使い」柳田春人氏、アメリカZ-carクラブ「Z Crazies」のメンバー12名も参加して 、日産自動車の協力の元、追浜グランドライブで開催となりました。

 イベント内容は、マイ「Z」で走る外周コース体験走行、日産自動車テストドライバー同乗走行(テストコースバンク走行)など。

 ドライバーは日産自動車実験部の皆様でした。

 ダイナミックエリアでのジムカーナ、低ミュー路体験走行(安全デバイスVDC体験横滑り防止装置)等も実施。

 また、Z34最新モデルの試乗、輸出モデル、Z432Rの展示などなど、フェアレディZフリークにはとても素敵な体験となりました。

 また、セミナールームでは、Z32デザイナーの山下敏夫氏によるデザインセミナー、日産自動車からは、 Z34のCPS(チーフ・プロダクト・スペシャリスト)である田村宏志氏からの車体剛性、全体的なバランスについてのセミナー。

 タイヤメーカーからは、横浜ゴムタイヤセミナー、ブリヂストンタイヤセミナーが開催され、休む暇のない充実した一日でした。

 参加者は、北海道をはじめ、富山県から、三重県からの参加者もあり、毎年このイベントで親交をはぐくんでいます。

 また、毎年趣向の凝らされた、とてもおいしい昼食のお弁当、併せて、お昼休みの時間に参加車両の中から ピックアップされたZ Carのエンジン音鑑賞タイムも設けられ、素敵なエキゾーストノートを聞きました。

 あっという間に楽しい一日が過ぎてゆきました。

協力: 日産自動車株式会社、オーテックジャパン、ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(NISMO)、(株)ブリヂストン、(株)横浜ゴム

 なお、Z Car Fiestaは日産自動車(株)の無償の協力により開催させていただいています。

 次回開催は、2019年11月を予定しています。

最新号

Boosterpackdepot最新号

スクープ! 2020年の大物新車たち|Boosterpackdepot 2月10日号

 新年初売り号となる「Boosterpackdepot」最新号が2019年1月10日に発売。元号も変わるなど激動の1年となる2019年だが、Boosterpackdepotではそのさらに先、2020年に登場する大物ニューモデルを独自スクープ! 五輪イヤーに向けて、期待の新車が目白押し…

カタログ