えっ、発売前にエクリプスクロス特別仕様車が!? 三菱オートサロン出展車発表

■「クーペっぽさを強調」と「SUVっぽさを強調」の2タイプ

 2017年12月18日、三菱自動車は、2018年1月12日(金)〜14日(日)に幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区)で開催される東京オートサロン2018の出展概要を発表した。

 出展車両は以下の5台。

 来春に国内発売を予定している新型クーペSUV『エクリプス クロス』の、クーペとしてのスタイリッシュさを高めた「PREMIUM SPORTS Concept」、SUVとしてのダイナミックさを引き出した「FIELD ATHLETE Concept」の2台のカスタムモデルに、東京モーターショー出品車を加えた3台を参考出品する。

 出展ラインアップを見ると、一番地味に見える(失礼!)出品車が、発売直前の(ノーマル仕様の)エクリプスクロスというのはどうなんだそれと思わないでもないが、今度の新型車(エクリプスクロス)はそれだけ発展可能性がある、ということだろうか。

●1.『エクリプス クロス PREMIUM SPORTS Concept』

 フロントバンパー及びサイドドアガーニッシュをボディ同色とし、ボディ下部をモノトーンに統一することで、より上質でスポーティなハイスピードツアラーをイメージ。

 またフロントアッパーグリルをダークメッキ化することで、パフォーマンスを象徴する中央のブラックフェイスのテイストと合わせ、よりスタイリッシュな表情としている。足回りには、冒険の名を冠するRAYS製アルミホイールSTRATAGIA Avventura(20×8.5J)、高速安定性の高いYOKOHAMA製タイヤADVAN Sport V105(245/40R20)を装着し、スポーティさをより際立たせているモデル。

●2.『エクリプス クロスFIELD ATHLETE Concept』

 大地を疾走するダイナミックなSUVをイメージし、ボディカラーは強い輝きと高品質感を表現したブロンズメタリックを採用。エクステリアではエンジンフードプロテクターや、力強く迫力あるデザインのRAYS製アルミホイールFDX-F7(18×7.5J)及びYOKOHAMA製タイヤGEOLANDER A/T G015(225/55R18)を装着し、走破性が高くタフなSUVのイメージを際立たせている。

●3.『アウトランダーPHEV PREMIUM SPORTS Concept』

 カーボン柄を部分的にあしらったフロント、サイド及びリヤエアダムを装着し、スポーティでシャープなエクステリアデザイン。足回りには精緻な立体形状デザインのRAYS製のアルミホイールVERSUS STRATAGIA VOUGE(20×8.5J)及びYOKOHAMA製タイヤADVAN Sport V105(245/40R20)を装着することで、スポーティさに高級感のある輝きを加え、都会に映えるスタイリングとしている。

●4.『デリカ D:5 ACTIVE GEAR』

 すでに特別仕様車として発売中であり、大変好評を博している「ACTIVE GEAR」の世界観と本物感をさらに引き立てるオフローダー用品を装着したモデル。フロントバンパープロテクターとサイドアンダーガードバーを装着し、タフさを際立たせている。

 また、ヘビーデューティキャリアとリヤラダーを装着して積載量を確保し、様々なレジャーシーンに応える仕様としている。足回りにはYOKOHAMA製タイヤGEOLANDER A/T-S(225/55R18)を採用。

●5.『エクリプスクロス』(東京モーターショー出品車)

 2018年3月発売予定。発売が楽しみだ。

最新号

Boosterpackdepot最新号

国産8メーカー 2020年までの新車スケジュール Boosterpackdepot9月10日号

 自動車総合誌「Boosterpackdepot」最新号が、2018年8月10日に発売。今号の巻頭では、2020年までに登場する国産8メーカーのニューカースケジュールを完全網羅。また大人気、ジムニーとN-VANの試乗記も掲載している。内容盛りだくさんの9月10日…

カタログ