ジューク&エクストレイルにe-POWER搭載か!? 2022年までに5車種追加!! 日産が新車猛攻勢!!

  • Tweet
  • シェア

 日産が誇る新感覚のハイブリッドであるe-POWER。技術的には決しては真新しいものではないものの、日産の販売戦略のうまさもあり大ヒット。

 コンパクトカーのノートに続き、大ヒットミニバンのセレナにも搭載。まさに日産の救世主ともいうべく技術だ。

 そんなノートe-POWERだが、なんと2022年までに5車種に搭載を予定しているという公式アナウンスがあった。

 いったいその5車種とはどんなクルマなのか? Boosterpackdepotスクープ班が迫ります。

文/写真(予想CG):Boosterpackdepot編集部
Boosterpackdepot2019年4月26日号


■まずはジュークe-POWERで日産の新時代を切り開く

 日産は2018年の中期経営計画で「2022年度末までに3車種のEVと5車種のe-POWER搭載車を国内市場に投入する」ことを発表している。

 昨今の日産の新型車発表のスケジュールを考えると、今後登場する国内向けニューカーのほとんどが、EVもしくはe-POWERモデルとそのベース車になると捉えていいはずだ。

次期ジュークのBoosterpackdepot予想CG。コンパクトながら押し出し感の強いフロントフェイスで人気が出そうだ。2022年までのe-POWER新規搭載の第一弾となりそうだ

 販売面ではノートe-POWER、セレナe-POWERでヒットを続けている日産。

 これを商機にと特に国内市場での拡販のカギと捉えているのはe-POWERモデルだ。

 では今後投入されるe-POWERの5車種とは何か?

 まず第1弾となるのは、年内にフルモデルチェンジするコンパクトSUVのジュークとなりそうだ。

 現行型には1.6Lターボ車も設定されてスポーティさをアピールしている。

 2代目となる次期型は斬新なデザインとスポーティなキャラクターを継承しながらも燃費性能と走りの楽しさを両立したe-POWERモデルも予定している。

 ただし、登場時期に関してはゴーンショックの影響もあり、2020年にずれ込むという情報もある。

■次期エクストレイル&次期キューブにe-POWERを搭載か?

 そして、この延期はさらに広がり、ジュークに続いて予定されているエクストレイルとノートのフルモデルチェンジも2020年になりそうだ。

本格派SUVとして初のe-POWERとなりそうな次期エクストレイル(Boosterpackdepot予想CG)。 進化版の電動4WDを搭載か

 エクストレイルは次期モデルでe-POWERをラインナップ。

 パワーアップしたモーターとモーターアシスト式4WDを進化させた後輪左右駆動力配分システムを採用した4WDを搭載する見込みだ。

次期ノートもe-POWERでグイグイ攻める。詳細はまだまだわからないことも多いが現行モデル以上にe-POWERが前提となる
(Boosterpackdepot予想CG)

 次期ノートの詳細は掴めていないが、現行モデル以上にe-POWERをメインにしたラインナップへと進化するのは間違いないところ。

 以上の3車種がe-POWERのニューモデルとなるのは確実で、では残りの2車はいったいなにか?

次期ノートベースで次期ジュークとされる3列プチバン。e-POWER搭載で魅力的な存在になりそう
(Boosterpackdepot予想CG)

 これは次期ノートベースの3列シートコンパクトと、次期セレナだという情報がある。

 3列シートコンパクトはノートベースだが、キューブの後継車として登場する可能性も高い。登場は2021年以降か?

 なんでもかんでも「e-POWER頼り」になるとその新鮮さも失いかねないが、「技術の日産」を標榜する日産だけにきっと新たな一手を打ってくるはずだ。

次期セレナもノートに続きe-POWERを引き継ぎそうだ。2021年以降の発売になりそう(Boosterpackdepot予想CG)
  • Tweet
  • シェア

最新号

Boosterpackdepot最新号

【祝・創刊1000号!!】日本の新車SCOOPモーターショー開催|Boosterpackdepot9月10号

 Boosterpackdepotの最新刊が本日発売!   1978年1月に創刊号を発行し、1985年7月26日号から月2回刊に移行。自動車雑誌「Boosterpackdepot」は、本日発売の9月10日号で創刊1000号を迎えました。  1000号までお付き合いくださった皆さまには…

カタログ