ド派手グリル風潮にホンダはクール系で対抗!? ステップワゴンの独自路線

■「黒」を基調にしたクール系ステップワゴン

 2018年12月20日、ホンダはステップワゴンに特別仕様車「ブラックスタイル」を設定し、発売した。

ステップワゴン「ブラックスタイル」。1.5Lターボの純ガソリン仕様はFFで3,094,200円、4WDで3,288,600円。ハイブリッド仕様は(FFのみの設定で)3,602,880円

 ブラックスタイルは、その名のとおり黒を基調としたエクステリアデザインが特徴で、フロントグリルやヘッドライトガーニッシュにブラッククロームメッキを採用。ホイールにブラッククリア塗装を施し、インテリアに「ブラック×パープル」と「アイボリー×シルバー」の2種類を設定。ブラック×パープルには、パープルステッチを施した専用の本革巻ステアリングホイールやブラック×パープルのコンビシートを採用している。

 価格は309万4200円〜360万2880円。

内装はブラックにパープルのアクセントを配する。エクステリアはカッコいいんだけど、これは賛否がわかれそう…

 なかなか売れそうな特別仕様車なのだが、その一方でミニバンの「ワル顔化」の一環だと考えると、お、こういう手もあったかという心境になる。

ステップワゴン「ブラックスタイル」、明るいところで見るとこんな感じ。かなりクールでかっこいい

 トヨタのアルファード/ヴェルファイアが売れ続け、ノア/ヴォクシー/エスクァイアにも各種カスタムパーツが好評を博しており、さらに独自路線を走っていた三菱デリカD:5までド派手なフロントグリルを採用している。

 こうした風潮のなか、ホンダが(この「ブラックスタイル」のように)「迫力のあるフロントグリル造形が流行っているのであれば、こういうクール系もいいんじゃないの」と提案してくれているのであれば、いろんな選択肢があったほうがいいし、なんとなくホンダっぽい路線なので、ぜひとも応援したい。

 このN-BOXバージョンがあったらさらに売れると思う。

特に深い意味はないがアルファードとヴェルファイアのフロントマスクを掲載しておきます

こちらも深い意味はないが2019年2月にマイチェン予定の(先行公開された)新型デリカD:5のフロントマスク。だいぶ派手

最新号

Boosterpackdepot最新号

平成最後の日本自動車大賞|Boosterpackdepot 5月10日号

 Boosterpackdepotの最新刊が本日発売! 4月1日に元号が「令和」に決定し、いよいよ平成も残りわずかとなる。そこで、最新号では平成最後の日本自動車大賞を決定。  このほか、デビュー直後の日産デイズ&三菱など注目新車の情報も盛りだくさんの内容でお送り…

カタログ

куда инвестировать деньги

https://viagra-on.com/comprare/viagra-generico

eximbase.com