稀代の名車が現代に甦った 光岡Rock Starのやんちゃな楽しさ

 ロードスターをベースにしたアメリカンスタイルの2シーターオープン、その名も「Rock Star」が、2018年11月29日に発表された。

「Rock Star」は、光岡自動車創業50周年を記念して開発された限定車だ。現行型マツダ・ロードスターをベースに、2代目シボレー・コルベット(いわゆる「スティングレー」)を彷彿とさせるクラシカルなアメリカン・スポーツカーのスタイルに仕上げられている。限定生産数は200台で、価格は4,698,000~5,184,000円。

 聞けばすでに光岡の顧客に向けて先行予約を開始しており、その予約枠50台は売り切れているという。

 よくよく写真を見れば、これはかっこいい。価格も手頃で、中身はロードスターだから走行性能は折り紙付きだし、整備性も問題ない。

 これほしい…。

 案外価格も手頃なこの「和製スティングレー」、じっくり紹介します。

文/写真:大音安弘、光岡自動車


■「オロチ」をデザインした青木氏が担当

往年のコルベットそっくりな光岡自動車の「Rock Star(ロックスター)」。光岡としては「アメ車風」のパイクカーは初めて

 光岡自動車といえば、日産マーチをベースにしたオールド・ジャガー風のコンプリートカー「ビュート」に代表されるように、往年の輸入名車のテイストを取り入れたカスタマイズカーを送り出してきだが、これまでのモチーフは欧州車ばかり。アメリカ車をモチーフとしたものは、同社で初の試みといえる。

 今回の50周年記念車の開発については、光岡自動車がGMブランドのディーラーを展開し、コルベットなどのクラシックなアメ車の輸入販売を行っている背景から、いつかアメ車をモチーフとしたオリジナルカーにも挑戦してみたいという想いが、企画の中心となった同社デザイナーである青木孝憲課長と商品企画の渡部稔執行役員の間にあったという。

 そこで渡部氏が提案したのが、若き日を過ごしたアメリカ・カルフォルニアでのカーライフだ。

リアデザインもかなり緻密にコルベット風をトレース。存在感抜群で、いやーこれ、かなり欲しくなります

 そこで当時、憧れた一台であったカルマンギアをモチーフにデザインをしてもらったというが、渡部氏には、しっくりこなかったという。

 その理由は、あの頃、背伸びして乗りたかったクルマよりも、年を重ねた今だからこそ、青春を取り戻したくなる情熱的なクルマに乗りたいと感じたと振り返る。

 そこで青木氏から提案されたのが、「タイプ・カリフォルニア」と名付けられたコルベット風のデザインだったという。それがRock Starへと繋がった。

 そのコンセプトは、「やんちゃ×スタイリッシュ×楽しさ」だ。

こちらがオリジナルのシボレー・コルベット(C2)。1963〜1968年に生産された。中古車市場では1000万〜1500万円する

■ベース車ロードスターの面影はまったくなし

 公開された実車を前にしてみると、なかなか迫力があってカッコいい。

 ライトウェイトスポーツのロードスターの面影はなく、コルベットC2風のグラマラスなスタイルは、アメ車感たっぷりだ。

 ボディサイズは、全長4345mm×全幅1770mm×全高1235mmで、全長が+430mm、全幅が+35mm拡大されているものの、車両重量も1100kg前後に収められているので、ロードスターらしい軽快な走りが味わえるようだ。

2018年11月29日に都内で発表会を開催。この時点で見込みユーザーに先行予約案内がなされており、200台中50台の予約枠はすでに売り切れていると公表

 細部を見ていくと、前後マスクは完全にオリジナルで、アイアン風メッキバンパー、スリット入りボンネット、サイドダクト付きのフロントフェンダーなどのアクセントが、アメ車感を高めている。オプションとして用意されるクラシックスタイルのタイヤとアルミホイールも決まっている。

 購入するならぜひとも選びたいアイテムだ。

 ボディ色は、`60年代のアメ車を彷彿させる鮮やかな色を中心に6色を用意。「ロサンゼルス・ブルー」や「シカゴ・レッド」、「アリゾナ・イエロー」などカラー名にも工夫が凝らされている。

 ソフトトップも4色から選択可能だ。

 これまでの光岡モデルとは一味違うデザインという声も聞かれるが、この秘密については、青木氏は「クレイモデラーなど開発の多くにかつて大蛇を担当したメンバーが関わった点の影響が大きい」とした。

■中身はそのままロードスター

 インテリアは、基本ベース車と同様だが、光岡自動車によるカスタマイズオプションが設定されており、ボディ同色のドアパネルやカラーアクセントライン入りのレザーシートなどを、ユーザーの好みに合わせて仕上げることができる。

 またパワートレインや基本的な装備はロードスターに準ずる。132ps/152Nmの1.5Lの直列4気筒DOHCエンジンを搭載し、トランスミッションは、6速MTもしくは6速ATが選択可能。ベースとなるグレードは、「S(6速MTのみ)」と「Sスペシャルパッケージ」のいずれかを選択する仕組み。

エンジンやトランスミッションなど、「中身」はマツダ製で信頼性や整備性はバッチリ

 12月1日より150台の販売が開始される。

 残りの50台は、光岡自動車の顧客向けに先行受注が行われたという。

 今年10月、光岡自動車からアナウンスがないままこの「Rock Star」の情報がネットを駆け巡ったことがあったが、それはこの顧客向けのダイレクトメールの情報を元にしたものだったのだ。ちなみに先行販売の50台はすでに完売済みと好調なスタートを切っている。

■維持費の心配もなくリセールも抜群!?

 気になる納期だが、最初の工場出荷は2019年6月頃を予定しているとのこと。

 2019年度に生産されるのは、先行受注分の50台のみ。その翌年(2020年)から、一般販売される150台を2020年度と2021年度に分けて、75台ずつ生産される予定。

 今後のオーダーは、先着順で生産されることになるだろうから、最短でも手元に届くのは再来年となる。

 光岡自動車では、「手元に届くまでの時間も楽しんでもらえたら……」とコメント。現状では、限定数の200台のみとすると明言しているため、手にしたいならすぐに注文することをお薦めする。

 光岡章夫代表取締役社長は、Rock Starについて、「弊社でもクラシック・コルベットを取り扱っているが、価格は1000万円を超えるし、何よりも維持するためには、多くの時間とお金を必要とする。Rock Starは、アメリカンスポーツカーの世界を気軽に楽しめるのが魅力。価格もかなりお得な設定だと思う。購入しても、手放す際は新車に近い価格か、それ以上になる可能性もあるのでは……」と新型車への自信をうかがわせた。ちなみに先行予約車50台の主要購買層は50〜60代の男性だとのこと。

 どうやらアメリカンカルチャーに憧れた世代の心を鷲掴みにしているようだ。

最新号

Boosterpackdepot最新号

さらばゴーン! どこへ行く? 日産 大特集|Boosterpackdepot 1月10日号

 いよいよ2018年は師走も中盤。12月10日に発売の「Boosterpackdepot」は、2019年1月10日号となる。そんな最新号では、来年登場が期待されるスモールカーの革命児、4台のスクープはもちろん、自動車業界内外で大きな話題となっている日産を大特集!…

カタログ