スズキ新型スペーシア「ギア」12月発売 すっげえ売れそうなSUV風グレード追加

■年末発表年始発売の必勝パターン

2018年12月1日、スズキが人気のスーパーハイトワゴン・スペーシアに新グレード「ギア」を追加すると発表した。発売は「12月中」と公開されており、各販売店では順次予約を受け付けている。

両側パワースライドドアを持ち、広大な室内スペースや防泥仕様のシートバックなど使い勝手がよいと評判の高いスペーシア。今回新設定される「ギア」は、アウトドアシーンに合う専用デザインで登場する。

現在スペーシアにはノーマル仕様と、いわゆる「ワル顔仕様」のカスタムが存在するが、ここに「アウトドア仕様」としての「ギア」が追加される、ということ。

価格は未発表だが、販売店からの情報によると「ノーマル仕様よりは若干高く設定されることになるが、それでも大幅アップということはない、買い得感は高い」とのこと。

ボディカラーは赤、黄、青、緑、水色、白、シルバーなど多彩

2013年12月に発表して翌2014年1月に発売したハスラーが大ヒットした経験を持つスズキ。この時、「年末年始の、多くの人がテレビを見る期間に新型車を投入してCMを打ちまくり、ディーラーの初売り期間である1月初旬に発売すると、クルマが売れる」という販売手法を定着させた。

ちょうど1年前(2017年12月)にもこの手法で新型スペーシアと新型クロスビーがデビュー。どちらもヒット作に育っている。

オレンジのステッチが付く内装

ただでさえ売れているスペーシアに、流行りの(そしてハスラー、クロスビー、ジムニーで実績のある)SUV仕様を追加。これで勢いをつけて、スペーシアは同ジャンルの二大巨頭であるホンダN-BOXとダイハツタントを追撃する。

軽自動車とは思えない広大なスペースが特徴。防泥仕様なので自転車も搭載可能。なお軽なので4人乗りです

最新号

Boosterpackdepot最新号

【スクープ】新型アルファードに新情報|Boosterpackdepot 7月10日号

 Boosterpackdepotの最新刊が本日発売! 次期型アルファードが2022年春販売するとの情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、GRスープラ初試乗スペシャルや新型タントのプロトタイプテストの情報ともに、注目車種の情報…

カタログ

депозиты в долларах

tokyozakka.com.ua

vorteleather.com.ua