いすゞの4WDは世界で健在!! “現実的“オフロードコンセプトがかっこいい

 いすゞといえば今ではトラックメーカーの印象が強いと思うが、かつては「ビッグホーン」「ミュー」「ウィザード」などの名車の4WDも国内販売していた。

 そんないすゞはいまでも海外向けにピックアップやSUVを製造、販売している。その人気は高く、信頼性、そして走破性の高さに評価は高い。

 2018年8月、いすゞのピックアップをベースにオーストラリアで超絶カッコいいコンセプトモデルが発表された。

 その名も「Concept X」。その全貌に迫ろう。

文:BoosterpackdepotWeb編集部/写真:TEAM D-MAX


■『トランスフォーマー』次回作出演に前向き!?

 見よ、このグラマラスなフェンダーにドデカいマッドテレインタイヤ。そして個性的なボディパネル。これが今回発表された「Concept X」だ!!

 制作したのはいすゞと関連のあるTEAM D-MAXというオーストラリアのチーム。彼らはいすゞのSUVを使ってパフォーマンス走行をするプロなのだ。

左がピックアップのConcept X  D-MAX、右がSUVのConcept X  MU-X。どちらも市販車ベース

 コンセプトXは2018年8月17日にお披露目されたのだが、その会場はメルボルンで開催中のNational 4×4 Outodoor Show。4WDやSUVのファンも集まるビッグイベントだ。

 その場でお披露目するからには当然このクルマもかなりオフロードを意識している。

 Concept Xはピックアップ(Concept X D-MAX)とクローズドボディ(Concept X MU-X)の2種類がある。

 ピックアップのConcept X D-MAXはその車名のとおり、D-MAXといういすゞが海外市場向けに発売しているピックアップがベース。

Concept X D-MAXのベースとなるいすゞD-MAX。オーストラリアなどでも人気のピックアップだ

 Concept XのエンジンはD-MAXと同様の3Lの直4ディーゼルが搭載される。

 Concept Xのスペックは市販車と変わらないとのことで、パワーが130kW(=176ps)、トルクが430Nm。

Concept X MU-XのベースになるいすゞのSUV、MU-X。この車名でお気づきかもしれないが、あの名車「ミュー」の後継車なのだ。3列シートの7人乗り

 ちなみにエンジンは4JJ1という、日本ではエルフなどに搭載される信頼性も抜群のディーゼルエンジンだ。コンセプトカーのわりに現実的なスペックが並ぶのには理由がある。

悪路をいくConcept X。このルックスは非常にかっこいい。近未来的ながらも突起物が車外にないなど、現実的なオフローダーの姿だ

 そもそもの開発の方向性が一般的なコンセプトカーとは異なる。このコンセプトカーを開発したTEAM D-MAXマネージャーのウェイン氏はいう。

「最初からレーシングマシンや、ロッククローラーのようなマシンを作る気はありません。目指したのは究極の4WDツアラーなのです。

「究極のオフロードツアラー」というだけに存在感は強烈。しかし競技車両をつくりたいわけではない、という強いポリシーが貫かれている

 ボディメイクも市販のパーツを付けるのではなく、すべて自分たちの手で作り、そして取り付けました。だから見てください。”トランスフォーマー”の次期作に出れそうでしょう?」。

 ルックスはもちろん近未来的でありつつも、どこか現実味も帯びている。現実味のない究極の走破性というよりも、オフロードを難なくこなせる4WDがほしいというのが開発の方向性だ。

 これなら欲しいって人も多いかも!!

■オフロード走破性に重点を置きつつ現実的な1台

 オフロード走行時のことも考慮に入っており、アプローチアングルは50℃、ディパーチャーアングルは38°になる(ちなみに新型ジムニーはそれぞれ41°と51°。ジムニーすごいぞ)。

カスタマイズはフレームを切断するなどはしておらず、部品の取り付けがメイン。基本性能の高さがあるからできることだ

 足元を固めるタイヤはトーヨータイヤのマッドテレインタイヤのオープンカントリー。サイズは38×15.5R20。

 つまりは20インチのホイールで、タイヤの外径が約81cm、トレッド面が約39cmもある。

 それを使い切るサスペンションは7インチのリフトアップで、フロントが独立式、リアがマルチリンク。さらにブレーキも6ポッドキャリパー+390mmローターなど、止まることも忘れていない。

川も渡れちゃいます、というようなカット。これだけの車高があればそこそこの水量でも大丈夫!?

 4.5tをけん引できるウィンチを前後に備えるなど、スタックや救援などの準備も万端。

 市販化は特に予定なしとのことだが、これだけ現実味を帯びているのだからキット販売などはあるかも!? 

オーストラリア国内では展示をするそうだが、いつかConcept Xを日本で見ることはできるのか!?

 実はこのConcept Xの企画はTEAM D-MAXの重役のおふざけが企画のスタートだという。直系81cmのタイヤを社用車に履かせるというお遊びをしていたら、突然アイデアが下りてきたそうな(こういうノリいいですね)。

 そこからこれだけのコンセプトカーを作るというのは、やっぱり4WDへの情熱って世界共通ですね。

 国内での乗用車の販売は終了したいすゞなので、日本国内でこのクルマに乗ることは叶わない。とはいえ、D-MAXはEURO5対応だし、イギリス仕様の右ハンドルもある。

 しかも生産はタイ。トヨタのハイラックス、もしくは期間限定で復活した70ランクルのように一定の需要はあると思うのだけれど……。

 いすゞの4WD、また日本で乗りたいっすな~。どこかの並行輸入業者さん、1台どうです?

最新号

Boosterpackdepot最新号

【スクープ】日産&三菱から出る新車|Boosterpackdepot 6月10日号

 Boosterpackdepotの最新刊が本日発売! 令和初売りの今号は、スクープ班が独占入手した日産&三菱の新車情報を詳しく紹介。  このほか、日本のSUV&クロスオーバー全37モデル〇×評価など、注目車種の情報も盛りだくさんの内容でお送りする。 【スクープ…

カタログ

www.adulttorrent.org

У нашей организации нужный интернет-сайт про направление 13.ua.
agroxy.com