【驚愕!! 本気のBMWはやはり凄い!!】BMW X2はコンパクトSUVの本命か

 BMWジャパンが2018年4月18日から受注を開始したBMWのスポーツ・アクティビティ・クーペ、X2。BMWのSUVには、オーソドックスなスポーツ・アクティビティ・ヴィークルのSAVと、クーペのようなスタイルを持つスポーツ・アクティビティ・クーペのSAVがあり、前車は奇数のX1、X3、X5、後車は偶数のX4、X6、そして今回デビューしたX2のラインアップとなる。

 ターゲットは1980〜2000年までのインターネットが当たり前の時代に生まれた、成功したミレニアル世代だという。つまり30代のヤンエグ(死語?)向けということだ。

 ボディサイズは全長4375×全幅1825ゆき×全高1535mmとX1に比べ全長が80mm短く、全高が75mm低くなっていて、クーペのような低いルーフラインが特徴で、全高1550mm以下に制限される機械式駐車場にも入るのは嬉しい。

 このクラスのライバル車といえばメルセデスベンツGLAやアウディQ2。国産車でいえばトヨタC-HRが最右翼。実際、C-HRは全長4360×全幅1795×全高1550mmと、サイズ的にもC-HRにも近い。

 ただ、価格帯が違う。C-HRは229万〜292万9200円。いっぽう、X2の価格はFF、1.5L直3ターボのsDrive18iが436万〜481万円、4WD、2L直4ターボのxDrive20iが473万〜515万円と、価格には大きな開きがある。

 そのX2の実力がいかなるものなのか、箱根のワインディングで徹底試乗!

文/Boosterpackdepot本誌・飯干

写真/奥隅圭之


■BMWのエントリーモデルだがモノが違うと驚愕!

X2xドライブ20iMスポーツXのボディサイズは全長4375×全幅1825×全高1535mm。X1のxドライブ20iMスポーツと比べると、全長が80mm短く、全幅が5mm狭く、全高が65mm低い。最低地上高は180mm。価格はsドライブ18i:436万円/sドライブ18i Mスポーツ X:481万円/xドライブ20i:474万円/xドライブ20i MスポーツX:515万円

 BMWがSAC(スポーツ・アクティビティ・クーペ)と呼ぶX2の試乗会に出かけ、乗った瞬間「モノが違うわ」と唸らされた。

 試乗したのは192㎰/28.6㎏mの直4、2Lターボ、8速スポーツAT(20iは8速AT)のX2 xドライブ20i MスポーツX(車両価格515万円、試乗車はオプション込み585万3000円)。

 シリーズ中最も上級となるモデルだが、X2には直3、1.5Lターボ(140㎰/22.4㎏m)、7速DCTのエントリーグレードもあり、こちらは436万円から。2Lは4WD、1.5LはFFのみの設定だ。

 BMWでこの価格帯はエントリーモデルのクラスとなるが、そんな雰囲気はみじんもなく、内外装の質感から走りまで「いいもの感」にあふれている。ゆっくり走っている時には路面の荒れをしなやかにいなし、ワインディングでは安心してペースを上げられる。思いどおりに操ることができ、かつての「ホットハッチ」というジャンルは、今こういうクルマに受け継がれているのだと思わされる。

クーペのようにルーフラインが低いが、X4やX6のように極端にルーフが低く見えないため、あまり気が付かないのが逆にいい。試乗車はxドライブ20i MスポーツX(515万円)。標準は19インチだが、オプション(11万4000円)の20インチのMライトアロイホイール+225/45R20タイヤ(ピレリPゼロのランフラットタイヤ)が装着されていた。よく見ないとわからないかもしれないが、バンパーやボディサイズにコントラストカラーのフローズングレーが配されており、ダイナミックでアクティブな印象を与えている

CピラーにBMWのエンブレムを配置するのは2000C/CSや3.0CS/CSLといったクラシックBMWクーペの伝統。それをX2で復活させた

 試乗車は11万4000円のオプションとなる225/40R20サイズのタイヤを履いていたが、チープなゴツゴツ感は皆無で、このあたりのセッティングは見事。スタンダードグレードの17インチなら乗り心地とスポーツ性能のバランスがどうなるのかも試してみたいところだ。

■2L直4ターボエンジンのレベルが高い!

ガソリン直4、2L直4ターボエンジンは192ps/28.6kgm、JC08モード14.6km/L。X1に用意されているディーゼルエンジンをぜひラインアップしてほしい

 2L直4ターボエンジンは軽やかに回るタイプ。ドラマチックな印象はあまりないが、アクセルを踏み込めば一気呵成に回りきるパワー感、ターボラグを感じさせず、低速域からしっかりとついてくるトルク感、そして回転のスムーズさなどはやはりレベルの高さを実感させる。

 ボディサイズは全長4375×全幅1825×全高1535㎜、ホイールベース2670㎜で車重は1620㎏。ボディの拡大化が進む昨今、これなら日本の道路環境でもコンパクトと表現できるサイズだろう。実際、細い道でも苦労することはなかった。

ドライバーオリエンテッドなBMW流のコクピット。8.8インチのタッチパネルディスプレイが備わり、主なターゲット層であるミレニアル世代だけにコネクティブ対応にぬかりはない

 ADAS(先進運転支援システム)は十二分なものが標準装備され、「BMWコネクテッドドライブ」も用意するなど先進性も兼ね備えたクルマだが、個人的にはそちらよりも「BMWは別格だ」とつくづく思うクルマの性能レベルの高さに惹かれる。

 また、クロスオーバーカーが人気の昨今、そのあたりの「流行りのツボ」もしっかりと押さえてあり、単に職人気質でいいクルマを作っているだけではないのも魅力を感じる部分だ。

■これがBMWか!と思わせる完成度だった

 515万円という価格を軽々しく「安い」とはいえないが「これがBMWか」と思わせる完成度の高さはさすがというほかない。ベーシックな3気筒、1.5Lターボ版はまだ試乗の機会に恵まれていないが、今回2Lターボ車に乗ったかぎりでは、そちらもベーシックグレードの域を超えたレベルに仕上がっているのは間違いないだろう。

着座位置は高めで視界はいい。ファブリックとアルカンターラのスポーツシートの出来はいい

身長181cmの担当者が後席に座った写真。天井高はオーソドックスなX1より低いものの、ヘッド&ニースペースともに充分な空間があり、嫌悪感は感じなかった

トランク容量はさすがにX1の通常時505〜背もたれを倒した最大の1550Lから、470〜1355Lに縮小されている

※T:ガソリンターボ、DT:ディーゼルターボ

■BMW640 Xドライブ グランツーリスモにも試乗!

640xドライブ グランツーリスモMスポーツ/全長5105×全幅1900×全高1540㎜、ホイールベース3070㎜、車重2010㎏。直6、3Lターボ(340㎰/45.9㎏m)、JC08モード燃費10.9㎞/L、1081万円

 テールゲートを備えた4ドアファストバッククーペの6シリーズグランツーリスモにも試乗した。6シリーズグランツーリスモの名が付けられているが、ベースとなったのは現行モデルの5シリーズセダンである。

 5シリーズセダンから95mm延長した3070mmのホイールベースと、全長5105×全幅1900×全高1540mmというフルサイズボディにサッシュレスドアとテールゲートを組み合わせた4ドアファストバッククーペで、ステーションワゴンにも迫るラゲッジ容量を得ている。

 とにかく、滑らかさの極致のような仕上がり。クルマの動きにトゲがまったくなく、運転していると全身を柔らかい何かで包まれているような感覚になる。

 安全な場所で一発アクセル全開にしてみたらもの凄い勢いでかっ飛んだが、直6エンジンのフィール自体はやはり滑らか。レクサス、まずいぞと本気で思った。

4ドアファストバッククーペの優雅なスタイル。6ライトウインドウで、リアゲートを持たないレクサスLSにも似たデザインだ

スポーティなMスポーツ仕様のコクピット。ほかのモデルと同様、BMW流のモダンラグジュアリーなインテリアデザインだ

ホイールベース3070mmの恩恵を受けたリアシート。この巨大なスペースには驚かされた

荷室の容量は5人乗車時で610L。後席を倒すことで、最大1800Lにまで拡大できる

最新号

Boosterpackdepot最新号

ジムニー 5ドア計画を暴く|Boosterpackdepot 12月10日号

 2018年も残すところあと2ヶ月。今年もさまざまな新車が登場したが、なかでもひと際注目を集めたのが、久々の刷新となった新型ジムニー。  11月10日発売のBoosterpackdepot最新号では、そのジムニーに待望の5ドアが追加されるというマル秘情報の真相を…

カタログ