【超名門復活!! 欲しい!!】アルピーヌA110抽選会inフランス大使館&カタログモデル発売間近!!

  • Tweet
  • シェア

 2018年7月15日(サッカーロシアW杯でフランス代表が優勝を決める12時間前!!)、港区南麻布にある在日フランス大使館にて、アルピーヌA110の初回限定車「プルミエール・エディション」(790万円)の抽選会が実施されました。本稿ではその抽選会の様子をお届けします。

文:BoosterpackdepotWeb編集部


■フランス大使が直々に抽選!?

 2017年3月のジュネーブショーで世界初披露された「アルピーヌA110」。往年の名車であり、クルマ大好きフランス人の(特にスポーツカー大好きフランス人の)魂の拠り所となっている「アルピーヌ」ブランド復活の第一弾として用意したこのクルマが、いよいよ日本での納車を開始する。

初代アルピーヌA110(写真左)は1963年発売。RRレイアウトによる独特のトラクションと軽量ボディを武器に数々のラリーで勝利。1973年には初代WRCマニファクチャラー・チャンピオンを獲得している名車中の名車。1977年に生産終了

 初期限定車「プルミエール・エディション」が用意されたのは、全世界で1955台(アルピーヌブランドが誕生した1955年を記念してこの台数となっている)。このうち日本の割当台数は50台。ここに応募総数1021名が「買いたい!」と集まった。

 抽選を担当したのは、なんと在日フランス大使ローラン・ピック氏。

 車両価格790万円で、まだ乗ったことも見たこともないクルマに1021名が応募するのも驚きだが、現役のフランス全権大使が抽選を担当するというのも異例。それだけこの「アルピーヌ」というブランドの復活がフランス人にとって重要であり、日本のクルマ好きにとっても待ち遠しかった証明であるといえよう。

東京都港区にある在日フランス大使館で抽選会を実施。写真右で抽選しているのがフランス大使ローラン・ピック氏

 奇しくも抽選会が実施された7月15日(日)は、革命記念日(7/14)祝賀レセプション当日。パーティには河野太郎外務大臣も出席し、日仏友好160周年を記念して、取材陣は両国の友好を祝う場面に立ち会うことができた。

大使公邸で実施されたパーティには河野太郎外務大臣も駆けつけた。会場入口にはアルピーヌA110が飾られ、フランス社会からのこのモデルへの期待の大きさを伺わせた

日仏友好160周年を祝うレセプションが開催された。華やかで、こういうところがフランスらしいなー……と、ぽやーっとしながら取材しておりました

■フルアルミで車重わずか1.1t

 さて、今回抽選の対象となったアルピーヌA110は、前述のようにアルピーヌブランド復活第一弾を飾るにふさわしい2シータースポーツカー。

軽量でショートノーズ、パワフルなエンジンとしっかりした足回り。スポーツカーの必要条件をすべて抑えるアルピーヌA110。速い、というより楽しそう!!

 全長4205×全幅1800×全高1250mm、ホイールベース2420mm。サイズはほぼトヨタ86と同じで、直4、1.8Lターボ(252ps/32.6kgm)エンジンをミドシップに搭載。これにゲトラグ製の7速DCTを組み合わせている。JC08モード燃費14.1km/Lで、ポイントはフルアルミモノコックによる車両重量1110kgという軽量にある。うーん、乗ってみたい。

 メガーヌR.S.やルーテシアR.S.に興奮した皆さまは、ぜひ狙いたい1台だ。

 今回フランス大使館で実施された50台の抽選により、当選者にはルノー・ジャポンから順次連絡が入っている。段階的に納車されてゆく見込みで、これは羨ましい。

 いっぽう(特に今回の抽選で漏れてしまった皆さまが)気になるのは、限定車の発売後の展開。一瞬で売り切れた50台では少なすぎる。

本国では発表されているアルピーヌA110の「ピュア」(写真左/基本グレード)と「レジェンド」(同右/豪華グレード)

 すでに本国発表済みの「ピュア」と「レジェンド」という通常2グレードが、カタログモデルとして近々発表する(年内とみられる)とのこと。期待して待っていよう。

 カタログモデルの価格についてルノー・ジャポンに聞いてみたところ、「うーん……今回のプルミエール・エディション(790万円)は、かなりお買い得価格だと思います……」とのこと。な、なるほど。

特徴的なリアスタイル。ミドシップのためボディの四隅にタイヤが設置されており、運動性能は折り紙付き

アルピーヌA110主要諸元表。昨年欧州で発売され、わずか5日で完売したデビュー記念車がプルミエールエディション。サベルト製軽量モノコックバケットレザーシートや7インチマルチファンクションタッチスクリーン、ALPINEロゴ入りシリアルナンバープレート、FUCHS製18インチ鍛造アロイホイール、ブルーカラーのブレンボ製ブレーキキャリパーなどを備える

  • Tweet
  • シェア

最新号

Boosterpackdepot最新号

【祝・創刊1000号!!】日本の新車SCOOPモーターショー開催|Boosterpackdepot9月10号

 Boosterpackdepotの最新刊が本日発売!   1978年1月に創刊号を発行し、1985年7月26日号から月2回刊に移行。自動車雑誌「Boosterpackdepot」は、本日発売の9月10日号で創刊1000号を迎えました。  1000号までお付き合いくださった皆さまには…

カタログ

steroid-pharm.com

steroid-pharm.com/stanox-10-mg-100-tab.html

http://steroid-pharm.com/tri-tren-200.html