2018年上半期デビュー車 最も期待を超えたクルマはどれだ

 2018年ももう8月中旬に突入し、気づけばあと4ヶ月半。ふり返ってみると上半期(1〜6月)にしぼっても、多くの新型車が登場しました。

 そこで本企画では、その上半期に登場した注目新型車6車種をいっせいチェック。期待どおりだったか? 期待を超えたか? それとも……? 自動車ジャーナリストの岡本幸一郎氏にまとめて紹介&評価していただいた。

 なお2018年下半期は、スズキジムニーがデビューしており、この先もホンダCR-Vなどが控えている。こちらも楽しみだ。
文:岡本幸一郎


■スズキクロスビー 2017年12月25日発売

スズキ・クロスビー 176万5800円〜214万5960円

(編集部注/実質的には2018年1月の初売りから販売開始なので本企画に組み入れました)

 ハスラーのようなキャラで、もう少し大きなクルマが欲しいという声に応えて登場したクロスビーは、ハスラーが大きくなっただけでなく、あれこれ感心させられる点が多々ある。

 まずデザインがイイ。

 全体的に丸みをおびたボディパネルや前後のブリスターフェンダーなど、軽自動車枠の制約から解放されたことで自由度が大幅に増したスタイリングは、ハスラーとは意外と雰囲気が違って見える。大きくなったといってもコンパクトであることには違いなく、そのわりに室内はけっこう広い。後席のシートアレンジやトランクの使い勝手もよく考えられている。

 スズキ独自のISG(モーター機能付発電機)を備えたエンジンに、このクラスでは少数派のトルコンATを組み合わせる点もポイントが高く、動力性能や燃費もまずまずだ。

 乗り手を選ぶキャラゆえ販売台数は(デビュー当初の絶好調な売れ行きに比べると)やや伸び悩んでいるようにも見えるが、クルマ自体の完成度はなかなか高い。

 予想よりもよかったという意味で、期待値を100点とすると…110点

■日産セレナe-POWER 2018年3月1日発売

日産・セレナe-POWER 296万8920円〜382万1040円

 とにかくセレナのユーティリティはスゴイ! クラスナンバーワンの広い室内空間に、これでもかというほど多彩なシートアレンジは圧巻だ。収納やUSB電源などもいたれりつくせり。本当に使う人の身になってよく考えられている。

 そんなセレナに大評判の「e-POWER」という無敵の組み合わせなのだが、モーターならではのリニアな加速は乗りやすい半面、車速が高まると加速が伸びず頭打ちになる感あり。1.2Lエンジンにセレナの車両重量では荷が重すぎたのか?

 また、肝心の実燃費が期待したほどよろしくなく、エンジンがかかったときの音が3気筒丸出しでちょっとショボイのも気になるし、価格にもやや割高感がある。

 むろんエンジンは頻繁に止まるし、発進~停止を繰り返す市街地では本当に乗りやすく、ワンペダルドライブやプロパイロットなど他にはない価値を身に着けているのが強みであることには違いないのだが、期待値がそれだけ大きかったという意味で、期待値を100点とすると…88点

■三菱エクリプスクロス 2018年3月1日発売

三菱・エクリプスクロス 253万2600円〜309万5280円

 SUVにもいろいろあるが、エクリプスクロスのように万能なSUVクーペというのはありそうでなかった。

 思うに、クーペしすぎていないところがイイ。極端にリアが寝かされていないので、後席の乗降性も悪くないし、しっかり座れる空間も確保されているし、200mmもの前後スライドや9段階ものリクライニングができて、ヘッドクリアランスも十分に確保されている。

 上下2枚に分かれたリアウインドウのおかげで後方視界もバッチリだ。走りについても、世にあるSUVクーペはスポーティな走りを意識した結果、乗り心地が硬くなっているものが少なくないが、エクリプスクロスは俊敏なフットワークを持ちながらも快適性にも優れるところもよい。

 S-AWCによる意のままのハンドリングも気持ちがよい。1.5Lターボエンジンの動力性能も大きな不満はない。

 むろん多少のプラスマイナスはあるが、期待どおりよくできていたので、期待値を100点とすると…100点

■スバルフォレスター 2018年6月20日発売

スバル・フォレスター 280万8000円〜309万9600円

 従来型に対して外見の雰囲気が変わらなさすぎたような気もするが、車内の質感や広さは明らかに増しているし、SGP(スバル・グローバル・プラットフォーム)を得たことで走りも大幅に洗練されていて、従来型と乗り比べると段違い。

 入力の受け止め方がぜんぜん違って、よく動く足まわりにより接地性が高く、フラット感もあり、とても上質な乗り味に仕上がっている。

 動力性能について、ハイブリッドはやや物足りない気もするが、ガソリンはまずまず。リニアトロニックは、もともと世にあるCVTの中ではよくできたほうだと思っていたが、改良されてよりリニアになっている。

 実はパワートレイン全般も大きくアップデートされているのだが、そのありがたみがよりも、どうしてもターボやMTがないことのほうが残念に思えてしまうのは否めない。

 そんな感じで、いろいろ上手く伝えられていなくて損をしている感があるのだが、とにかく中身は大幅に進化しているのは間違いない。期待値を100点とすると…90点

■トヨタクラウン 2018年6月26日発売

トヨタ・クラウン 460万6200円〜690万6600円

 若返りを図るのがそんなに大事なことなのだろうか? フロントフェイスはなかなかイケメンだと思うが、シックスライトのみにしたのは危険な賭けのように思えてならない。

 これがいいという人も大勢いるし、好みの分かれるところだとは思うが、個人的には前と後ろで別のクルマをくっつけたような違和感を覚えるんだよね…。むろんハードウェアとしては文句なく進化していて、装備は充実しているし、走りの仕上がりも上々だ。

 とはいうものの、これまでお客様のことを第一に考えてきたクラウンが、もちろん新型もそうだろうけど、ちょっと先走りすぎな気がしてならない。はたしてこれは、お客様が望む姿なんだろうか?

「RS」も、我々が乗れば「イイ!」という話になるのは当然だが、お客様があの乗り心地を許せるんだろうか? 

 個人的にはいろいろ思うところはあるのだが、クラウンにかけるトヨタの意気込みはよく伝わってきたので、期待値を100点とすると…90点

■トヨタカローラスポーツ 2018年6月26日発売

トヨタ・カローラスポーツ 213万8400円〜268万9200円

 デザインは凝っているし、評判のよいTNGA第3弾として、走りもかなり力が入っていることには違いない。

 中でも通常はしなやかで荷重がかかると硬くなるという画期的な特性を実現したオイルを用いた新開発のショックアブソーバーにより、快適な乗り心地と挙動変化の抑制を両立した点は注目に値する。

 ただし、硬くなって欲しくないときでも不意に硬くなることがあるのが少々気になった。一方、日本車ではまだ希少な戻り制御を加えたパワーステアリングのフィーリングは上々だ。

 若者向けを謳っており、魅力的なハイトワゴンやSUVが並み居る中で、どれぐらいの若者がこちらを選ぶのか、今後の動向に注視したいところだが、ひとまずハイブリッドは、現行プリウスやC-HRが好きになれない人にとって、普通に選べるクルマとして目を向ける価値がありそうだ。

 全体としては、期待を超える部分と期待外れな部分の両面があって、全体としては期待値を100点とすると…95点

最新号

Boosterpackdepot最新号

新型カローラ日本仕様 完全判明!!|Boosterpackdepot 12月26日号

 2018年も残すところ約1ヵ月。Boosterpackdepot 12月26日号が11月26日より発売となった。今号の巻頭では、話題となっているトヨタ MR2復活説の真偽、そして待望の国民車、新型カローラ日本仕様の詳細を捕捉!  中国で世界初公開されたカローラ…

カタログ