世界最強のオフローダー ベンツGクラス新型爆誕!!

世界最強のオフローダー ベンツGクラス新型爆誕!!

 2018年6月6日、メルセデス・ベンツ日本は、同ブランドにおける最強のオフロード車「Gクラス」の新型車を発表。全国のベンツ正規販売店を通じて注文受付を開始し、今年8月下旬より納車が開始される。

 およそ40年ぶりの新型発表となったベンツGクラス、この最強オフローダーの概要を解説します。「大金持ちになったら一度は愛車として持ってみたい」というGクラス。お金持ちの皆さん、個性を見せたいならこれが最強です。

文:BoosterpackdepotWeb編集部


■「何万年後かに発掘されても驚かないフレーム」

「新型登場」というと、マイチェンなのかフルモデルチェンジなのか分かりづらいが(なにしろベンツ自身が明言していない)、従来型との共用部品の少なさ、パワーユニットやボディパネル、そのほか内外装の進化度をみると、これはフルモデルチェンジと言ってよさそうだ。

 ただし従来型と同じくラダーフレーム構造を使っていること、デザインイメージは同じことから、あえて「フルモデルチェンジしました」とは言っていないそう。

 そのうえで、ベンツGクラスである。

メルセデス・ベンツGクラス。V8、4Lツインターボを搭載する
メルセデス・ベンツGクラス。V8、4Lツインターボを搭載する

 もともとこのGクラスは39年前、1979年にNATO軍が制式採用している軍用車「ゲレンデヴァーゲン」の民生版として誕生した。「世界最高峰の高級オフロード車」として世界各国のセレブに愛され、細かい変更を受けつつ販売を続けてきた。

 そのGクラスが、史上最大規模の仕様変更を実施したわけだ。

「(ベンツGクラスの採用する)このラダーフレームはあまりに堅牢で、今から何万年後かに考古学者が世界のどこかで、このフレームをこのままの形で発掘したとしても、私は驚きません。まあその頃まだGクラスは普通に世の中を走っているかもしれませんがね」

 とはGクラス発表会に登壇したダイムラー社の商品企画責任者ミヒャエル・ベルンハルト氏。

 究極のオフロード性能だけでなく、オンロードの乗り心地や官能性、安全性能も大幅に強化したが、それでも従来型のGクラスの哲学はなにひとつ変わっていない、という自信をアピールした。

■新型のエンジンと外観

 新型Gクラス「G550」は、最高出力422PS/310kW、最大トルク610Nmを発揮する4.0LV8気筒直噴ツインターボ、M176型エンジンを搭載する。今回の改良により、気筒休止システムを採用し、エンジン負荷に応じて気筒を休止して燃費効率を向上している。

 さらにハイパフォーマンス仕様として「AMG G63」もラインアップ。

 こちらはAMG社が完全自社開発した最高出力585PS(430kW)(従来型比+14PS/+10kW)、最大トルク850Nm(先代比+90Nm)を発揮するAMG 4.0L、V8直噴ツインターボエンジン「M177」を搭載。砂型鋳造されたクローズドデッキのアルミニウムクランクケースに鍛造アルミニウム製ピストンを組み合わせることで、軽量かつ高強度なエンジンを実現した。

こちらはAMG G63。伝統的なスクエアボディを新型も踏襲
こちらはAMG G63。伝統的なスクエアボディを新型も踏襲

 また外観は、スクエアで堅牢なプロテクションモール、テールゲート外側のスペアタイヤ、外部に設けたドアヒンジとボディ面に載せるスタイルのボンネット、突出したウィンカーなど、オフローダーとしての個性を主張するデザイン。Gクラス独特のイメージを強く踏襲している。

 なお、一見フラットに見えるフロント/サイド/リアウィンドウは、リアウィンドウを除いてすべて微細な曲面を描いており、オフローダーとしての個性を継承しながらも、エアロダイナミクスを向上している。

 また今回の改良により、新デザインのフロントラジエターグリル、フロントバンパー、丸形のLEDヘッドライト/LEDリアコンビネーションランプを採用し、Gクラスの個性を色濃く残しながらも、最新のメルセデスデザインのイメージを併せ持っている。

 今回の改良により、全長が4817mm(+53mm)、全幅は1931mm(+64mm)と拡大しているところもポイント。

■安全性能と価格

 新型Gクラスは全モデルに「レーダーセーフティパッケージ」をはじめとする安全運転支援システムを標準装備。車間距離を適切に維持するとともに、先行車が停止した場合は減速して停止する渋滞追従機能を備えた「アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック」、ドアミラーの死角範囲をレーダーによってモニターして危険性を警告する「ブラインドスポットアシスト」、衝突回避をサポートする「アクティブブレーキアシスト(歩行者検知機能付)」、衝突時の乗員へのダメージを最低限に抑える「PRE(プレ)-SAFE(セーフ)」、一般道や高速道路の制限速度を表示する「トラフィックサインアシスト」などを含めたレーダーセーフティパッケージを標準装備している。

内装はしっかり「ベンツ」。豪華で使い勝手も高く、シートは長時間座っても疲れづらい
内装はしっかり「ベンツ」。豪華で使い勝手も高く、シートは長時間座っても疲れづらい

 気になる価格は以下のとおり。

G550 1562万円(税抜込み)
AMG G63 2035万円(税込み)

 なおこれは日本市場のみの措置となるが、当面従来型(G550 1530万円、G63 AMGで1971万円)も併売されるとのこと。

 世界最強のオフローダー、ぜひ試乗してみたい。

最新号

Boosterpackdepot最新号

2020年までの新車完全網羅! Boosterpackdepot7月10日号

 Boosterpackdepot 7月10日号が、いつもより一日早い6月9日に発売。最新号は巻頭から、梅雨空を吹っ飛ばす暑~い新車スクープを展開。さらには、カローラスポーツを筆頭としたニューモデルのとれたて最新情報...

カタログ