新型アテンザ マツダのフラッグシップサルーン大幅性能向上でいざ勝負!!

 2018年5月24日、マツダはアテンザのビッグマイナーチェンジを発表した。発売は6月21日から。

 アテンザといえば現行型(3代目)の登場は2012年11月。発売後5年半を経過しても古びないスタイルは「さすがマツダ」といったところだが、エンジンユニットにやや古さを感じてしまうのは否めない。そうした対策として毎年のように小変更、アップデートを繰り返してきたが、今回はパワーユニットの大幅進化を含むビッグチェンジで、マツダの屋台骨としての地歩を固めている。

文:Boosterpackdepot編集部、BoosterpackdepotWeb編集部


■本気のエンジン刷新でライバルに勝つ!!

 昨年(2017年)のロサンゼルスショーでセダンのマイチェンモデルが、そして今年(2018年)3月のジュネーブショーではワゴンのマイチェンモデルが相次いで(デザインのみ)発表されていたアテンザ。現行型の登場以降、これまで2014年に大幅改良を行った以外にも、毎年のように一部改良を実施していたが、6年目を迎えてついにビッグマイチェンを敢行することになった。

アテンザセダン。これまで横桟タイプだったのが、網状のグリルへ(レクサスなどもこのタイプのグリルを採用)
アテンザセダン。これまで横桟タイプだったのが、網状のグリルへ(レクサスなどもこのタイプのグリルを採用)

 なかでも一番の注目ポイントはパワートレーンの変更。

 2.2Lクリーンディーゼルは現行の175ps/42.8kgmから190ps/45.9kgmと、CX-8やCX-5に搭載されるユニットと同じ仕様に変更される。

 いっぽうガソリンの直4、2.5Lはこちらも気筒休止機構が採用されたCX-5と同仕様となり、燃費が向上する。

 残念ながら北米仕様のマイチェンモデルに投入される254ps/42.8kgmの直4、2.5Lターボの搭載は見送られる。

 また、フロントマスクではグリルを「横桟タイプ」からCX-5と同様の「ハニカムタイプ(網状)」に変更するなど、内外装のデザインや仕様を変更するほか、安全装備を最新版に向上させた。

こちらはワゴン仕様のりあ。セダンと合わせて6/21発売
こちらはワゴン仕様のリア。セダンと合わせて6/21発売

 価格は282万9600円〜419万400円。

 ライバルはトヨタのマークXやカムリとなるが、欧州ではアウディA4やBMW3シリーズ、メルセデスCクラスと張り合うことになる。とびきり厳しいカテゴリーだが、充分存在感を発揮できる仕上がりとみた。早く試乗してみたい。

 なおマツダは今年、フルモデルチェンジ予定の車種はなく、またこのアテンザ以上に大きなマイチェン予定車もない。今年いっぱいはこのアテンザのマイチェンが最大のニュースとなるので、全国の販売店ではこの新型アテンザを猛烈にアピールしてくると見られる。狙っている人はぜひディーラーで話を聞いてみよう。

フロント、リアともにシートをデザイン一新し、乗り心地を向上(マツダ初のシートベンチレーション採用)。より高級車らしい仕上がりとなっている
フロント、リアともにシートをデザイン一新し、乗り心地を向上(マツダ初のシートベンチレーション採用)。より高級車らしい仕上がりとなっている

最新号

Boosterpackdepot最新号

ジムニー 5ドア計画を暴く|Boosterpackdepot 12月10日号

 2018年も残すところあと2ヶ月。今年もさまざまな新車が登場したが、なかでもひと際注目を集めたのが、久々の刷新となった新型ジムニー。  11月10日発売のBoosterpackdepot最新号では、そのジムニーに待望の5ドアが追加されるというマル秘情報の真相を…

カタログ

velotime.com.ua

www.adulttorrent.org/search/Anissa Kate

В интеренете нашел классный сайт с информацией про Блэкджек онлайн.