2018年下半期も注目新車が続々登場! 熱い新車カレンダー最新版

 スズキの新車攻勢(新型スペーシアとクロスビー)で幕を開けた2018年。三菱からエクリプスクロス、日産からセレナe-POWERが登場し、6月にはスバル新型フォレスター、トヨタから新型クラウンと新型カローラスポーツ(仮称)が発売される。

 なかなか充実したラインアップだが、しかし2018年の新車は下半期も楽しみなものが多い。本稿では流通ジャーナリストの遠藤徹氏がまとめてくれた「2018年下半期新車ラインアップ」をご紹介したい。
文:遠藤徹


■ホンダN-VAN 7月末発売

ホンダN-VANのハイルーフ版
ホンダN-VANのハイルーフ版

 当初、発表発売は6月末と報じられていたが、1ヶ月後の7月末となった。

 N-BOXベースのボックス型商用車でバモス/バモスホビオ、アクティバン(こちらは3月いっぱいで生産中止)の後継モデルとなる。

 助手席側センターピラーレスで嵩物の積載性がいいのがウリ。商用車ナンバーだが、個人用の遊びグルマとしての仕様も用意する。

「G/Lグレード」が業務用でハイルーフ、「ファンスタイル」は業務用にも個人用にも使えてハイルーフ、「クールスタイル」はロールーフで個人用の遊びグルマがコンセプト。

 シートは助手席ライブダウン方式で前に倒すと下に沈み込み、リヤ席を倒して一体のフラットにできる。パワーユニットは660ccでNAとターボを用意。駆動方式はFFと4WD、これにCVTと6MT仕様の組み合わせとなる。もちろん安全パッケージの「ホンダセンシング」の標準装備車も設定する。

ホンダの公式特設サイトで公表された内装写真。Bピラーレス構造や助手席ダイブダウンが見られる
ホンダの公式特設サイトで公表された内装写真。Bピラーレス構造や助手席ダイブダウンが見られる

■レクサスES 9月発売

レクサスES。今年4月の北京モーターショーで外観デザインを公表。今秋日本発売も発表された
レクサスES。今年4月の北京モーターショーで外観デザインを公表。今夏日本導入とも正式に発表された

 レクサスブランドのFF最上級サルーンとなるES。

 トヨタブランドのカムリがベースで、2.5Lのハイブリッド専用モデル。次世代プラットフォームで低重心の安定走行を実現。全長をGS並みに延長し、ハイクオリティで足回りを強化、カムリよりも走りのポテンシャルアップを図った仕立てとする。

 レクサスのラインアップの中ではLSを上回り、最も広い室内居住空間を誇る。

 GSは当面継続生産する見込みだが、(ESと同じクラスとなる)2.5LハイブリッドのGS300hグレードは廃止となる可能性がある。

 ESのグレード名は「ES300h」となるのでは。

 安心パッケージは最新のデバイスを標準装備し、高速道路での追随機能を含めた自動運転機能も装備する。カムリよりも約100万円高い価格設定となる見込み。

■ホンダCR-V 8月末に登場、9月にHV追加

ホンダ新型CR-V。北米市場ではすでに発表済み。3列シート仕様が注目
ホンダ新型CR-V。北米市場ではすでに発表済み。3列シート仕様が注目

 ホンダのアッパーミディアムSUVである新型CR-Vがいよいよ8月末にデビューする。

 すでに4月下旬に販売店であるホンダカーズの営業担当者を招き、商品説明会を実施している。

 販売店の営業担当者からの評価は高く、今年後半では最も期待が持てる新型車となりそう。

 まず8月末に1.5Lターボ車を発売し、1ヶ月後の9月末に2Lハイブリッドを加える見通し。ただし発表は8月末、同時に行われる可能性もある。

 1.5Lターボは190馬力でステップワゴンの同ユニットよりも40馬力アップ。

 1.5Lターボは2列シート5人乗り、3列シート6人乗りでFFと4WDを設定。2Lハイブリッドは2列シート5人乗り&2WD車のみのラインアップ。

 対抗馬はトヨタ・ハリアー、日産・エクストレイル、マツダ・CX-8&CX-5、スバル・フォレスター、三菱・アウトランダーなどとなる。

■レクサスUX 11月登場

レクサスUX。こちらは今年3月のジュネーブショーにて世界初公開された。その際に日本市場にも年内に導入されることが発表
レクサスUX。こちらは今年3月のジュネーブショーにて世界初公開された。その際に日本市場にも年内に導入されることが発表

 レクサスUXはレクサスブランドでは最もコンパクトなクロスオーバーSUVだ。ベースはトヨタブランドのC-HRで、ボディサイズはこちらとほぼ同じ。ただ中身はかなり異なり、ハイクオリティなつくりと走りのポテンシャルの高さを誇る。

 搭載するパワーユニットはC-HRが1.2Lターボ&1.8Lハイブリッドなのに対し、UXは新開発の2L直噴NAと同ハイブリッドとなる。

 これまでトヨタは2Lハイブリッドは持っておらず、こちらが第1弾となる。今後はNA、ハイブリッドとも従来の1.8Lに代わり、この2Lエンジンが中心パワーユニットとなる見込み。

 NAはFFと4WD、2LハイブリッドはFFのみから販売をスタートさせる。

■ダイハツ新型SUV(ビーゴの後継モデル)12月登場

ダイハツ新型SUV。昨秋の東京モーターショーに出品されたDN-TRECがベースとなる
ダイハツ新型SUV。昨秋の東京モーターショーに出品されたDN-TRECがベースとなる

 ダイハツはビーゴの後継モデルにあたる新型ベーシックコンパクトSUVを開発中で、今年末にも投入する見通しとなっている。

 スズキのクロスビーに対抗するモデルで、ボディサイズもクロスビーと同程度で仕立てられる。

 エクステリアデザインは直線と曲面を融合させたキュートなボディシェルを採用。

 搭載するパワーユニットは3気筒1Lターボで駆動方式はFFと4WDでどちらもCVTとの組み合わせとなる。

 ダイハツブランドのほかにもトヨタへもOEM供給する予定で、同時の発売となる(車名はまだ不明)。

 車両本体価格は175万~215万円程度に設定する。

 安全パッケージの「スマートアシスト3」は自動ブレーキの停止速度を速めるなどさらに進化させて標準装備する。

■ホンダインサイト 12月登場

ホンダインサイト(コンセプト)。今年のジュネーブショーで世界初公開された
ホンダインサイト(コンセプト)。今年のジュネーブショーで世界初公開された

 昨年秋に実施された販売店向け2018年投入の新型車説明会で、ホンダは「2018年冬に、シビックセダンベースのハイブリッド専用モデルを発売する」と、全国の販売店首脳を前に明言している。

 2018年1月に開催したデトロイトショーではプロトタイプを発表。北米では今夏に発売する、と公表された。

 4ドアファストバックセダンのボディシェルで、搭載するパワーユニットは新開発1.5L&2モーター&リチウムイオンバッテリーの組み合わせとなる。

 従来ホンダは1.5L仕様のハイブリッド車には1モーター2クラッチ方式を採用してきたが、新型ではこれをトヨタと同じ2モーターシステムに切り替える。より低燃費で高性能の両立を高次元で実現させる狙いがある。

 ネーミングは、かつて存在した「インサイト」を日本でも採用すると言われているが、日本市場ではこれまで「インサイト」という車名ではあまり成功しておらず、生産中止した経緯があることから、別の呼称が与えられる可能性がある。

(※このほか今年7月には新型ジムニーが登場予定だが、新型ジムニー情報はこちらの特集記事を参照されたい)

最新号

Boosterpackdepot最新号

国産8メーカー 2020年までの新車スケジュール Boosterpackdepot9月10日号

 自動車総合誌「Boosterpackdepot」最新号が、2018年8月10日に発売。今号の巻頭では、2020年までに登場する国産8メーカーのニューカースケジュールを完全網羅。また大人気、ジムニーとN-VANの試乗記も掲載している。内容盛りだくさんの9月10日…

カタログ

www.aboutviagra.info/product/zithromax-azithromycin/

http://np.com.ua

www.best-drones.reviews