トップを狙え!! マツダCX-3大幅変更で新型へチェンジ!!

■フルモデルチェンジなみの変更

 2018年5月17日、マツダのコンパクトSUV「CX-3」がマイナーチェンジ(大幅変更)を実施した。

デザイン領域では、フロントグリル、LEDリアコンビネーションランプ、アルミホイールなどの形状・質感を変更
デザイン領域では、フロントグリル、LEDリアコンビネーションランプ、アルミホイールなどの形状・質感を変更

「なんだマイチェンか。テコ入れの改良かな」と思っていたら、届いたリリースを見てびっくり。1.5Lのディーゼルエンジン(SKYACTIV-D)が新開発の1.8Lディーゼルに置き換わっており(この1.8Lディーゼルユニットはこれが国内、海外含めて初搭載)、また夜間歩行者検知機能付きの衝突軽減ブレーキ(アドバンストSCBS)もマツダ車として初採用。そのほかダンパー、スタビライザー、コイルスプリング改良、G-ペダリングコントロールや電動パワステの制御最適化による操縦安定性の向上、サスペンション応答性向上、リアガラスの板厚を4mm厚くして遮音性向上などなど改良点は盛りだくさん。

 簡単に言うと中身がめっちゃ変わってます。

 外観デザインはラジエターグリル形状、LEDリアコンビ、アルミホイール変更と小規模なものにとどまっているので、パッと見は「おお、新型じゃないか」という印象はないが、上記のとおりパワーユニットや操縦安定性、安全装備の部分では大きく変更されているので、乗れば一発で違いがわかるレベル。

 こういうところ、すごくマツダっぽい。

「大きめのマイチェンになる」とは聞いていたが、まさか新開発の1.8Lディーゼルを搭載してくるとは思わなかった。2Lガソリンエンジンも性能を向上しているそう
「大きめのマイチェンになる」とは聞いていたが、まさか新開発の1.8Lディーゼルを搭載してくるとは思わなかった。2Lガソリンエンジンも性能を向上しているそう(こちらは新型CX-5と同じユニット)

■兄貴分が優秀すぎるがゆえに……

 そもそもマツダCX-3が属するコンパクトSUVは、世界的なブームとなっているクロスオーバーSUVのなかでも最も競争が激しいカテゴリー。なにしろ同クラスのトヨタC-HR、ホンダヴェゼルは月販販売台数トップ20の常連車種であり(3月はC-HRが8位1万990台、ヴェゼルが12位9030台)、いっぽうデミオベースのCX-3は2015年2月のデビュー以来、いわゆる「トップグループ」に入ることはできずにいて、この3月も2258台とトップ20からは漏れている。

センターコンソールを大幅に変更。デザイン性を高めるとともに、電動パーキングブレーキ(EPB)やセンターアームレスト、マルチボックスを新設。まさにフルモデルチェンジなみの変更
センターコンソールを大幅に変更。デザイン性を高めるとともに、電動パーキングブレーキ(EPB)やセンターアームレスト、マルチボックスを新設。まさにフルモデルチェンジなみの変更

 なぜCX-3が苦戦しているかといえば、一番のポイントはすぐ上のクラスの(兄貴分である)CX-5が非常に割安かついいクルマであり、「CX-3を買うならCX-5にしようかな」というユーザーが多いことだろう。実際、CX-5は好調な販売を続けており、こちらの販売台数はライバルであるハリアーやエクストレイルに競り勝っている。

 とはいえこうしたCX-3の状況はマツダも対策の必要性を感じていて、初代CX-3のデビュー以来(2015年2月)、毎年のように細かいテコ入れ(一部改良)を実施しており、今回の変更は4回目。

 それでも販売は「悪くもなく、かといってよくもなく」という状況が続いてきた。

 そこで今回、フルモデルチェンジにも近いマイナーチェンジを実施、本格的に商品力をあげ、トップグループ、特にC-HRやヴェゼルに対抗し、追いつき追い越すべし、という目論見がある。

 走り、安全、内外装とまんべんなく手を入れてきたCX-3。果たして売れ行きやいかに。何より新型1.8Lディーゼルに早く試乗してみたい。

最新号

Boosterpackdepot最新号

国産8メーカー 2020年までの新車スケジュール Boosterpackdepot9月10日号

 自動車総合誌「Boosterpackdepot」最新号が、2018年8月10日に発売。今号の巻頭では、2020年までに登場する国産8メーカーのニューカースケジュールを完全網羅。また大人気、ジムニーとN-VANの試乗記も掲載している。内容盛りだくさんの9月10日…

カタログ