スーパーな軽トラ「スーパーキャリイ」が軽トラ界と日本の労働環境を変える!!

■日本の労働現場が変わる! 変える!!

 2018年5月16日、スズキから新型軽トラック「スーパーキャリイ」が発表、同日より発売された。

スーパーキャリイ X 5MT仕様(1,10万2,680円)通常のキャリイより約11万円高
スーパーキャリイ X 5MT仕様(1,10万2,680円)通常のキャリイより約11万円高。通常の白やシルバーのほか、ブラックやブルーパール、パステルっぽいアクアメタリック(本記事メイン写真)などのボディカラーも用意している

 このスーパーキャリイは従来のキャリイに対してキャビンを後方へ拡大し、室内空間を広くとり、運転席&助手席のしーとリクライニング機構の採用やシートスライド量の増量。また、全グレード頭上空間にゆとりをもたせたハイルーフ仕様とし、頭上に荷物を収納できるオーバーヘッドシェルフを装備。

運転席のシートスライド量は最大180mm(10mm×18段)と大幅に伸びた
運転席のシートスライド量は最大180mm(10mm×18段)と大幅に伸びた

 座席後方には、荷物を置くスペースを確保するなど、収納性を向上させながら、キャビン下に空間を設け「キャリイ」と同等の荷台フロア長を実現した。

 さらに安全装備として、スズキの予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」の誤発進抑制機能と後方誤発進抑制機能を軽トラックで初めて採用し、全車に標準装備としている。

座席の後ろに物置が出来たことで使い勝手は大幅アップ。またこのスペースがリクライニングも可能にしている
座席の後ろに物置が出来たことで使い勝手は大幅アップ。またこのスペースがリクライニングも可能にしている

 この「スーパーキャリイ」の発売に合わせて、ベース車であるキャリイにも前後誤発進抑制機能が(一部グレードを除き)標準装備(KX、特別仕様車KCスペシャル、農繁スペシャル)したほか、メーカーオプション設定車を増やし、安全装備の充実を図っている。

 キャリイシリーズの年間販売目標台数は実に6万5000台。こういうモデルが安全で快適になることは、日本の労働環境全体の底上げにもつながる。ぜひともこのスーパキャリイ導入で、安全かつ快適な労働現場が広まってほしい。

荷台も高い使い勝手を誇る。荷台フロア長は最大1975mm、荷台幅は1410mm
荷台も高い使い勝手を誇る。荷台フロア長は最大1975mm、荷台幅は1410mm

最新号

Boosterpackdepot最新号

国産8メーカー 2020年までの新車スケジュール Boosterpackdepot9月10日号

 自動車総合誌「Boosterpackdepot」最新号が、2018年8月10日に発売。今号の巻頭では、2020年までに登場する国産8メーカーのニューカースケジュールを完全網羅。また大人気、ジムニーとN-VANの試乗記も掲載している。内容盛りだくさんの9月10日…

カタログ