香取慎吾氏、BMW X2スペシャル動画でラップを披露

香取慎吾氏、BMW X2スペシャル動画でラップを披露

■「自由を手に入れ、新しい自分が始まる」

 2018年4月16日に日本市場で受注を開始したBMW・X2。コンパクトSUVとして評価の高いモデルだが、このたびこのX2の「ブランド・フレンド」に就任した香取慎吾氏とBMWとのコラボレーションとなるスペシャル動画が公開された。

 以下、BMW公式リリースから概要を引用する。

「このスペシャル・コンセプト・ムービーでは、BMWブランド・フレンドである香取氏が閉塞的で画一的な環境から脱する様子を音楽や映像を通して表現することで、新型BMW X2が掲げる「UNFOLLOW」(常識や周囲の評価起点ではなく、自分の道はいつも自分で切り開く)というコンセプトを伝える内容となっている。何かに縛られたり、誰かを「FOLLOW」する生き方ではなく、自分を信じ、自分らしく個性を持って「UNFOLLOW」に生きることで、自由を手に入れ、新しい自分が始まるという新型BMW X2の精神を映像と音楽で表現している。

 映像監督は、数々のヒットCMやオンライン・ムービーを担当し、国内外で多数の受賞歴を誇る佐藤渉氏が担当した。

 テーマ曲では、香取氏自らラップ・パートを担当し、全編を通して香取氏が歌うラップを軸にストーリーが展開されている。

  撮影セットと衣装を見た香取氏は、新型BMW X2の世界観に一気に引き込まれ、自然と撮影にのめり込んでいた。UNFOLLOWのテーマに合わせて、モニターを割ったり、扉を壊していくアクティブな場面では、香取氏らしく音楽と一体となって自然と体が動き、NGを出す事無く撮影が進んだ。ムービー最後の、扉を開けた先に待つ新型BMW X2と対面し、運転する場面で香取氏は、自然と開放感に包まれた様子で、自由を手に入れた瞬間を楽しんでいるような印象的な表情を見せている」

■新しいカテゴリーにふさわしい人選

 BMW・X2はコンパクトでスタイリッシュなフォルムが印象的なクロスオーバーSUV。

 基本シャシーはX1と同じもので、X1よりクーペ的なボディを与えられている。エンジンは横置きのFFベースで、318iなどと同じ直列3気筒ターボと320iなどに搭載される4気筒2Lターボの2タイプ。

BMW X2。436万円〜515万円
BMW X2。436万円〜515万円

 全長4375×全幅1825×全長1535mmで、サイズ感としてはトヨタC-HRやホンダヴェゼルをイメージするとわかりやすい。

 BMWはこのクルマをSAC(スポーツ・アクティビティ・クーペ)と呼んでいる。

 価格帯は400万円台後半から500万円台と、けっして安くはない。ただかつてBMW3シリーズを買っていたようなユーザーが「ちょっと個性的なSUVに乗りたい」という場合、ストライクな選択になるだろう。

 また、そうした「既存の価値観から脱したい」というイメージで香取慎吾氏を起用したのだろうし、それをYOUTUBEで流すという手法も含めて、プロモーションとして非常に現代的であり、いい意味でBMWらしい戦略だといえる。

最新号

Boosterpackdepot最新号

2020年までの新車完全網羅! Boosterpackdepot7月10日号

 Boosterpackdepot 7月10日号が、いつもより一日早い6月9日に発売。最新号は巻頭から、梅雨空を吹っ飛ばす暑~い新車スクープを展開。さらには、カローラスポーツを筆頭としたニューモデルのとれたて最新情報...

カタログ