今年〜来年は新型SUV当たり年! 必ず登場する新型SUV 6選

  世界的なSUVブームが続くなか、各メーカーがラインアップを拡充すべく、続々と新型SUVの開発を進めています。より正確には、数年前から開発を続けていたものが、今年から来年にかけていっせいにデビューします。

 海外仕様で成功したモデルを日本市場のために仕立て直したり、すでに日本で成功しているモデルのフルモデルチェンジだったりと、各車の事情はさまざまだが、いずれにせよいずれもかなり話題となりそうな人気車ばかり。ここでは「必ず発売される」と断言できる新型車に絞って(新型RAV4を中心に)、その概要を紹介します。
文:Boosterpackdepot編集部 写真:ケニー中嶋
Boosterpackdepot2018年5月10日号「SUV NEW CAR CALENDAR」より


■RAV4が新型になって帰ってくる!! 2019年春発売

新型RAV4は今年中に北米で発売。日本仕様は2019年春に登場する
新型RAV4は今年中に北米で発売。日本仕様は2019年春に登場する

 都会派クロスオーバーSUVの元祖といえば1994年5月に登場した初代RAV4。日本では残念ながら3代目が2016年7月をもって生産終了したが、海外では進化を重ね、約6年ぶりに今年3月のニューヨークショーで5代目がデビュー。

 北米での発売は2018年末、ハイブリッド仕様は2019年初頭と発表されるとともに、日本でも2019年春に発売するという公式アナウンスも流れた。

新型RAV4はグレードによってフロントマスクが違う
新型RAV4はグレードによってフロントマスクが違う

 新型RAV4はTNGA-Kプラットフォームを採用し、ボディの高剛性化と低重心化を図りSUVらしいロバストさ(堅牢さ)と洗練さを融合したスタイリングとしている。

 ボディサイズは全長4595×全幅1855×全高1700mm、ホイールベースは2690mm。現行ハリアーよりも全長が130mm短く全幅が20mmワイド、全高が10mm高い。

 パワートレーンは2.5L直4直噴+8速AT仕様と、2.5Lのハイブリッドシステム、THS2の2タイプと発表された。ハイブリッドには電気で駆動する後輪の最大トルクを従来型から1.3倍に増やした新型E-Fourをトヨタとして初めて採用しているという。

 また、グレードごとにエクステリア、インテリアの差別化が図られているのも注目したい。

左から「XSE」、真ん中「リミテッド」、右「アドベンチャー」
左から「XSE」、真ん中「リミテッド」、右「アドベンチャー」

 左から、フェンダーアーチやフロントエンドなどにピアノブラックをアクセントにしたスポーティな「XSEハイブリッド」、真ん中がクロームアクセントのトップグレード「リミテッド」、そして右の「アドベンチャー」は専用グリル&ルーフレール、樹脂製のフェンダーエクステンションを装備している。

 この「アドベンチャー」にはトヨタ車として初めて採用した新開発のダイナミックトルクベクタリングAWDや、2WD走行時に後輪に動力を伝達する駆動系の回転を停止させて燃費向上を図るディスコネクト機構も採用するなど、かなり魅力的な1台に仕上がっている。

■伝統の名車ジムニー新型登場秒読み 2018年7月発売

スズキ新型ジムニー
スズキ新型ジムニー(本誌予想イラスト)

 新型ジムニーが今夏、フルモデルチェンジを実施する。

 伝統を採り入れたレトロ&モダンな角張ったスタイルに、初代以来のラダーフレームを組み合わせている。

 4WDシステムはローレンジ付きの新世代電子制御式4WD、「オールグリッププロ4×4」を採用する本格派。エンジンはR06A型の658cc、直3DOHC(52ps/6.4kgm)とR06A型658cc直3ターボに2.2ps/4.1kgmのモーターを組み合わせた、S-エネチャージを採用したマイルドハイブリッドの2種類を用意する。

■ホンダCR-Vも復活登場 2018年8月発売

ホンダ新型CR-V
ホンダ新型CR-V

 1995年にデビューしたCR-Vは、いったん4代目モデルが2016年3月で販売が終了したものの、海外では昨年にフルモデルチェンジされており、その5代目が今年8月に日本にも導入される。

 ボディサイズは全長4590×全幅1850×全高1680mmとマツダCX-5とほぼ同等で、3列7人乗り車も設定される。搭載されるエンジンは1.5L直噴ターボと、マイチェン版ステップワゴンなどにも搭載される2モーター式の2Lのスポーツハイブリッドi-MMDで、これに4WDを組み合わせる。

■トヨタC-HRのレクサス版「UX」 2018年11月発売

レクサスUX
レクサスUX

 レクサスのエントリーSUVが今年3月のジュネーブショーで発表されたUX。ボディサイズは全長4495×全幅1840×全高1520mmというコンパクトSUVで、ベース車となるトヨタC-HRよりも135mm長く、全幅が45mmワイド、全高が30mm低い。

 搭載されるのは新開発の2Lガソリンエンジンと2Lハイブリッドで、ガソリンエンジンがFF、ハイブリッドがE-Four。価格はベース車が400万円前後から、Fスポーツが450万円前後からと予想される。

■大ヒット車トヨタC-HR GRスポーツ登場 2018年12月発売

トヨタC-HR GRスポーツ(本誌予想CG)
トヨタC-HR GRスポーツ(本誌予想CG)

 トヨタは2017年9月、一気に11車種にGRモデルを展開したが、大ヒット中のC-HRにもGRスポーツを今年12月頃にラインアップする予定。

 ボディ補強や大径ホイール、専用チューニングのサスペンションに加え、アグレッシブなデザインのエクステリアパーツやスポーティなインテリアも装備する。

■ダイハツのビーゴ後継車、ついに発売! 2018年12月発売

ダイハツビーゴ後継車(写真はDN-TREC)
ダイハツビーゴ後継車(写真はDN-TREC)

 昨年の東京モーターショーに出展していたDR-TRECがビーゴ後継車となって今年12月にデビュー予定。プラットフォームはTNGAのダイハツ版、DNGAを採用し、1Lターボのほか、1.2Lエンジンベースのハイブリッドを用意する。もちろんトヨタ版も用意され、C-HRよりも小さいSUVをラインアップすることで、SUVのフルライン化を完成させる。

最新号

Boosterpackdepot最新号

Boosterpackdepot 10月10日号 スバル・ミドシップスポーツの真偽に迫る!

 毎月10日と26日に発売される自動車総合誌「Boosterpackdepot」の最新号が本日発売! 今号の巻頭スクープは衝撃情報の真偽を追跡。その衝撃情報とは、なんとスバルからミドシップスポーツが市販されるというもの。本誌スクープ班が総力をあげてその情報の核心…

カタログ