空前の大ヒット軽N-BOXの商用版「N-VAN」ついに発売秒読み開始!!

空前の大ヒット軽N-BOXの商用版「N-VAN」ついに発売秒読み開始!!

■広くて使いやすくてオシャレな軽バン

 2018年4月20日午前11:30、ホンダは今夏(本紙予想では6月)発売予定の軽商用車N-VAN(エヌバン)の特設サイトを開設した、と発表した。

 N-VANは昨年の年間ベストセラーカーであるN-BOXの軽バン版。軽バン初となる助手席側ピラーレス仕様のスライドドア採用車で、助手席側から荷室へのアクセスが可能となっている。

ホンダN-VANの本誌予想CG。ホンダが本気で軽バン市場のトップシェアを獲りに来た
ホンダN-VANの本誌予想CG。「Nシリーズ」と公言しており、基本フォルムは現行型N-BOXとほぼ同じ。商用車らしからぬ明るいボディカラーも設定される見込み。ホンダが本気で軽バン市場のトップシェアを獲りに来た

 また助手席とリアシートを折りたたんでダイブダウンさせることが可能で、フラットな荷室を作り出すことができる。

 さらにホンダの先進安全運転システム「ホンダセンシング」を標準装備としており、安心安全にも配慮した軽商用車となる。近年、ダイハツが軽商用車に初めて歩行者検知型衝突軽減ブレーキ「スマートアシスト3」をハイゼットに設定して話題になっていたが、こうした予防安全技術の装備が商用車にも広がってきたということだろう。

 大変いい動きなので、ぜひこの流れは加速してほしい。

側面図(こちらも入手した情報をもとに作製した予想CG)。驚異的な室内空間と使い勝手がウリとなる
側面図(こちらも入手した情報をもとに作製した予想CG)。驚異的な室内空間と使い勝手がウリとなる

 本誌Boosterpackdepotが掴んだ情報によると、2人乗車時の荷室長1630×荷室高1365mmと常識破りの荷室スペースを持つ。

 便利でスタイリッシュ、安全装備も整っており、軽バンの新しいスタンダードとなるべく、ホンダが本気で送り込む新型車となる。

 今回用意された公式特設サイトでは、本日から発売日まで順次、新型の情報を更新していくという。

【N-VAN公式特設サイトは以下】

今回の特設サイト開設にあたりホンダが公式に発表したティザー画像はこれ一枚。シルエットのみだった
今回の特設サイト開設にあたりホンダが公式に発表したティザー画像はこれ一枚。シルエットのみだった

最新号

Boosterpackdepot最新号

2020年までの新車完全網羅! Boosterpackdepot7月10日号

 Boosterpackdepot 7月10日号が、いつもより一日早い6月9日に発売。最新号は巻頭から、梅雨空を吹っ飛ばす暑~い新車スクープを展開。さらには、カローラスポーツを筆頭としたニューモデルのとれたて最新情報...

カタログ