衝撃!! マツダに新型FR+直6ディーゼル+セダン開発計画あり!!

 今よりもさらに付加価値のあるクルマを作り、他社との差別化を図って利益率を上げる。どこの自動車メーカーも目指すところは同じだが、マツダのように少数精鋭のラインアップで勝負する会社にとっては、そこはさらに重要なポイントとなる。

 そのためにマツダが計画しているのが直列6気筒エンジンを搭載するプレミアムFRモデルだ。

 本稿ではBoosterpackdepot本誌スクープ班がキャッチした、マツダ社内で進む新型車プロジェクトを報じます。マツダに新型FRセダンの開発プロジェクトあり。それは次期アテンザなのか!? 以下、解説します。

文:Boosterpackdepot編集部
Boosterpackdepot2018年4月26日号「Super Spy Scoop FRの復権」より


■マツダ渾身のプレミアム直6ディーゼル計画!!

2020年に直6ディーゼルFRのプレミアムモデルに生まれ変わることが期待される次期アテンザ。マツダの大勝負が始まる
2020年に直6ディーゼルFRのプレミアムモデルに生まれ変わることが期待される次期アテンザ。マツダの大勝負が始まる

 マツダは昨年8月、コンドウヒデノリ、スギモトマナブ両氏の名前で米国特許商標局にパテントを申請した。内容は電動スーパーチャージャーに関するもので、それ自体はすでにベンツなどで商品化されている既存の技術だが、ポイントはそのレイアウト。公開されている図を見ると、電動スーパーチャージャーとツインターボが効率よくコンパクトに組み合わせられている。

昨年8月にマツダが米国で特許を申請した電動スーパーチャージャー技術の公開図。これはガソリンエンジンだが、FR用の縦置きユニットであることは明らか
昨年8月にマツダが米国で特許を申請した電動スーパーチャージャー技術の公開図。これはガソリンエンジンだが、FR用の縦置きユニットであることは明らか

 ただし、その図は直6ではなく直4の、しかもガソリンエンジン。

 そこからはマツダの直6ディーゼルエンジン計画を読み取ることはできないが、4気筒でも縦置き、つまりFR用のユニットになっているところがポイントだ。

 クルマのモジュール化が進む今、1気筒500ccのエンジンベースを作れば、直3なら1.5L、直4なら2L、直5なら2.5L、そして直6なら3Lの数種類の排気量ユニットを作りやすい。

 かつて、世界のクルマがマルチシリンダーエンジンを直列からV型に切り替えた時代とは異なり、今は最新のベンツの直6エンジンを見てもわかるとおり、全長、全幅ともに相当コンパクトに作れる。

 カムシャフトがV型の半分ですむのを筆頭に、部品点数も少なくできるし、ボアピッチを狭めて全長を短くできればエンジン左右のスペースを有効に使えるメリットもある。再び直6のよさが見直される時代になっているということなのだ。

 マツダのエンジン開発トップの人見光夫氏は、かねてからダウンサイズエンジンに懐疑的な目を向けているエンジニア。「排気量は小さくすればいいわけではなく、適度な大きさが必要である」という考え方で、実際、それは最近の世界的トレンドになりつつある。

 それは同じ気筒数で過給器を付けて排気量を下げる意味はないということで、気筒数自体を減らせるのであればダウンサイジングの価値は認めるスタンス。

 つまり、直6エンジンはV8クラスのトルクを持てるのであればやる意味があるということになる。

 マツダが計画している直6はまさにこの方向と思われる。つまり、V8級のパフォーマンスを持った直6過給エンジン。となれば、それはマツダが得意とするディーゼルエンジンになると考えるのが自然だろう。そして、それにふさわしいのはFFミドルクラスではなく、FRのプレミアムモデルなのだ。

2017年の東京モーターショーに出品されたコンセプトカー「VISION COUPE」。その長いノーズから直列6気筒が搭載されFRであることが予想されるフォルム。会場でも大評判で、このことがマツダのFRセダン開発計画を後押ししたという情報もある
2017年の東京モーターショーに出品されたコンセプトカー「VISION COUPE」。その長いノーズから直列6気筒が搭載されFRであることが予想されるフォルム。会場でも大評判で、このことがマツダのFRセダン開発計画を後押ししたという情報もある

 マツダはサプライヤー各社に、FR用の試作部品を発注したという情報もある。状況証拠は固まってきたといっていい。

 2020年頃、マツダは直6、3Lの電動スーパーチャージャー+ツインターボのディーゼルエンジンを積んだFRのプレミアムモデルを登場させる、という情報も入ってきている。

 そのクルマは次期アテンザが最有力で、その後にCX-5にも搭載されるかもしれないし、あるいはまったく新しいニューモデルの可能性もある。

伸びやかなデザインが魅力的な現行アテンザだが、次期モデルは直6FRとして、さらにプレミアムなポジションを狙う。アテンザは今年3月のジュネーブショーでマイチェンモデルを発表したばかりなので、新型登場は2020年頃と予想
伸びやかなデザインが魅力的な現行アテンザだが、次期モデルは直6FRとして、さらにプレミアムなポジションを狙う。アテンザは今年3月のジュネーブショーでマイチェンモデルを発表したばかりなので(マイチェン仕様の日本発売は今夏を予定)、新型登場は2020年頃と予想

 いずれにせよ、マツダはプレミアムゾーンに直6ディーゼルFRの投入を決意した。それはマツダくらいの規模のメーカーは、独自性を強く打ち出し、強烈なブランド価値を持たないと大メーカーに飲み込まれてしまう……という現実的な理由もある。

 マツダのFRセダン戦略は、生き残りをかけた勇気ある決断なのだ。

 本計画はまだまだ不明な部分が多い。当サイトでは新たな情報が入り次第、お伝えします。

最新号

Boosterpackdepot最新号

国産8メーカー 2020年までの新車スケジュール Boosterpackdepot9月10日号

 自動車総合誌「Boosterpackdepot」最新号が、2018年8月10日に発売。今号の巻頭では、2020年までに登場する国産8メーカーのニューカースケジュールを完全網羅。また大人気、ジムニーとN-VANの試乗記も掲載している。内容盛りだくさんの9月10日…

カタログ