これが新型カローラだ!! オーリス改め「カローラハッチバック」世界初登場

■車名は「ハッチバック」か? 「スポーツ」か?

 2018年3月23日、トヨタは「ニューヨーク国際自動車ショー(3/28〜4/8)にて新型カローラハッチバック(米国車名、米国仕様)を初披露する」と発表した。

エクステリアのデザインコンセプトは「シューティングロバスト」とのこと。「ロバスト」とは「骨格のたくましさ」を表しているそう
エクステリアのデザインコンセプトは「シューティングロバスト」とのこと。「ロバスト」とは「骨格のたくましさ」を表しているそう

 アメリカでは「カローラiM」の後継車として、2018年夏から「カローラハッチバック」として発売する。

 同時に日本でも2018年初夏からトヨタカローラ店で販売を開始すると発表。なお日本での販売車名は「カローラハッチバック」となるか、(当サイトを含む多くの自動車メディアがこれまで報じてきたような)「カローラスポーツ」となるかは未定。

 実質的には、これまで売られてきた「オーリス」の後継車として登場する。

 発表された主な特徴は以下のとおり。

・トヨタの新型プラットフォーム「TNGA」採用

・パワートレーンは2.0LのNAと新開発CVTおよび新開発6MTの組み合わせ

・先日ジュネーブショーで公開された新開発の2.0Lハイブリッド仕様がこの米国仕様および日本仕様に用意されるかどうかはまだ未定

・ボディサイズは全長4370(+40)×全幅1790(+30)×全高1435(-23)mm

・昨年末にマイチェンしたアルファード/ヴェルファイアに初採用されたトヨタの安全技術パッケージ「第2世代トヨタセーフティセンス」を装備

 全体的に大きく低くなってスポーティさを増している(「新開発6MTの設定」というあたりが気になる)。

 価格はまだ未定だが、ともあれ「初夏」といえば6月頃か。登場が楽しみだ。

バックドアには樹脂材料を採用し、軽量化だけではなく、前方への傾斜角がより大きい形状を可能にすることで、スポーティな外観を引き立てている
バックドアには樹脂材料を採用し、軽量化だけではなく、前方への傾斜角がより大きい形状を可能にすることで、スポーティな外観を引き立てている
インパネ回りはすっきりとしたデザインだが、中央のモニターが目を引く。タッチ操作が可能な8インチスクリーンを標準搭載することで、マルチメディア&コネクティッド機能を拡充しています。具体的には、Entune 3.0 Audioを通じて、iPhoneの機能を車載ディスプレイで操作できるApple CarPlay、音声サービスの「Alexa」を利用可能とするAmazon Alexa、Wi-Fi Connect、音声操作も可能なナビゲーションアプリのScout GPS Link、その他にも様々なアプリが利用可能なEntune 3.0 App Suite Connectなどに対応しているそう
インパネ回りはすっきりとしたデザインだが、中央のモニターが目を引く。タッチ操作が可能な8インチスクリーンを標準搭載することで、マルチメディア&コネクティッド機能を拡充。具体的には、Entune 3.0 Audioを通じて、iPhoneの機能を車載ディスプレイで操作できるApple CarPlay、音声サービスの「Alexa」を利用可能とするAmazon Alexa、Wi-Fi Connect、音声操作も可能なナビゲーションアプリのScout GPS Link、その他にも様々なアプリが利用可能なEntune 3.0 App Suite Connectなどに対応しているそう

 

最新号

Boosterpackdepot最新号

新型MIRAI&ノア/ヴォクシー重要情報入手!!|Boosterpackdepot8月10日号

 Boosterpackdepotの最新刊が本日発売! 最新号では、新型MIRAI&ノア/ヴォクシーの重要情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、GT-R2020年モデル祭り!、NEWタント&タントカスタム正式デビューともに、注…

カタログ

designedby3d.com/shop/sleeper-simulant/

baden-medservice.ru/ginekologija-v-germanii/

https://baden-medservice.com