「けもフレ フィット」登場! こうした「想い」こそ現代のクルマに必要ではないか!!!!!!!!

「けもフレ フィット」登場! こうした「想い」こそ現代のクルマに必要ではないか!!!!!!!!

 東京オートサロン2018(1月12〜14日/幕張メッセ)ホンダアクセスのブースに登場した「けもフレ フィット」に感激した読者諸兄も多いのではないでしょうか。はい。本企画担当のことですすみません。

 今から約1年前、2017年1〜3月にテレビ東京系列で放送されたアニメをはじめ、コミック・ゲーム・舞台・動物園コラボ等、様々な展開を広げる『けものフレンズプロジェクト』。今回その『けものフレンズプロジェクト』とクルマ界初のコラボレーション作品として登場したのがコンセプトカー「けもフレ フィット」。

 完成度が高く、会場に詰めかけた「けもフレファン」も納得のコンセプトカーで、本企画担当、一発で「これはいい!」と虜になってしまいました。

 そんな「けもフレ フィット」を会場でじっくりチェックして、「青空の下で見たい!」&「作った人に話が聞きたい!」と熱望した本企画担当。東京オートサロンが終了してまもなく、ホンダアクセス様に取材依頼を送付。待つこと1カ月、やっと念願かなって撮影&開発者インタビューが叶いました! お話しを伺ってみれば、やはりというか想像以上というか、「こだわりぬいた逸品」であることが分かりました!

 さっそくインタビュー記事をご紹介しますが、当企画の全原稿量7000字以上! 長すぎる!! すいません!!!!

※ なお本記事は『けものフレンズ』を見ていないとよくわからないうえに、ネタバレも含みます。未見の方は今すぐ見ましょう。名作です。「けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック」全6巻が発売中
※2 本文の最後に読者プレゼント企画があります。長すぎてキレた方は最後まで飛ばしてご応募ください

文:BoosterpackdepotWeb編集部 写真:西尾タクト


取材場所:埼玉県新座市 ホンダアクセス本社
取材相手:ホンダアクセス商品企画部・浜田周平氏、高橋勝実氏、山田真司氏、竹腰環樹氏
聞き手:BoosterpackdepotWeb編集部

■「アニメ好きはマイノリティ」という思い込み

BoosterpackdepotWeb編集部(以下、編集部) 本日は取材を受けていただき、本当にありがとうございます。アニメ『けものフレンズ』放送から約1年がたちました。今年の東京オートサロン2018(1月12〜14日)に出品された「けもフレ フィット」は、いつ頃から企画がスタートしたのでしょうか?

フロントエンブレム、ステッカー、ルーフキャリアと、しっかり「世界観」を反映している「けもフレ フィット」
フロントエンブレム、ステッカー、ルーフキャリアと、しっかり「世界観」を反映している「けもフレ フィット」

高橋勝実氏(以下、高橋氏) 2017年10月からですね。企画自体は9月……というか、8月末からあったのですが、本格的に動き出したのは10月からです。

編集部 そんなに手前だったのですね。実質的に(オートサロン開催までの)3カ月で作ったということですか。最初のキッカケ、「こういうクルマを作ろう」という話になった端緒はなんだったのでしょうか?

浜田周平氏(以下、浜田) 私は「企画立案/プランナー」のような職種についているのですが、世の中の動きを見ていて、「実はアニメ好き」という人がすごく増えているなぁと実感したんですね。少し上の世代ですと「アニメ好きはマイノリティ」という思い込みがありますし、消費者調査などの一般的なアンケートではなかなか出てこない話なんですけど、「実はそれなりに好き」という人はたくさんいるだろうと、そう思っていました。

編集部 「カミングアウトはしていないけど、実は好きな人がたくさんいるだろう」という確信があったわけですね。

右からホンダアクセスの高橋氏、山田氏、竹腰氏(浜田氏は「自分は裏方なので……」と顔出しなし)
右からホンダアクセスの高橋氏、山田氏、竹腰氏(浜田氏は「自分は裏方なので……」と顔出しなし)

浜田 自動車業界だとさらに少ないとは思うんですけど、そういう思いはありました。それで、「何かクルマに興味がない人でも振り向いてもらえるような企画はないか」、「80年代、90年代に比べて、ホンダが若者に対して存在感を示せていないなかで、何かインパクトのある商品を提案できないか」と考えていって、「アニメなど若者に支持されている作品とのコラボがいいんじゃないか」と思い立って企画させていただきました。それと単純に「メーカーが痛車を作ったら面白いんじゃないか」という発想もありました。

編集部 「企画立案から出品まで3カ月」というのはかなり急な話に思えるんですが、よくあることなんでしょうか。

山田真司氏(以下、山田氏) いやあ……しかもクルマを作る作業に入ったのって12月からなんですよ……。

編集部 はい?

山田氏 それまでは、なんというか、どういうクルマにするかだとか、本当にこれでいいのか、という詰めに時間がかかって、実質的に1カ月で作ることになりました。

浜田氏 当日の朝まで作っていましたね。「あぁ……これはもう間に合わないかもしれない……謝罪リリースを出さなきゃいけないか……」とも思いました。

編集部 先行して出展概要が発表されていて、そこに「けもフレ フィット出品予定」と書かれていたので、会場になかったら相当多くの人がガッカリしたと思います(私とか)。無事完成して、なぜだかいまホッとしています。

浜田氏 普通だったらできないスケジュールだと思うんですが、デザイナーとモデラーが優秀だったおかげで間に合いました。

■『けものフレンズ』以外はありえない、と

編集部 簡単な製作の流れ、企画開始から完成までの工程を教えていただけますか?

高橋氏 ざっくりと言いますと、最初に浜田さんから「アニメ好きって結構たくさんいるので、そういう人たちにも響く、それでいて乗りやすいコンセプトカーを作ってみませんか」という提案がありまして、そこでスケジュールがあいている人間が手を挙げて、そのなかで「どの作品にするか」と「どのクルマをべースにするか」を詰めていきました。

編集部 そこで「『けものフレンズ』でやりたい」と決まったと。

高橋氏 決まりました。

編集部 ほかの作品とかは。

浜田氏 『けもフレ』1本でしたね。「ホンダとして若い人の気持ちを獲りに行くにはどの作品がいいか」を考えると、『けものフレンズ』以外はありえない、というところまで固まっていました。

編集部 実際には、「『けもフレ』とコラボしよう」となったら、次はどういう作業になるんでしょうか。

山田氏 世界観が決まったら、あとはウチの商品でそれに合うものを探す作業ですね。イチから作る時間はないので、『けものフレンズ』の世界観に合った使えるパーツやカラーを探して、それでもない、どうしても必要なものは作って。

高橋氏 そうやって固めていくのはそれほど難しい話ではないんですが、ただ「版権の範囲内でどこまでやれるか」というのが難関なんですね。どこまでやっていいか、という話です。

編集部 「『けものフレンズ』をコンセプトカーに使いたい」という話は「けものフレンズプロジェクト(以下KFP)」とスムーズに進んだんですか?

浜田氏 最初にお話をお持ちした時は、自動車メーカーとしては初めてだということで、いい感じで話が進みました。こういうコラボは当たったり滑ったりするものなのですが、私は「これは大丈夫」という確信がありましたので、キャラクターの使用契約を(「東京オートサロンのみで使用」という契約も出来たけれど)「1年間」でお願いしています。

編集部 好判断だと思います。

浜田氏 ありがとうございます。ただ「どこまで作り込めるか」というと、やっぱりKFPさんとのやり取りのなかで決めていかなくてはいけないんですね。例えばサーバルのシートの柄はどこまでやっていいかなど。

高橋氏 その点では、KFPさんには相当協力してもらいました。でないとあのクルマはできなかったんじゃないかな。

編集部 それは、具体的にはどうやって進めるものなんですか?

山田氏 デザインができたら送って、生地サンプルを送って、モノができたら写真を送って、それぞれOKが出たら進める、という確認作業を各パーツごとに。

編集部 か、各パーツごとに。

浜田氏 スケジュールが迫っていたのでほぼ毎日チェックしていただきました……。本当に申し訳ないことをしました。

■「普通に乗れること」を大事にしたい

編集部 先ほど「メーカーが痛車を作ったら面白いと思った」というお話がありましたが、「けもフレ フィット」は「痛車」というにはそれほど痛くないクルマだと思います。ここらへんのさじ加減は、やはりかなり気を遣われたんでしょうか。

高橋氏 それは企画段階から考えていました。まず「ファミリーでも乗れる」ということはずっと頭にありました。やろうと思えばどこまででもできるな、とも思ったんですが、いろんな人に話を聞くと、痛車のイメージって「怖い」と思う人もいるんですよね。そういう「怖さ」は和らげたいなと思ったし、ある種の「あたたかさ」を出したいなとも思いました。なによりも「普通に乗れること」を大事にしたいなと。そういうことを(デザイナーの)山田に伝えると、まあそういうふうにスケッチ描くだろうと。

編集部 そんなムチャ振りを(笑)。

山田氏 ははは(微笑んでうなづく)。

浜田氏 そこの(どこまでやるか、という)センスがすべてだと思うんですけど、アニメ好きの方もいろいろいらっしゃって、「一点もの」を好む層もかなりいらっしゃるんですよね。「全身好きな作品で固めてます」という方ももちろんいらっしゃるんですけども、そうでなくて「こだわりの一点だけ、あとは普通に生活したい」という方もたくさんいらっしゃる。

編集部 超わかります。

浜田氏 そうはいっても「自分の好きな作品に囲まれていたい」という思いもとてもよくわかりますので、じゃあどこにポイントを置けばいいかということを繰り返し話し合って、「痛くない痛車」というこのクルマのコンセプトに辿り着きました。

コンセプトは「痛くない痛車」、このバランス感覚は確かに絶妙だった
コンセプトは「痛くない痛車」、このバランス感覚は確かに絶妙だった

編集部 ベース車はなぜフィットに決まったんでしょうか?

浜田氏 『けものフレンズ』という作品自体が、アニメの再放送は朝の時間でしたし、大人から子供までとても幅広く受け容れられているんですよね。そういう作品と組むんですから、ベースとなるクルマも幅広いユーザーに受け容れられているモデルのほうがいいなと思いました。それに昨年夏に「クロススタイル」という純正アクセサリーパッケージを発売してまして、それがジャパリパークのテイストを表現しやすい(ホンダアクセスの)パーツだったんですね。

こちらはベース車となった「フィット クロススタイル」。確かに今見ると「『けもフレ』に合いそう」と思うから不思議だ
こちらはベース車となった「フィット クロススタイル」。確かに今見ると「『けもフレ』に合いそう」と思うから不思議だ

■「ここまでやるか」と圧倒

編集部 この「けもフレ フィット」、いろんなパーツが付いているんですが、「特にここにこだわった!」という部分があればお教えください。

山田氏 そうですね……。やっぱり内装かな。最初に(シートの)生地から選ぶんですが、(竹腰氏と)2人で問屋に行ってサンプルをたくさんとってきて、それを組み合わせて「これとこれでどうか」ってずっとやって……。あとは耳とか。

編集部 耳? 

山田氏 ああ、シートの耳です。最初、彼女(竹腰氏)がクレイモデルであの耳を作ってくれたんです。

編集部 ク、クレイモデル作ったんですか。

竹腰氏 もともと二次元の作品を三次元にする、というところで、かなり厳しさ、というか、壁があるんですよね。

浜田氏 あの造形は何回もやり取りしました。

編集部 耳で何回もやり取り。

何度もやり取りして作り上げた「耳」。また、シートの斑点にもご注目ください。神がかってます(後述)
何度もやり取りして作り上げた「耳」。また、シートの斑点にもご注目ください。神がかってます(後述)

山田氏 これは原作のサーバルなのか、アニメ版のサーバルなのか、とか。全部バランスが微妙に違うんです。

編集部 こだわりがすごい。

竹腰氏 あのシートについてる耳って、人間が座った時に、その人の頭の上に耳が付いているように見えると可愛いな、と思ってバランスを考えたんですけど、それを伝えると「ではそのバランスだったらもうちょっとこう……」というようなやり取りを何度もしました。わたしはこの企画が決まってから(アニメ『けものフレンズ』を)見たんですけど、見ているうちにどんどんハマってしまって、最終的には「どうすればサーバルちゃんのあの可愛さを表現できるだろう……」と悩むようになりました。

浜田氏 うちはもはや社長も(アニメ『けものフレンズ』を)12話見てますからね。

山田氏 サーバルちゃんの(シートの)あの斑点も手作りなんです。ベースの地色だけあって、あとは生地を買ってきて、ひとつひとつ切ってアイロンで貼って。

浜田氏 これは彼(山田氏)に言われて気づいたんですけど、サーバルちゃんの斑点って、スカートの柄は斑点が上にいくにしたがって小さくなっていくんですが、腕の部分は上に行くにしたがって大きくなっているんです。

編集部 (イラストを確認中)ほ、ほんとだ! 

山田氏 そういうのが、1個1個切って貼ってると気づくんですよね。

編集部 こだわりすぎていてビビりました。

浜田氏 荷室に積んである木製のベンチも、あれは「5話でアメリカビーバーたちが作ったベンチ」というモチーフなので、アメリカ産の針葉樹を使用しています。そのレベルまでやると、ファンの方からも認めていただけるんですね。

編集部 「そのレベル」が高すぎる。

浜田氏 おかげさまで、「けもフレ フィット」に関しては多くの方から褒めていただいてます。

編集部 東京オートサロンの会場で見た時にも「ここまでやるか……」と圧倒されました。特にハッチバックを開けてかばんさんとサーバルさんの後ろ姿が見えた時は、グッと来ました。それと、ボディとウィンドウ外側に貼ってあるステッカーはシルエットのみなのに、ウィンドウの内側を見るとちゃんとキャラクターになっている工夫も見事だなぁと。

竹腰氏 かばんちゃんの帽子の穴の位置も原作どおりですし、羽は合う色に染めました。かばんちゃんのかばんは合う生地を探して縫い合わせてます。

編集部 な、なるほど。

竹腰氏 ステッカーのシルエットは、あれは(アニメ『けものフレンズ』の)オープニングをモチーフにしているんです。

編集部 あっ!!(不覚にも言われるまで気づかなかった)

ハッチを開けてリア側から見ると、本当に2人が旅しているように見えてグッときます
ハッチを開けてリア側から見ると、本当に2人が旅しているように見えてグッときます
外側から見るとシルエットでも、車内側から見るとちゃんとキャラクターが見えるという
外側から見るとシルエットでも、車内側から見るとちゃんとキャラクターが見えるという

■ビーバーとプレーリーで譲れなくて

編集部 ここでちょっと恐縮なんですが、皆さんアニメ『けものフレンズ』での、好きなフレンズと好きなシーンをお聞かせください。お恥ずかしい気持ちもわかるのでハードルを下げる意味で私から申し上げますと、私の好きなフレンズはアルパカさんで、好きな回はジャパリバス初登場の2話です。ではどうぞ。

高橋氏 あまりハードル下がってないと思うんですが……。

編集部 どうぞ。

高橋氏 全話いいなと思うんですが、うーん、どうだろうな。11話でしたか12話でしたか、「野性解放」が出てきたでしょう。あーこれはいいなぁと思いました。好きなフレンズは、スナネコですかね。耳が可愛いなぁと。それにギンギツネとキタキツネかな。

編集部 なるほど。

山田氏 ぼくはツチノコが好きです。

高橋氏 あ、ツチノコって4話だったっけ? ということはスナネコも4話か。

編集部 盛り上がりますよね、こういう話題。

山田氏 この質問をいただいたからというわけではないですけど、各キャラクターをズラッと並べたんですよ。そしたら(ツチノコは)分かりやすいんですよね。シンプルなシルエットなのに、「これだ」って分かる。すごくいいデザインだと思います。それにキャラもいいじゃないですか。ツンデレで。

竹腰氏 わたしビーバーとプレーリードッグで、どっちも譲れなくて……。

編集部 譲れない。

竹腰氏 わたし、もともと5話が好きで、後部座席のベンチなどアニメ5話の要素があるっていうのも作るときに気持ちが入る要因だったんですけども、そういうこともあって……。それにビーバーとプレーリードッグって、あの関係性もいいんですよね。だからちょっと決められないなって……。

編集部 お気持ちよくわかります。それでは最後に、この「けもフレ フィット」の今後についてお聞かせください。どこかイベントに出展するとか、市販する予定などはないのでしょうか?

浜田氏 まだ具体的にお話しできる段階にないんですよね。かなり反響はあって、「九州ちほーに来てほしい」だとか「秋田ちほーに来てくれ」だとか。

編集部 ちほー。

浜田氏 東京オートサロンでも「このクルマを見るために、初めてオートサロンに来ました」と多くの方に言っていただけて、そういう方にホンダアクセスのクルマを見ていただけるのってすごく大きなチャンスなんですよね。ですから、ご依頼をいただいたらなるべく出ていきたいなと思っています。

編集部 市販化はどうですか?

浜田氏 今のところはまだその話はありません。

★     ★     ★

 もうこの時点で6600字を超える原稿量になっているのですが、もうちょっと続けます。

 開発陣の皆さまのお話を伺ってみると、大変熱い思いと深い狙いがありました。

 話がズレるかもしれませんが、最後にやや個人的な思いを書きます。

 昨今、世の中では「若者のクルマ離れ」と言われます。言われますが、その実態は「クルマの若者離れ」だと本企画担当は考えています。

 それは平均月給が上がらないのにクルマの価格は(安全性能や燃費性能の向上にともなって)値上がり続けているだとか、維持費の高値安定だとか、クルマ以外の娯楽の大きな進歩だとかが大きいわけですが、それだけではなく、自動車メーカー側がずっと「放っておいても買ってくれる人は買ってくれるし、買わない人は買わないだろう」という、「アプローチ不足」を続けていることに大きな要因があると思っています。

 たとえば2011年に大ヒットした『TIGER&BUNNY』という作品では、実在する企業が何社もタイアップ企画社として作中に登場していますが、その中に自動車メーカーはありませんでした。

 主人公のひとり、鏑木・T・虎徹さんが着ていたスーツのタイアップ企業はSoftBankでしたが、あれは、1980年代後半〜90年代であれば、あのポジションにはまず間違いなく「HONDA」がいただろうと確信しています。

 しかし今や、自動車メーカーは「そういうアプローチ」をしなくなってしまった。それってどうなんでしょうか、という話です。

 そうした最中、『けものフレンズ』とコラボしたこの「けもフレ フィット」の、特にこの「やり過ぎていないように見えて、やり過ぎる」というスタンスには、大きな意味と可能性があると思っています。

「けもフレ フィット」、市販お待ちしております!

(なお撮影中に動かしてみて気づきました。ベース車、フィットハイブリッドでした。青空の下で見た「けもフレ フィット」は、「これに乗って遠くに行きたい! 自分が何者なのか探しに出たい!!」と強烈に思わせるだけの力がありました)

シフトノブは「ボス(ラッキービースト)」がモチーフのブルーに仕上げてあり、配色や素材も『けもフレ』の世界観を踏襲。すばらしい仕上がりで、まさに「好きなものに囲まれたい」という欲求をズバリついてくれています
シフトノブは「ボス(ラッキービースト)」がモチーフのブルーに仕上げてあり、配色や素材も『けもフレ』の世界観を踏襲。すばらしい仕上がりで、まさに「好きなものに囲まれたい」という欲求をズバリついてくれています
最後に開発陣の皆さまの記念撮影。「この思い入れが伝わるなら」と、長時間の取材にお付き合いいただきました。ありがとうございます!!
最後に開発陣の皆さまの記念撮影。「この思い入れが伝わるなら」と、長時間の取材にお付き合いいただきました。ありがとうございます!!

※3 ホンダアクセスより、東京オートサロン2018で(ブースアンケートのノベルティとして1日1500枚限定で配布し、これを目当てに来場された方もいたほど人気の)特製クリアファイルを10名様にプレゼントいたします。希望者は下記リンクより応募フォームにアクセスしてください。当選は発送をもって代えさせていただきます。3月1日まで。

バナーでフォームページへリンクしない場合、下記URLをアドレス欄に貼り付けて御対応下さい。
【プレゼントフォーム】
(返信先のメールアドレスは、必ずパソコンからのメールを受信可能なものを御記載下さい)

※:1メールアドレスにつき、応募は1通の受付とさせていただきます。
※:厳正なる抽選の上当選者を決定し、発表は発送をもって代えさせていただきます。

関連記事:『けものフレンズ』に自動運転とAIの幸せな可能性を見た【編集部便り】

最新号

Boosterpackdepot最新号

2020年までの新車完全網羅! Boosterpackdepot7月10日号

 Boosterpackdepot 7月10日号が、いつもより一日早い6月9日に発売。最新号は巻頭から、梅雨空を吹っ飛ばす暑~い新車スクープを展開。さらには、カローラスポーツを筆頭としたニューモデルのとれたて最新情報...

カタログ