スバルが次期レヴォーグを出品!? ジュネーブショー出品概要に謎のクルマ登場

■3月6日夕刻、スイスで登場!!

 2018年2月14日、スバルは(欧州最大規模のモーターショーである)スイスで開催される第88回ジュネーブ国際モーターショー(プレスデー3月6〜7日)にてコンセプトカー「SUBARU VIZIV TOURER CONCEPT」を世界初公開する、と発表した。現地時間 3月6日 (火) 11:15(日本時間3月6日19:15)よりスバルブースで記者発表会を実施し、同車について詳細を明らかにするという。

スバルが配布した公式ティザー画像。かなり暗い
スバルが配布した公式ティザー画像。かなり暗い

 本日の発表に合わせて公開された公式ティザーは上記1枚。左後部からリアライトとゲートを映したCGで、写真の明度を上げていくと、5ドアハッチバックのような、あるいはワゴンのようなフォルムがわかる。

画像処理で明度を上げてみました

 スバルの「VIZIV」コンセプトといえば、2015年の東京モーターショーで「VIZIV FUTURE CONCEPT」を出品。これは今年デビュー予定の次期フォレスターのデザインスタディモデルだと言われている。

2015年の東京モーターショーに出品された(次期フォレスターといわれる)VIZIV FUTURE CONCEPT
2015年の東京モーターショーに出品された(次期フォレスターといわれる)VIZIV FUTURE CONCEPT

 また2017年の東京モーターショーでは「VIZIV PERFORMANCE CONCEPT」を出品。こちらは2019年頃にデビュー予定の次期WRXのデザインスタディモデルだと噂されている(今年1月の東京オートサロンではこのPERFORMANCE CONCEPTのSTIバージョンも公開された)。

こちらは2017年の東京モーターショーに出品された(次期WRXと言われる)VIZIV PERFORMANCE CONCEPT
こちらは2017年の東京モーターショーに出品された(次期WRXと言われる)VIZIV PERFORMANCE CONCEPT

 こうしたスケジュールを考えると、今回のジュネーブショーに出品された「VIZIV TOURER CONCEPT」は2019〜2020年頃に発売予定の次期レヴォーグのデザインスタディモデルだと考えるのが自然だろう。

 現行型レヴォーグは2014年に発売している。2019年は丸5年。スバルを支えるツーリングワゴンとなっていることを考えると、モデルサイクルとしてもぴったりだ。

2014年に発売された現行型レヴォーグ。レガシィツーリングワゴンの後継車として登場し、人気を博している
2014年に発売された現行型レヴォーグ。レガシィツーリングワゴンの後継車として登場し、人気を博している

 冒頭に述べたとおり、ジュネーブショーでこの「VIZIV TOURER CONCEPT」の全貌が明らかになるのは日本時間3月6日19:15。発表を楽しみに待ちたい。

最新号

Boosterpackdepot最新号

国産8メーカー 2020年までの新車スケジュール Boosterpackdepot9月10日号

 自動車総合誌「Boosterpackdepot」最新号が、2018年8月10日に発売。今号の巻頭では、2020年までに登場する国産8メーカーのニューカースケジュールを完全網羅。また大人気、ジムニーとN-VANの試乗記も掲載している。内容盛りだくさんの9月10日…

カタログ

обращайтесь honda.ua

baden-medservice.com/