【速報】これがスバル アセント市販版だ!! 350万円前後で来夏北米発売

 2017年11月29日、スバルが発売を明言していた大型3列SUV、アセントが世界初公開!! 確定した市販版のデザインとともに、発売時期も明らかとなった。そして、注目の新エンジンの今後についても新情報を独占入手!!

文:BoosterpackdepotWeb編集部/写真:SUBARU


コンセプト版と市販版の違いは?

世界初公開された市販版のアセント
世界初公開された市販版のアセント
こちらはアセントSUVコンセプト
こちらはアセントSUVコンセプト

 アセントは、北米市場専用のブランニューSUV。市販版モデルの世界初公開に先立って、「アセントSUVコンセプト」が2017年4月に公開され、既報のとおり新開発の2.4L水平対向4気筒ターボエンジンを搭載することなどは判明していた。

 公開された市販版アセントのデザインを見ると、コンセプト版との大きな違いはフロントマスクの意匠。ヘッドランプ回りのデザインは、アウトバックやフォレスターに近い形状に変更されている。

 そして、サイズも市販版は若干コンパクトになった。アセントSUVコンセプトは全長5050mm、全幅1990mm、全高1840mmだったのに対し、市販版のアセントは全長4998mm、全幅1930mm、全高1819mm。スリーサイズともに、同じく北米で販売されているマツダ CX-9より若干小さい値となる。

2.4Lボクサーターボは263馬力で6気筒の後継機種に!!

 新開発の2.4L水平対向4気筒ターボエンジンに関してもさらなる新情報が明らかになった。型式名は「FA24」。この名からも日本でレヴォーグ、WRX S4に搭載しているFA20型2Lターボエンジンとの関連性がうかがえる。

 実際にスペックを見ても、FA20のボア・ストローク86×86mmに対して、FA24は92×86mm。ストロークは同一で、ボアアップによる排気量拡大を実現した新世代直噴エンジンであることは明らかだ。

 注目の最高出力は260hp/5600rpm、最大トルクは277lb-ft/2000-4800rpm。これを換算すると264ps、38.2kgmというスペック。ちなみに、最高出力と最大トルクの発生回転数は、レヴォーグに搭載されるFA20とまったく同じだ。

 さらに面白いのは、北米でアウトバックに搭載される3.6L水平対向6気筒エンジンは260ps/34.2kgmと、アセントの2.4Lエンジンにかなり近いこと。

 やはり、このエンジンは3.6L、6気筒エンジンの置き換えを意識したものなのか!? スバル広報部に問い合わせると、「世界的にダウンサイジング傾向があるなかで、(アセントの2.4Lエンジンは)6気筒エンジンの後継機種という位置づけです」と明言。これで将来的に、このエンジンがアウトバック等に搭載されることが確実に。日本仕様のアウトバックへ搭載される可能性も高まった。

注目の発売時期は来夏! 価格は350万円前後が濃厚

2列目をベンチシートとした8人乗り仕様の室内
2列目をベンチシートとした8人乗り仕様の室内

 エンジン以外でのトピックは、既報のとおり2列目をキャプテンシートとした7人乗りが設定される(スバル車として初)ほか、2列目をベンチシートとする8人乗り仕様の設定も明らかに。

 また、アイサイトも装備され、4WDシステムはシンメトリカルAWDを搭載。フォレスターなどに採用され、悪路走破性を高めるX-MODEも装備される。

 世界初公開となったラージSUV、アセントは2018年初夏より北米で発売開始。価格については「まだ発表できませんが、ライバルは日産のパスファインダーやトヨタのハイランダー」(スバル関係者)とのこと。パスファインダー、ハイランダーの価格(約340万円〜)の価格を考えると、アセントの北米価格も350万円前後からとなることは確実。

 残念ながら日本での市販は現段階では予定されていないものの、買い得感高いスバルのニューSUVが、いよいよ北米デビュー間近だ。

■スバル アセント

最新号

Boosterpackdepot最新号

トヨタ エスティマの大進化|Boosterpackdepot4月10日号

 Boosterpackdepotの最新刊が本日発売! 最新号では、エスティマが2021年にミニバン市場に参戦決定の情報を入手した。エスティマの開発は中断という情報が出たが、次世代の新たなモビリティとして絶賛開発中ということだった!!  今月開催されたジュネーブ…

カタログ

agroxy.com

mazda.niko.ua/showroom/new_mazda6/overview/