復活なるか!! 来春登場する三菱の新車が期待大!

 三菱が自社開発車として(OEM車除く)は約4年半ぶりに新車を発表しようとしている。すでに2017年3月に開催されたジュネーブショーで欧州仕様の外観が発表されており、先頃の第45回東京モーターショーでは日本仕様が出品された。
 その名もエクリプスクロス。
 本稿では現時点で判明しているエクリプスクロスの詳細と、それとは別に三菱が準備している注目度の高い特別仕様車をご紹介したい。
文:Boosterpackdepot編集部
Boosterpackdepot2017年12月10日号「徹底取材ですべて判明! 2018年新車カタログ」より


■異色の「クーペ」SUV、その走行性能に注目!!

 “Drive your Ambition”、三菱がこれから進む道を示すメッセージがこの言葉で、その第一弾がエクリプスクロスだ。

 スタイルはすでに公開され、発売が待たれるが、東京モーターショーで今年度(2017年度)末、つまり2018年3月発売という確定情報を入手。あと4カ月ほど待つことになる。

 SUVではあるが、スタイリッシュなクーペフォルムのリアに新しいクロスオーバーを感じさせるデザイン。彫刻的なキャラクターラインによるウェッジシェイプ(前傾姿勢)が効いている。

東京モーターショーに出品された「クーペSUV」エクリプスクロスの日本仕様
東京モーターショーに出品された「クーペSUV」エクリプスクロスの日本仕様

 プラットフォームはアウトランダーやRVRと同じで、ホイールベースも両車と同じ2670mm。取り回しのよさが魅力で、1.5Lターボエンジンによる走りも期待せずにはいられない。

 期待という点では三菱自慢の四輪制御技術が盛り込まれていることも挙げられる。アクセル開度や走行条件などからトルクを常に適切に配分する電子制御4WDを搭載。これにAYCブレーキ制御を追加した車両運動統合制御システム「S-AWC」を採用。安心して運転の楽しさを味わえるドライブフィールとなるだろう。

 また一時期「RVRの後継車」という報じられ方をした関係で、「エクリプスクロスのデビューと同時にRVRは生産終了」と受け取っている予想もチラホラ出ていたが、「そうではない」と今回取材した三菱関係者は釘を刺す。

 三菱はこのエクリプスクロスのカテゴリーを「クーペSUV」と位置づけている。つまりこれは「スポーツカーのSUV版」なのだ。RVRとは性格がやや異なっており(もちろんRVRは継続販売予定)、走行性能を磨いた「走りのSUV」となる。

 今年前半ではディーゼルエンジン仕様も用意されるのでは、と予想されていたが、日本導入は当面1.5L直噴ターボ(163ps/25.4kgm)のガソリン仕様のみ。それでも8速スポーツモード付きCVTと組み合わされて、かなり楽しいモデルになっているはず。登場が楽しみだ。

(なおエクリプスクロスは今年10月に欧州向けの工場出荷が始まり、11月下旬には豪州向けの出荷も始まった。いよいよ日本市場発売もカウントダウンとなっている)

内装も公開された。スポーツカーっぽいコクピットで期待大
内装も公開された。スポーツカーっぽいコクピットで期待大

■人気の「アクティブギア」が軽にも登場

eKカスタムのアクティブギアバージョン。これは売れそう!
eKワゴンカスタムのアクティブギアバージョン。これは売れそう!

 東京モーターショーで、小さいながらも注目を集めた「初披露」がeKワゴンカスタム「アクティブギア」とeKスペースカスタム「アクティブギア」の2台。

 報道発表日であるプレスデー(10/25〜26)には公開されていなかったが、一般公開日には出品された三菱の秘蔵っ子。

 すでに3モデル(デリカD:5、アウトランダー、RVR)が発売されている「アクティブギア・シリーズ」に、2台の軽自動車が加わるわけだ。ショーに出品されたのはあくまで「参考出品」だったが、設定されれば販売の6割が「アクティブギア」になるという人気特別仕様車だけに、市販化は必至。

こちらはeKスペースカスタムのアクティブギア
こちらはeKスペースカスタムのアクティブギア

 ドライバーの好奇心と探求心を駆りたてるマットシルバーにオレンジのアクセントカラーが似合っており、男前度がアップ。ステアリングにもオレンジ色のステッチが入り、特別感がある。

 eKワゴンカスタム「アクティブギア」は近々発表され、eKスペースカスタム「アクティブギア」はやや遅れて登場。ただどちらも間もなく皆さまにお目見えするはず。 

最新号

Boosterpackdepot最新号

国産8メーカー 2020年までの新車スケジュール Boosterpackdepot9月10日号

 自動車総合誌「Boosterpackdepot」最新号が、2018年8月10日に発売。今号の巻頭では、2020年までに登場する国産8メーカーのニューカースケジュールを完全網羅。また大人気、ジムニーとN-VANの試乗記も掲載している。内容盛りだくさんの9月10日…

カタログ