【発売確定!!】スズキ新型スペーシア&クロスビー 発表は年末→初売りか

「スペーシアとクロスビー、この2台についてはまもなく皆さんにお届けできるかと思います」

10月25日に開催された東京モーターショー2017のプレスデーにて、スズキブースの「プレスブリーフィング」にてスズキの鈴木俊宏代表取締役社長は、確かにそう言った。

スズキブースに出展された、2台の市販前提車……と本誌も予想していたが、まさかブリーフィングでトップが公言するとは思わなかった2台の新車のデビュー時期について、速報ベースでお伝えします。

文:BoosterpackdepotWeb編集部


■内装までしっかり作り込んであるクロスビー

冒頭の社長スピーチを聴いて、居合わせたプレス陣も思わず顔を見合わせた。「いま“まもなくお届け”って言ったよね?」、「うん、言った」。積年のライバル誌編集者と思わず確認し合いました。


鈴木社長のプレスブリーフィング、静かな動揺がプレス陣に広がりました

のちほど配られた「挨拶骨子」にもその発言は記載されていないが、しかしトップが東京モーターショーのブリーフィングで「新車発表時期をうっかり漏らしたり、間違えて伝えてしまう」などということはありえない。

そう、これは確信的にプレスへ向けて伝えられた情報であり、確かにスペーシアとクロスビーは「まもなく届けられる」、つまり発売するのである。

さっそく会場の説明員に先ほどの社長発言について問い合わせてみると、「いやー言っちゃいましたねえ」と笑って答える。

「あれは発売宣言ですよね。“まもなく”ってどれくらいですか? 例えば御社のハスラーは2013年の10月末に東京モーターショーで出展されて、その年の12月24日に発表、翌年の1月8日に発売になっています。今年もこのクルマで、このパターンと同じようなスケジュールで発売すると考えていいってことですか?」

と記者が問い詰めると、ニコニコと笑いながら「具体的な発売時期に関してはお答えできないんですよ。でも……クルマってなかなか簡単にできるものじゃないんですよねえ……(笑)」と、フロアに置かれているクロスビーを指しながら解説。

な、なるほど。まずはクロスビーについての取材結果をお伝えしたい。


大変完成度の高かったクロスビー。会場では「クロスビー アウトドアアドベンチャー」と「ストリートアドベンチャー」という、セットオプションを装着したようなモデルも公開、展示されておりました。こっちも大変カッコいい

会場で取材したところによると、「ワイド版ハスラー」と理解されているクロスビーではあるが、軽自動車であるハスラーとの共用部品はほとんどないそう。搭載エンジンはスイフトハイブリッドと同じ1.0L直噴ターボ+モーターのマイルドハイブリッド。内装はしっかり作り込んであって、センターコンソールはMINIクロスオーバーを思わせる個性的なスイッチ類の配置が見られる。

リアシートは50対50の分割可倒式で、前後にスライド可能。フロアが樹脂だから汚れに強いところもアウトドアシーンでの使い勝手が広がるポイント。これは売れそう。

ただし話を聞いた解説員が「クルマは簡単にできるものじゃない」を信じるとすると、来年3月頃の発売、と見るのが妥当か。


クロスビーの内装広報カット。センターコンソールは「MINI風」に仕上げてあり、遊び心があって楽しい雰囲気。売れそうです

■新型スペーシアは年末発表で決まりか

いっぽうもう一台の「まもなくお届け」車種である「スペーシアコンセプト」は、現行型スペーシア(2013年2月発表)の正統進化であり、会場に置いてあった展示車は上述のクロスビーよりさらに「完成度」は高かった。ハッキリいって「今日発売です」と言っても信じられるレベル。

この夏にフルモデルチェンジしたライバル・ホンダN-BOXを追撃すべく、低床フロアや「S-エネチャージ」による省燃費化、(クロスビーと同じく)分割可倒式で前後に大きくスライドするリアシートなどを持ち、細かい使い勝手で商品力を向上している。


スペーシアコンセプト。会場に置いてあったのはコンセプトカーだが、「新車です」と言われても普通に信じられるレベルの完成度

従来のスペーシアは、大きく分けて安い順に「スペーシア」、「スペーシアカスタムZ」、「スペーシアカスタム」というグレード構成だったが、調べて見ると最高値グレードである「スペーシアカスタム」はすでにスズキ公式ホームページのラインアップ一覧から削除されている。

スズキディーラーに問い合わせてみると、「スペーシアカスタムはもう生産中止になっていてウチにも在庫がありません。カスタムZか普通のスペーシアならまだ残っていますが……試乗しますか?」とのこと。

どうやらこちらが「まもなくお届け」の本命のよう。

スペーシアおよびスペーシアカスタムは年末にフルモデルチェンジを発表し、お正月の初売りで拡販を目指す販売戦略のようだ。楽しみにしたい。


こちらは「スペーシアカスタムコンセプト」。こんなカタログカットみたいな広報写真まで配布されています。これはもう市販直前ということで間違いない

最新号

Boosterpackdepot最新号

国産8メーカー 2020年までの新車スケジュール Boosterpackdepot9月10日号

 自動車総合誌「Boosterpackdepot」最新号が、2018年8月10日に発売。今号の巻頭では、2020年までに登場する国産8メーカーのニューカースケジュールを完全網羅。また大人気、ジムニーとN-VANの試乗記も掲載している。内容盛りだくさんの9月10日…

カタログ