VW UP! GTIは1Lターボで115馬力 2018年に日本発売へ!!

車重1t切り! ホットハッチの原点、フォルクスワーゲンの「GTI」で最小モデルとなる新型UP! GTIが、東京モーターショー2017で日本初公開だ!! VWジャパンは10月16日に、同ショーの出展概要を発表。全9台の出展車が明らかになり、UP! GTIの出展も正式発表となった。日本でも扱いやすいサイズの注目ホットハッチ、そのエンジンや価格、気になる発売時期など最新情報をいち早くお届け!!

文:BoosterpackdepotWeb編集部/写真:VW


ルポGTIの再来! VW最小ホットハッチは6MT搭載

フォルクスワーゲン(VW)UP! は、ポロよりひとまわり小さい、いわゆるAセグメントに属するコンパクトハッチ。フィットやノートよりも更に小さく、パッソとほぼ同等のサイズ感。

その全長僅か3.6m足らずの小型ボディに、最高出力115ps/最大トルク200Nmを発揮する1L直列3気筒ターボエンジンを搭載するホットモデルが新型UP! GTI。同車は2017年5月に欧州ですでに発表されているGTI最小モデルで、しかも車重は1tを切る997kgと軽い。サイズ的にも2000年代前半に発売されていたルポGTIにドンピシャリのイメージだ。

国産モデルでUP! GTIに近いモデルは少ないが、強いていえば、936ccの直4ターボで133psを発揮したダイハツのブーンX4に近いイメージ。ただし、UP! GTIの駆動方式はFFとなる。

0-100km/h加速タイムは8.8秒で、ロードスターとほぼ同等(注:Boosterpackdepotのテストで8.1秒を記録)というイメージ。最高速は197km/hと公表されている。絶対的なパワーはそれほどではないものの、その軽快なボディと相まって否応ナシに痛快な走りが期待できる。

そして、トランスミッションは6速MTを採用。ベースモデルのUP!が、5速のAMTを採用するのに対し、UP! GTIには3ペダルのMTが用意されるのも車好きにとっては嬉しいポイント。

足もとは17インチホイールで武装(ベースモデルは14〜15インチ)し、車高も15mm下げられている。

インテリアは、“お約束”のタータンチェック柄シートをあしらうなど、まさにGTIの文法に沿った作りとなっている。

UP! GTI(欧州仕様)のインテリア。タータンチェック柄のシートを用い、GTIらしい内装に仕上げられている

庶民も買える注目の価格と日本発売時期は?

さて、注目のUP! GTIはいつ日本にやってくるのか? 先述のように、すでに発表されている欧州でも、実は販売はまだ開始されていない。そこでVWジャパンに、日本への導入時期を問い合わせてみた。

「まだ細かい発売時期に関しては申し上げられないのですが、2018年中(に日本で発売できる)とはお伝えできます! スイフトスポーツなども発売され注目を集めているので、できる限り早く(日本市場に)入れたいと思っています」

ということで、UP! GTIが2018年中に日本発売されるのは確実!

ベースのUP! が158万7000円から193万8000円という価格帯であることを加味すると、UP! GTIは200万円台前半、おそらく220万〜230万円前後で発売されることになりそうだ。

ポロGTIが300万円を越え、スペック的にもかなり高性能化してしまったのに対し、UP! GTIは、まさに幅広い層のファンが扱いやすいサイズ・価格のホットハッチとして大注目のモデルとなる。東京モーターショーでぜひ実車をチェックしてみてほしい。

全長や全幅などのサイズは公表されていないが、新型ポロが3ナンバーとなった今、UP! GTIは唯一5ナンバーのGTIとなるはずだ!!

最新号

Boosterpackdepot最新号

さらばゴーン! どこへ行く? 日産 大特集|Boosterpackdepot 1月10日号

 いよいよ2018年は師走も中盤。12月10日に発売の「Boosterpackdepot」は、2019年1月10日号となる。そんな最新号では、来年登場が期待されるスモールカーの革命児、4台のスクープはもちろん、自動車業界内外で大きな話題となっている日産を大特集!…

カタログ

https://velotime.com.ua

https://pureshop.com.ua/collection/valmont

купить баскетбольный мяч