マツダの新型CX-8ティザー情報更新! 最上位クラスの3列シートSUVに賭ける意気込みが凄い!!

 2017年7月25日、マツダの新型クロスオーバーSUV、CX-8のティザー情報が更新された。CX-8とは、マツダが今年(2017年)中に発表すると公言した、クロスオーバーSUV。

 ここでは今回発表された資料を整理してお伝えするとともに、今後の見通しをお伝えしたい。

文:BoosterpackdepotWeb編集部


■マツダの新しいSUVの提案

「CX-8」は、マツダの新世代商品群の最新モデルであり、同車の国内市場向けSUV欄アップにおける最上位モデルとなります。「CX-8」は、マツダらしい走りやデザイン・質感を備えながら、3列目まで大人がしっかり座れるパッケージングを実現した新型クロスオーバーSUVであり、多人数乗車とともに上質さをお求めになるお客様に向けた、マツダの新しい提案です。

 上記は2017年7月25日11時30分に、マツダより正式に公表されたプレスリリースの一部となる。同時に発表された外観写真は一点。

今回発表された写真。モノクロ真横のカットが1点のみだった

 外観デザインは「TIMELESS EDGY」をコンセプトにしているそうで(「時間を忘れるような鋭さ」と訳するのだろうか)、わざわざモノクロ写真が提供されている。

 この「CX-8」の存在が明らかにされたのは、今年4月28日。「CX-8」というネーミングから、既存モデルの「CX-5」よりも大型であり、北米市場で好評を博している(日本市場では販売されていない)「CX-9」よりはひと回り小さいクロスオーバーSUVであることが判明した。

 また4月の段階で公表された写真により、3列シートであることと革張りシートであること(すくなくともそういう仕様があること)が判明しており、アッパークラスのクロスオーバーSUVであることがハッキリした。

2017年4月28日に公開されたCX-8の写真。3列シートの高級クロスオーバーSUVであることがわかる

 さらにここが重要なのだが、マツダはこの「CX-8」を年内に発売することで、国内のミニバン市場から事実上の撤退を表明している(現行車のビアンテとプレマシーは年内生産終了)。これはミニバンではマツダが現在推し進めている「魂動(こどう)」デザインの実現が難しく、で、あるならばつまり「今後、3列シート車の需要はクロスオーバーSUVで満たしていく」という決意表明と取れる。

 このマツダの大胆な戦略が吉と出るか凶と出るかは、「CX-8」の出来に委ねられている。発表は年内。おそらく高い確率で東京モーターショーに姿を現すであろう。

 大変楽しみにしております。

『Boosterpackdepot』が作製した「CX-8」の予想CG

最新号

Boosterpackdepot最新号

新型MIRAI&ノア/ヴォクシー重要情報入手!!|Boosterpackdepot8月10日号

 Boosterpackdepotの最新刊が本日発売! 最新号では、新型MIRAI&ノア/ヴォクシーの重要情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、GT-R2020年モデル祭り!、NEWタント&タントカスタム正式デビューともに、注…

カタログ

oncesearch.com