最強王者ホンダN-BOX、強さの秘密はこれだ!! 新型も自信満々、従来型も売れまくり!!

 すでに新型発表(8月末)がアナウンスされているというのに、売れまくっているホンダN-BOX。なぜそんなに売れているのか? どこがそんなにいいのか? その長所と秘密、ライバルと比べた性能、もうすぐデビューする新型に期待することなどをキッチリ考察しました。
文:渡辺陽一郎


■現代の「人気車の条件」とは、実用的なサプライズ??

 最近は軽自動車の販売が好調で、特に売れ行きの多い車種がN-BOXだ。2011年12月に初代が発売され、軽自動車市場での販売順位は2012年が2位(1位はミライース+ミラココア+ミラ)、2013年は1位、2014年は2位(1位はタント)、2015年と2016年は1位になった(N-BOXスラッシュとプラスを含む)。

 しかも直近の2017年上半期(1〜6月)は、軽自動車だけでなく、小型/普通車を含めた国内販売全体でも1位を獲得した。実に10万6231台を販売して、プリウスやノートを上まわる。軽自動車市場では2位のタントに2万5000台以上の差を付けた。しかも対前年比は110.7%だから、昨年の同期に比べて売れ行きを10%以上も伸ばした。

 N-BOXは発売から5年半以上を経過して、2017年8月31日には次期型にフルモデルチェンジされる。5月25日にはホンダのホームページで次期型の写真が公開され、モデル末期であることは明らかだが、売れ行きが伸びた。

 好調に売れる理由の筆頭は、N-BOXが今日の人気車の条件とされる「実用的なサプライズ」を備えることだ。

こちらが従来型(初代)N-BOX。モデルチェンジ直前の上2017年半期で国産車販売ナンバーワン達成という凄まじい記録を作った

 全高は1780mmと高く、ホイールベース(前輪と後輪の間隔)は前輪駆動の軽自動車では最長の2520mm(後輪駆動のi-MiEVは2550mm)。そのために車内は軽乗用車で最も広く、初めて乗った人は誰でも驚く。後席の頭上と足元の空間はLサイズセダンを上まわり、4名で乗車しても快適だ。

 しかも燃料タンクを前席の下に搭載したから、後席を畳むと床が平らな大容量の荷室になる。自転車などの大きな荷物も積みやすい。

 後席のドアはスライド式で、開口幅は640mmに達する。ピラー(柱)をドアに埋めこんだタントの左側を除くと、軽乗用車では最もワイドに開く。乗降性も優れている。

 外観はミニバン風で存在感が強く、さらに見栄えのいいカスタムも設定したから、上級車種からの乗り替え(ダウンサイジング)にも適する。ちなみに最近は、同じホンダのフィットやステップワゴンの売れ行きが伸び悩む。この理由として、ホンダの小型/普通車からN-BOXに乗り換えるユーザーが増えたことも挙げられる。

 そして好調に売れ続けた結果、今ではN-BOXを街中で頻繁に見かける。実用重視の車種では、数多く売れた実績が信頼性と魅力を高めるから、N-BOXは保有台数の増加に伴って売れ行きが一層加速した。

 このほかN-BOXでは、販売会社が在庫を持ち切れず、自社で届け出を行った未使用中古車が多い(走行距離は大半が50km以下)。こういった裏側の事情も含めて、N-BOXは販売台数を増やしている。

こちらは新型N-BOX。発売前から情報を積極的に公開したものの初代の売り上げは落ちず、販売力の強さを見せつけている

■ライバル車と比べた時の長所と短所

 N-BOXのライバル車は、全高が1700mmを上まわるスライドドアを備えた車内の広い軽乗用車だ。タントとスペーシアが強敵になる。

 この2車にN-BOXが勝るのは、先の項目で述べた車内の広さだ。特に荷室に変更した時に差が開く。タントやスペーシアも後席を畳んでボックス状の荷室に変更できるが、N-BOXは床が低く積載容量が最も大きい。前席の下側はタントとスペーシアではムダな空間になるが、N-BOXはこの位置に燃料タンクを収めたから床を低くできた。

 有効室内長も長く、後席の足元を大幅に広げられる。後席にスライド機能を備えた仕様なら、スライド位置を前方に寄せることで、4名で乗車して多量の荷物を積める。

 ライバル車のタントでは、左側のワイドに開くドアがN-BOXに対する優位性だ。前後のドアを両方ともに開くと開口幅が1490mmに達するので、子供を抱えた状態でも乗り降りがしやすい。高齢者も広い足元空間と相まって、体を捩らずに後席へ乗り込める。福祉車両的な性格を併せ持つ。助手席を水平になるまで前方に倒すと、背面をテーブルとして使える機能も備わり、子育て世代向けの機能を特に充実させた。

ダイハツ・タント。このカテゴリーのパイオニアで販売も好調……だがN-BOXにはやや後塵を拝している

 スペーシアはN-BOXに比べると後席が狭く(それでも大人4名が快適に乗車できる)、タントのようなワイドに開くドアも備わらない。前述の「実用的なサプライズ」が乏しいために売れ行きも伸び悩むが、総合評価は最も高い。背の高い軽自動車に生じやすい走りや燃費の欠点が少ないからだ。

 スペーシアは軽量化を徹底させたからN-BOXに比べてボディが約100kg軽い。しかも自然吸気のノーマルエンジンは、N-BOXに比べて実用回転域の駆動力が高く、加速力に余裕がある。走行安定性も軽いスペーシアが勝る。JC08モード燃費は、標準ボディに自然吸気エンジンを積んだグレードの場合、N-BOXが25.6km/lでスペーシアは32km/lだ。最小回転半径はN-BOXが4.5m、スペーシアは4.4mに収まる。つまりスペーシアは、ミニバン的な実用性では見劣りして雰囲気も地味だが、走行性能と燃費が優れ運転がしやすい。セダン的な価値を重視した。

スズキ・スペーシア。ライバルに比べるとやや保守的なスタイルと性能を持つ

 なお安全装備はタントとスペーシアは歩行者を検知するが、N-BOXは車両のみが対象で作動する上限速度も低い。しかし次期型ではホンダセンシングの装着によって一気に挽回する。

■新型N-BOXへの期待

 現行N-BOXは軽自動車のサイズで広い室内を得ることに関しては100点満点だが、走行性能は欠点が多い。狭い車幅で背が高く、高重心になるので、安定性を確保するために足まわりは後輪の接地性を優先させた。この設定は正しいが、操舵感は鈍い。少し速度を高めてカーブに進入すると、早い段階で前輪がグリップ力を失って旋回軌跡を拡大させる。運転を誤るとコースアウトの危険も高まる。

 ボディが重いから、ターボを備えない自然吸気エンジンではパワー不足だ。燃費でも不利になる。

 次期型は軽量化を図り、その一方でボディ剛性を向上させ、安定性、動力性能、実用燃費を向上させて欲しい。

新型N-BOX(写真はカスタム)は、各種使い勝手の向上や燃費アップのほかにも、「Honda SENSING」を搭載して安全装備の拡充を図ることが発表されている

最新号

Boosterpackdepot最新号

【スクープ】日産&三菱から出る新車|Boosterpackdepot 6月10日号

 Boosterpackdepotの最新刊が本日発売! 令和初売りの今号は、スクープ班が独占入手した日産&三菱の新車情報を詳しく紹介。  このほか、日本のSUV&クロスオーバー全37モデル〇×評価など、注目車種の情報も盛りだくさんの内容でお送りする。 【スクープ…

カタログ

кожаные ремни

В интеренете нашел авторитетный блог про направление casino-ua.info.
ecostyle.kz