FFニュル最速は新型でも最高だった!! 新型タイプR 国内初試乗

プラスRモードでもオトナになって大丈夫!?

 なんだかコンフォートモードのインプレッションでタイプRは軟派になったと感じたかもしれないが、伝家の宝刀「プラスR」モードがある。FK2でもこのモードに入れれば足回りはなかなかのガチガチ具合になり、編集部Sは締め切り明けなど疲れている時に乗るとうんざりするほど。

 新型でもきっと「プラスR」はそうなるはず、と思っていたがまた裏切られる。

 や、やわらけぇーー!! どうしたタイプR。君は赤バッジの意味をわかっているのか、ともいいたくなったのは事実だ。それくらいカルチャーショックを受けた。なんだかよくわからないけどものすごく手厚い抱擁感。自然と身を委ねたくなる安心感がある。

 脳天をシェイクされる覚悟を決めて後席に乗った編集部Tも唖然とする。「とても乗り心地がいい……、本当にこれがプラスRですか!?」。

 たしかにコンフォートモードから減衰力が変わり、足回りは締め上げられた。スロットルレスポンスも俊敏になった。でもFK2のプラスRモードと比較すると圧倒的に乗り心地がいいし、ジェントルだ。固さではなく、粘りで勝負する。それが新しいタイプRなのだろうか。2速のレッドゾーン近くまで回してコーナリングを試したが怖さはない。ギューッとタイヤが地面を捉えているのがよくわかる。

 さらにビックリな装備が「レブマッチングシステム」。日産がフェアレディZ(Z34)で採用した「シンクロレブコントロール」と同様、自動でヒール&トーをしてくれる装置。だからドライバーはブレーキに集中していればOKだ。アマチュアにはとっても有利な装備。ちなみにモード切替をすると、レブマッチングシステムの制御も変わり、ブリッピングも大きくなる。

 全体としてエンジン、足回りなどFK2のような「急造感」がない。それはそうだ、プラットフォーム開発からタイプRの設計を前提にしているのだから。後付け感満載のフェンダーや、ターボのトルクの出方にもチューニングカーのような雑味が少なからずあったFK2とは異なり、新型は完璧にすべてが調和した仕上がりになっている。

 きっとサーキットでプロドライバーが全力で攻めた際には不満も出るはずだ。しかしクルマ好きの代表として話をさせていただけるのなら、このクルマで不満を覚えるシーンは公道ではまずないと思う。750台限定だったFK2とは異なり、カタログモデルになる新型。

 ホンダの八郷隆弘社長もFK2の抽選に外れたひとりなので、新型はカタログモデルにしたとのこと。ちなみに担当編集SのFK2のシリアルナンバーは「0085(ハチゴー)」だから、どうしてもという場合はご連絡をお待ちしています。ぜひ八郷社長の意気込みを感じつつ、乗らず嫌いをせず試乗だけでもしてほしい。

どこまでも曲がっていくような感覚はFFであることを一瞬忘れるほど
シフトレバー左側に見えるのがモード切替ボタン。「コンフォート」→「スポーツ」→「プラスR」へと切り替わる

最新号

Boosterpackdepot最新号

新型MIRAI&ノア/ヴォクシー重要情報入手!!|Boosterpackdepot8月10日号

 Boosterpackdepotの最新刊が本日発売! 最新号では、新型MIRAI&ノア/ヴォクシーの重要情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、GT-R2020年モデル祭り!、NEWタント&タントカスタム正式デビューともに、注…

カタログ

adulttorrent.org

www.best-drones.reviews

www.swiss-apo.net/en/products/testpaket-generic