【実録燃費TEST】ノートe-POWER 実燃費はガソリン車よりどれだけお得か?

 発売以来予想を上回る売れゆきをみせているノートe-POWER。大きな売りのひとつはモーターパワーを生かした燃費だ。果たしてその“実際の燃費”はどうなのか? ガソリン車との比較テストで、注目の実燃費が明らかに。

文:鈴木直也、永田恵一
写真:池之平昌信、shutterstock.com


異なる3つの区間で燃費を計測

 今回、燃費テストを行ったのは【図】のルート。

1.交通安全環境研究所(調布市内)から関越道練馬ICへ向かう一般道都市部区間

2.練馬ICから鶴ヶ島ICまで関越道を通る高速道路区間

3.関越道鶴ヶ島ICから埼玉県内の熊谷運動公園へ向かう一般道郊外区間

 上記のとおり、ストップ&ゴーの多い都市部の一般道と高速道路区間、さらに比較的流れのよい郊外の高速道路区間と、燃費の特徴が出やすいそれぞれの区間で燃費計測をおこなった。

【図】燃費ルートMAP。国土交通省がディーゼル車の排ガステストを実施している区間と同一ルートで実施

 テスト車両はノートe-POWERとノート1.2ガソリン車(CVT)の2台。両車の燃費の差や特徴、そしてカタログ燃費との差は如何に!?

一般道の渋滞で威力発揮するノートe-POWER

 ノートe-POWERの何がユーザーの心を捉えたのか、今回燃費テストを兼ねてじっくり考えてみたのだが、やっぱり結論は「1ペダルドライビング、すっげぇ楽しい!」という新鮮な驚きがイチバン。

 日産のCMコピー「ひと踏み惚れ」というフレーズは、その魅力の本質をじつに上手く表現してると思った。

 この1ペダルドライビング、単純に加減速にメリハリがあって爽快感があるのも大いに魅力なんだけど、じっくり試してみると下道の渋滞がすっごい楽チンであることに気づく。

 渋滞走行は、つまるところ前のクルマに追従して走る作業。右足ひとつで自由自在に車間距離を調整できるノートe-POWERに対して、ノーマルの1.2Lガソリン車(CVT)だと加速遅れにともなうアクセルの踏み増しや、ブレーキペダルへの右足の載せ替えが頻発。このストレスがバカにならないのだ。

手前のグレーの車がガソリン車、奥のオレンジの車がe-POWER。写真は国道20号線から山手通り入る交差点付近。こうした混雑が燃費にどう影響する?

 しかも、市街地燃費は1.2CVTに比べるとダントツ優秀。調布から山手通り経由で大泉に抜ける市街地渋滞では、【表】のとおり5割以上優っている。

 ふだん近距離ユースが多いユーザーにとって、この走りと燃費は大いに魅力。「ひと踏み惚れ」で契約書にハンコついちゃう気持ちがよくわかる。

最新号

Boosterpackdepot最新号

国産8メーカー 2020年までの新車スケジュール Boosterpackdepot9月10日号

 自動車総合誌「Boosterpackdepot」最新号が、2018年8月10日に発売。今号の巻頭では、2020年までに登場する国産8メーカーのニューカースケジュールを完全網羅。また大人気、ジムニーとN-VANの試乗記も掲載している。内容盛りだくさんの9月10日…

カタログ

our company best-cooler.reviews

также читайте ka4alka.com.ua

кожаная куртка киев