GT-RからS660まで 国産スポーツ9台 乗り心地&燃費に優れる車はどれ?

GT-RからS660まで 国産スポーツ9台 乗り心地&燃費に優れる車はどれ?

ホンダNSX、日産GT-Rニスモ、レクサスRC F、日産フェアレディZ NISMO、スバルWRX STI、マツダロードスター、ロードスターRF、トヨタ86、ホンダS660の国産スポーツ全9台をチェック。

スポーツモデルといえば最も重要視されるのは、その走り。とはいえ、いつもサーキットや山道を全開で走るわけではない。普段使いで快適な乗り心地、優れた燃費性能を合わせ持つ国産スポーツはどのモデルなのか?

文:編集部、永田恵一/写真:奥隅圭之、平野学
Boosterpackdepot2017年5月26日号


乗り心地の良し悪しは9台のキャラを反映

テストしたコースはヒーローしのいサーキット(栃木県宇都宮市)施設内の連絡路。凹凸や排水溝の段差があるなど、通常の一般道よりも荒れた路面で、ここを30~40km/hの速度で走行しての乗り心地をチェックした。

ドライバーはF1参戦経験もある鈴木利男氏が担当。鈴木氏による9車の乗り心地の評価は次のとおり。

鈴木利男
/1955年生まれ。1992年にアメリカのデイトナ24時間レースで、日産ドライバーとして日本人初優勝。翌年はラルースよりF1にもスポット参戦した日本を代表するレーシングドライバー

■ホンダ NSX

モード切替えがあるけど、ここではスポーツモードが車両の重さやタイヤの硬さにショックアブソーバーの減衰力が合っている気がする。全体的には、しなやかさのある乗り心地。ただ、これくらい路面の悪い道路だと、ユサユサとした上下の揺れが出る。

■マツダ ロードスターRF RS

1.5L RSと同じようにボディやステアリングからブルブルとした振動が伝わってくる。1.5L車と違うのは全体的に動きが重く感じるところ。ルーフはやはり閉めたほうがしっかり感がある。

■マツダ ロードスターRS

けっこう硬めで、段差ではゴツゴツした突き上げがあり、ウインドウあたりがブルブルと振動する。ステアリングも路面からの振動がかなり伝わる。ここでは、RSよりSグレードのほうが乗り心地はいいんじゃないかな。

同じロードスターでもRFとソフトトップでは、乗り心地に違いあり。RFはルーフを閉じたほうが乗り心地に優れると鈴木氏は指摘

次ページ:全9台の乗り心地ランキングは?

残り6台の評価&全9台の乗り心地ランキングは?

■レクサスRC F

大きな段差はドンッと突き上げはあるけど、乗り心地は今回の9車で一番いい。モード切替えがあり、ノーマルやECOモードでは少し柔らかく感じられる。不快な振動もなくて、全体的に静かな印象。

■日産フェアレディZ ニスモ

GT-Rと同じように路面の凹凸がダイレクトに伝わる。少し荒れている程度の路面はいいけれど、段差だとドタバタする。ただ、スポーツカーなんだから、この程度はしかたがないかな。ステアリングの微振動は気になったけれど。

■ホンダ S660 α

凹凸の少ない路面でも、ボディ剛性が弱いので、路面からの入力が全部ボディに集まってブルブルと震える。ルーフを閉めるとAピラーの揺れは減るけれど、そのぶんフロアの振動が気になった。

■トヨタ86 GTリミテッド

ザックス製ダンパー装着車とのことだけど、段差での突き上げもしなやかにいなしていて、小さな凹凸でのアタリも柔らかい。ステアリングの微振動もないし、乗り心地は悪くないと思う。

■日産GT-R ニスモ

上下の揺れが左右にも残るのは不快だね。でも、初期の入力ではザラザラした感じがなくて、それほど乗り心地は悪くない。ミッションも静かになった。ただ、全開にして走った時の走りや安定性のほうが重要なのでは? と、このクルマの場合は思う。

■スバルWRX STI タイプS

小さな路面の凹凸は少しゴツゴツ感があるものの悪くない。ただし、段差を乗り越えた時にドンとくる突き上げ感が出る。それと、フロントの駆動系の振動も気になった。

(評価:鈴木利男)

※採点は100点満点で鈴木利男氏が評価

次ページ:気になる9台の実燃費は?

全9台の各ステージ&トータル実燃費は?
今回の9車を栃木県宇都宮市にあるヒーローしのいサーキットから編集部(東京都文京区)の帰路で、普通に走った燃費を計測した。ルートは

1.ヒーローしのい→東北道宇都宮ICまでの一般道(9.8㎞)
2.宇都宮IC→外環道大泉IC(125km)
3.大泉IC→編集部までの一般道(14.2km)の3つ。

1.と3.は平均約30km/hと信号の少ないかなり流れのいい一般道、2.の高速道路はごく普通に流れに乗った走行をイメージしてほしい。その結果が下の表にまとめたものだ。

高速区間は小型スポーツ有利も一般道で健闘のNSX

燃費計測でわかった9台それぞれの特徴は次のとおり。

■ホンダ NSX

EVスタート、EV走行ができるハイブリッドだけに一般道の燃費が光る。

■日産 GT-Rニスモ

走行パターンによる燃費の変動が少ない点に注目。

■日産 フェアレディZ ニスモ

100km/hのエンジン回転数は2000回転と低く、高速道路の燃費は良好。一般道の燃費も信号待ちが少なければ図太いトルクを生かし早めのシフトや飛ばしシフトができるので意外にいい。

■レクサス RC F

100km/hのエンジン回転数は1500回転と低いため、5L、V8のエンジンを考えれば高速道路の燃費はいいが、一般道の燃費は交通量に反比例する印象だ。

■スバル WRX STI

燃費が低く安定しているのはEJ20型エンジンの古さのせいだろうか。

■マツダ ロードスター(RS/RF RS)

2台の燃費の差はクルマよりも、ドライバーのクセの差が大きいように感じる。

■トヨタ 86

前期型からファイナルが5%ローギアードになった後期型の燃費は高速道路5%落ち、一般道は同等の印象。

■ホンダ S660

軽さ、空気抵抗の少なさという燃費に有利な要素を生かしブッチギリの燃費を記録。

(文:永田恵一)

エンジン排気量も重量も少ない小型スポーツが上位に集中するなか、ハイブリッドのNSXは特に一般道で優秀な燃費値をマーク

国産スポーツテスト、当日の様子はをご覧下さい。

最新号

Boosterpackdepot最新号

2020年までの新車完全網羅! Boosterpackdepot7月10日号

 Boosterpackdepot 7月10日号が、いつもより一日早い6月9日に発売。最新号は巻頭から、梅雨空を吹っ飛ばす暑~い新車スクープを展開。さらには、カローラスポーツを筆頭としたニューモデルのとれたて最新情報...

カタログ