【後悔しないレンタカー選び】1日借りて8000円。コンパクトカー、目的別ベストチョイスはコレだ!!

「4人全員がゆったり移動するための」後席の居住性

最も快適なのはノートだった。頭上と足もとはLサイズセダン並みに広く、シートアレンジが単純だから座面も適度に柔軟だ。

2位はフィット。後席の頭上空間はノートを下まわるが足もとは広い。シートアレンジが多彩で柔軟性に少し欠けるが、4名乗車して、長距離を快適に移動できる。

3位はスイフト。頭上と足もとが狭く4名で乗車すると窮屈に感じる。座り心地は適度に柔軟でシート自体はいい。4位はデミオ。頭上と足もとが狭く、着座位置も低いから腰が落ち込む、ウィンドウの下端が高く閉塞感も強い。

a_19a_22

左がフィットの後席で、右がノートの後席。頭上空間はノートのほうが余裕あり。ただ、足もと空間はフィットもノート以上に広い。ともに後席の広さはデミオ、スイフトを大きく上回る

【結論】荷室の広さならフィット、後席の広さならノートと割れたが、3名以上の乗車を考えるとフィットが1位だ。後席の居住性と積載性は抜群で、動力性能、乗り心地、安定性も満足でき、総合評価が高い。ノートは2位。後席は最も快適で荷室も使いやすいが、動力性能や操舵感はフィットに負ける。

……ということで、CASE2のベストチョイスはフィットに決定!

CASE3 財布にやさしい経済性重視なら「スイフト」

ガソリン代を安く抑えるための「燃費性能」


スイフトは、4台のレンタカー中、最も走行距離が多い4万9763km(他3台は4万km未満)で、条件的には最も不利だったが、燃費はナンバー1だった

今回取材したのはレンタカーだから、車種によって状態が異なる。また、常にエアコンを作動させたから、数値が全般的に悪化した。従って目安と考えてほしい。

1位は14.9km/Lのスイフトだ。カタログに載るJC08モードは20.6km/Lだから達成率は72%。5万㎞近く走っている車両だが燃料消費量は少ない。

2位は13.4km/Lだったフィット。JC08モードは24.6km/Lだから達成率は54%だ。

3位は12.6㎞/Lだったノート。JC08モードは22.6km/Lで達成率55%だ。

4位は11.8km/Lだったデミオで、JC08モードは24.6㎞/Lだから達成率は48%となった。


ちなみにレンタカー大手のニッポンレンタカーでは、デミオ、フィット、ノート、スイフトの4台とも同じ「S-Sクラス」で、料金もまったく同じ8748円(税込、24時間)だ。

同じ料金のクラスでも、車種によってそれぞれ長所・短所が異なるもの。「愛車はこだわるけれど、レンタカーの車種には気を使っていなかった」という方は、目的に合わせて、車種指定で借りれば後悔しないレンタカー選びができるハズだ。

最新号

Boosterpackdepot最新号

新型MIRAI&ノア/ヴォクシー重要情報入手!!|Boosterpackdepot8月10日号

 Boosterpackdepotの最新刊が本日発売! 最新号では、新型MIRAI&ノア/ヴォクシーの重要情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、GT-R2020年モデル祭り!、NEWタント&タントカスタム正式デビューともに、注…

カタログ

tracer cosplay for sale

www.baden-medservice.ru

baden-medservice.ru