【これは珍なり】 2億6千万円の胸騒ぎ!? 世界限定3台がすべて日本に

2億円6000万円、しかも世界で3台限定。そんなクルマがあることをご存じだろうか? しかもその3台すべてがここ、日本で販売されるというのだ。この不況の最中、そんなリッチな3人がいることにも驚きだが、彼らを魅了したクルマ「ケーニグセグアゲーラRSR」を紹介しよう。
文・写真:Boosterpackdepot編集部
初出:Boosterpackdepot2016年10月26日号


北欧からの使者

 世の中に「億千万円」クラスの高級車は数あれど、今回紹介するブランドほどユニークなブランドはきっとないはず。ケーニグセグ、スウェーデンの自動車メーカーだ。スウェーデンといえばボルボかIKEAという認識だが、このケーニグセグもその2社と個性では負けていない。

 今回の主役はそのケーニグセグの主力モデルである「アゲーラ」。「アゲアゲ」だから「アゲーラ」ってワケではなく、スウェーデン語で「行動する」って意味だそう。確かにこんなクルマがガレージにあったら、徹夜明けで疲れてても、すぐ行動しちゃうこと間違いなし。

カラフルな色合いもオーナーの好みで仕上げられる(9月5日の発表会にて撮影)

ただ者じゃないRSR

 そんなアゲーラだが実はニューモデルではない。2011年から発売を開始していてすでに5年目。「珍」じゃないじゃん、というご指摘もそのとおりなのだが、今回のアゲーラは普通ではない。エボリューションモデルのアゲーラRSRなのだ。

 アゲーラRSRは世界限定25台の「アゲーラRS」をベースにしたモデルで世界限定3台。その価格は2億6000万円オーバーだという。

 エクステリアはパッと見はポルシェカレラGTのような雰囲気も感じるが、それもそのはずで、こちらもコンバーチブルになる設計だ。その様子は下の写真のとおり。屋根を外し、そのままボンネット下の収納へ入れる。カーボン製のルーフは約9㎏で男性なら片手で持てる重量だ。

ルーフ格納をするのはケーニグセグCEOのケーニグセグ氏(右)、ケーニグセグジャパンCEOの藤巻秀平氏(左)

強大なパワー、そして信念のあるクルマづくり

 スーパーカーは走ってナンボ。速くないなんてダメダメだが心配無用。5LツインターボのV8エンジンはなんと1200㎰を発揮。車重1395kgに1200㎰。これで遅いわけがない。最高速度こそ公表されていないが、400km/h突破もこのアゲーラRSRには朝飯前。

 ボディは空力も考慮されており250km/h時に485㎏ものダウンフォースを生み出す。モノコックからホイールに至るまでカーボンを採用し軽く、そして剛性を兼ね備えたボディを持っているのだ。

 安全に、快適に、そして圧倒的に速く。アゲーラRSRはそれらすべてを兼ね備えたクルマだとCEOのクリスチャン・フォン・ケーニグセグ氏はいう。ケーニグセグ氏は22歳で会社を興し、現在44歳。「世界一のクルマを作る」をモットーにやってきた。

 そんなケーニグセグ氏の最新の自信作ともいえるアゲーラRSR。2億6000万円というこのアゲーラRSRの価格はべらぼうに高い気もするが、ほぼハンドメイドで作られる、こだわりぬいた1台としては破格なのかもしれない。すでに日本国内だけで世界限定の3台分がほぼ完売状態だというから、日本のビリオネアたちの行動力にも驚きだ。

最新号

Boosterpackdepot最新号

【スクープ】日産&三菱から出る新車|Boosterpackdepot 6月10日号

 Boosterpackdepotの最新刊が本日発売! 令和初売りの今号は、スクープ班が独占入手した日産&三菱の新車情報を詳しく紹介。  このほか、日本のSUV&クロスオーバー全37モデル〇×評価など、注目車種の情報も盛りだくさんの内容でお送りする。 【スクープ…

カタログ

http://baden-medservice.ru

designedby3d.com

designedby3d.com