マツダロードスターRF ソフトトップでもハードトップでもない選択肢 動画

ロードスターRFが11月10日から受注開始となった。これまでソフトトップはもとより、ハードトップの設定もあったロードスター。しかし今度はリトラクタブル・ファストバックなる新たなスタイリングが登場。すでにショーなどで目にしたことは多いと思うが、発表と同時にもう一度このクルマのアウトラインをおさらいしたい。

文:WEBBoosterpackdepot編集部/写真:MAZDA・FORD・Porche


ハードトップとも違うRFとは?

 RF、省略せずに表記すると「リトラクタブル・ファストバック」。そもそもファストバックという単語自体がなかなか日本のクルマ文化では馴染みが薄いかもしれない。きっとこのワードで具体的な車種が挙がる人はアメ車好きの人だろう。

 たとえば上のフォードマスタングファストバック。このようにルーフから後端にかけて流線型を描くクルマをファストバックという。今回のロードスターRFには「リトラクタブル(格納可能な)」という形容詞があることから、ルーフが格納できるファストバックという意味合いになる。

 ロードスターRFは見てのとおり、シート頭上のルーフのみが開閉し、ルーフのリアセクションはボディに残ったままというスタイリングだ。これはどちらかというとポルシェのタルガトップに近い印象も受ける。

 ポルシェ911のタルガトップはBピラーを残してルーフが格納されるのだが、仕掛けとしては今回のRFと同じアプローチだ。オープンでも、クーペでもない、この新しいタルガトップというスタイリングはポルシェが1960年代にアメリカ市場に向けて放ったアイデアでもあった。RFはリアウィンドウごと格納されるので、正確にはタルガトップとは異なるが、きっとこのタルガトップのスタイリングもロードスターRFの着想点のどこかにあったのかもしれない。

 スタイリングばかりに注目がいくが、ロードスターRFは北米仕様の2Lエンジンを搭載している。現行のロードスターでは1.5Lエンジンのみの設定であったが、ルーフの重量増などからバランスをとった結果なのかもしれない。

 またトランクルームも127Lとソフトトップと同等の荷室空間を維持しており、初代NA型から続く独立型のトランクルームという伝統はRFになっても引き続き伝承されることになった。 

気になるメカニズム

どうしても気になるのがRFの開閉メカニズム。マツダのオフィシャル動画を使いながら確認したい。

一度リアウィンドウが上に持ち上がり、ルーフが2分割されてリアシート後ろに収納される。ソフトトップとは異なる角形のリアウィンドウを備えることから、ソフトトップモデルの収納とはまったく異なったアプローチが必要になっていることがうかがい知れる。

実物の開閉はひっかかりもなくかなりスムーズに動くが、試作段階では収納はできてもその動きはぎこちなくカクカクしていたそうだ。流麗なクーペのルーフ開閉がカクカクしていてはカスタマーが興ざめしてしまうだろうから、設計や工場のスタッフたちのルーフへかける情熱はさぞ大きいだろう。 

ロードスターなら走りも忘れていられない

 RFでスタイリングが新たなステップに昇華しようとも、ロードスターである以上は「人馬一体」の走りは決してないがしろにできない。今回もっとも注目すべきトピックはロードスターでは日本初導入となる2Lエンジンではないだろうか。158ps/6000rpm、20.4kgm/4000rpmというスペックは、ソフトトップモデルから27psのパワーアップとなる。

RFの1100kgという車重は、ソフトトップモデル最軽量の「S」の990kgに対して110kgの重量増になっている。クルマ全体の味付けなどさまざまな理由はあると思うが、動力性能を補うためにも2Lエンジンの導入は必然であったはずだ。さらに変更はエンジンだけではない。

当然ながらブレーキ、足回りなどは専用チューニングが施されるのだが、なんとRSのオプションにブレンボキャリパーまでもが追加された。軽量マシンのロードスターではあるが、サーキット走行なども視野に入れるとブレーキの容量アップ、そして安定した制動は必須であろう。もちろんセットオプションのBBSホイールとのコンビも完璧だ。

 

価格、そして競合は?

RFの価格は324万円から373万6800円であり、ソフトトップの249万4800円から319万6800円という価格レンジよりやはり高額になる。こうなるとアバルト124スパイダーの388万8000円も見えてくるが、心臓の異なる兄弟車ということで、キャラクターの違いで選びたいところ。


http://www.kodansha-bc.com/bc/archives/15558

ロードスターRFは11月10日から受注開始で、2016年12月22日に正式発売となる。いまから申し込めば来年の春はRFで桜を見に行けるかもしれない。

ロードスターRF(S) 主要諸元
■全長×全幅×全高:3915×1735×1245mm/ホイールベース:2310mm/車両重量:1100kg/駆動方式:後輪駆動(FR)/ステアリング位置:右/乗車定員:2名/エンジン種類:直列4気筒DOHC16V/最高出力:158ps/6000rpm/最大トルク:20.4kg-m/4600rpm/トランスミッション:6速MT/燃費:15.6km/L[JC08モード燃費]/タイヤサイズ:205/45R17(前後)/車両本体価格:324万円(税込み)

最新号

Boosterpackdepot最新号

新型MIRAI&ノア/ヴォクシー重要情報入手!!|Boosterpackdepot8月10日号

 Boosterpackdepotの最新刊が本日発売! 最新号では、新型MIRAI&ノア/ヴォクシーの重要情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、GT-R2020年モデル祭り!、NEWタント&タントカスタム正式デビューともに、注…

カタログ

https://velotime.com.ua

bestseller movie

платья детские нарядные