新型NSX、新たな「母国」アメリカでの評価はいかに?

新型NSXはいったいどのように評価されているのか。ここまで人の評価が気になるクルマもなかなかない。それはなぜか? と考えたときに思い浮かぶのが初代「NSX」の偉大な足跡がそうさせるのかもしれない。2007年にGT-Rがデビューした時と同じ雰囲気すら受ける。日本の誇るスポーツカー「NSX」。アメリカ主導で誕生した新型は、果たして現地アメリカではどう受け入れられているのだろうか。

文:WEBBoosterpackdepot編集部/写真:ホンダ、WEBBoosterpackdepot編集部 (塩川雅人)


日本の評価はいかに?

日本での評価はさまざまであるが、クルマとしての完成度は褒められているものの、やはりその2370万円という価格もあり、全体としては手厳しいものが多い。いかんせん先代のNSXのインパクトが強すぎたのもあるとは思うが、高回転NAのMRマシンから、3モーターのハイブリッドAWDに変身したその姿にはどこか寂しさも感じるなんてファンも多い。

そもそもNSXは2010年にはV10エンジン搭載で復活する予定だった。しかしHSV-010としてスーパー GTには参戦したものの、結局市販車は世界的な経済状況もありデビューはなかった。そこで大きく落胆したファンも多いだろう。

さらに言えば、初代NSXはあのアイルトン・セナが味付けをしたなどの逸話も多く、そんな偉大なる先代を超えるとなると至難の業なのに違いはない。それだけNSXへの期待も大きいのが初代の「母国」でもある日本市場の特徴かもしれない。


手前がスーパーGTに参戦したHSV-010 GT。エンジンはスーパーフォーミュラ(当時:フォーミュラニッポン)用のV8を積むなど特例尽くしだった。奥に見えるのが新型NSXのコンセプトモデル

 

ACURA NSXの概要

日本ではイマイチな評価も目立つ新型NSXだが、その生まれ故郷アメリカでの評価は日本とは大きく違うのだろうか? アメリカの評価サイトとして有名なから抜粋してみたいと思う。まず序章から。

アキュラにとって、高回転エンジン、そしてミドシップのNSXにふさわしい後継者を登場させるのに11年もの年月を費やした。そして今回、ハイブリッドになったNSXを簡単に試乗した後、我々はこの言葉に確信を持った。

「NSXハイブリッドを待った甲斐があった」と。

NSXの「ハイブリッド」という言葉を決して嫌がらないでほしい。NSXのハイブリッドはトヨタプリウスのそれとは違い、1ガロンあたり52マイル(26km/L)なんて燃費は達成しない。このハイブリッドはいかにパワーを効率よく地面に伝えるか、それを主眼に置いている。だからハイブリッドなのにポルシェ911ターボより公表燃費値は悪い。

 

「ハイブリッド=エコ」という図式は全世界共通。その比較対象にプリウスが出てくるのも時の流れを感じるが、911ターボよりも燃費が悪いハイブリッドということが逆に新鮮な印象だ。パワーに振ったハイブリッド、近年のスーパーカーで見られるこの手法を日本のメーカーが取ってきたのは少し意外なのかもしれない。

最新号

Boosterpackdepot最新号

新型MIRAI&ノア/ヴォクシー重要情報入手!!|Boosterpackdepot8月10日号

 Boosterpackdepotの最新刊が本日発売! 最新号では、新型MIRAI&ノア/ヴォクシーの重要情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、GT-R2020年モデル祭り!、NEWタント&タントカスタム正式デビューともに、注…

カタログ

baden-medservice.ru/kardiologija-v-germanii/

http://baden-medservice.ru

biceps-ua.com/optimum-opti-women-60-caps-usa.html