渋滞時はほぼ全自動!! 今すぐ欲しくなる追従型クルコン、試して納得の違い

“クルコン”は設定した速度をキープするだけのもの? いいえ、今や先行車に合わせて自動で加減速し、車線を見てハンドル制御までするのが“最新の追従型クルコン”です。ドライバーの自由を奪う? と思われがちなこの機能、実際に使ってみると「こんなに凄いのか!!」と驚かされる、まさに自動運転の一歩手前といえる技術に成長しています。

この追従型クルコンはACC(アダプティブ・クルーズ・コントロールの略)とも呼ばれ、同じクルコンながらメーカーによって、その特長がまったく異なるのが面白いところ。アイサイトを代表とする追従型クルコンを、技術論ではなく、実際に試してわかった違いなどからレポートしていきます。

文:国沢光宏/写真:平野学

Boosterpackdepot2016年4月26日号


そもそも“アダプティブ・クルコン”って何?

一昔前なら高速道路は交通量も多すぎず、比較的好きな速度で走れた。けれど近年、平均速度がメッキリ低くなり、運転を楽しむという状況じゃなくなっている。こういった時に絶大な威力を発揮するのが、追従型クルコンのACCだ。基本的な使い方は、好みの速度にセットしておき、遅い先行車がいたら安全車間をキープして追随するというもの。

しかし、最近になって先行車が停止したら停止してくれる機能も普及してきた。これを「全車速対応ACC」と呼ぶ。こうなると、クルマ好きだって楽しくない渋滞時に、アクセルやブレーキ操作しないで済むようになるからありがたい。私など全車速対応ACCなしのクルマで渋滞を走るのはキビシイ修行のように思えてきてしまったほど。すばらしい装備だ。


クルコン操作の3ステップ
…追従型クルコン作動中のスバルレヴォーグ。クルコンの動作方法は、1.ステアリングコラム脇のレバーorステアリング内のスイッチで
起動
。2.上記のレバーorボタンのどちらかで
上限速度を設定
。3.
車間距離を任意で設定
(遠めから近めまで何段階か選べる)といったもの。車種によって若干異なるが、メーター間のモニタに、設定した上限速度や車間距離、先行車を検知してるか否かなどが表示される

ベンツCは30㎞/h以下で操作不要、ブレーキも違和感なし!

現在世界で最も優れた機能を持つベンツのACCから紹介してみたい。Cクラスのハンドルを握り、渋滞のノロノロ走行に出くわしたと思っていただきましょう。運転手はハンドルコラムの左下にあるACCのスイッチを入れるのみ。その瞬間から、あらまぁ不思議! 30㎞/h以下であれば何の操作も不要になってしまう。

例えば80㎞/hにACCをセットしたとしよう。先行車がいなければ80㎞/hで走る。前方で渋滞始まると、ミリ波レーダーにより先行車との距離や先行車の速度を判定。自動でブレーキかけながら徐々に減速。一定車間になると、ステレオカメラも使い先行車をロックオン。先行車との車間距離や、先行車の位置(左右方向)が判明するため、先行車が走った場所をトレース可能。こうなると、ドライバーはすべての操作から解放されるのだ。

つまり、アクセルとブレーキで速度を制御し、先行車を追随しながら車線をハンドルでキープしてくれるという寸法。そうなったら手を離せるじゃないかって? そのとおりでございます。手を離しても30㎞/h以下の速度域なら時間の制限なく、連続的に自動追尾してくれるのだった。ただハンドルから手を大きく離してしまうとイザというときに危険。そんなことから現在はヒザの上か、ハンドルから少し手を離した位置でないと安全運転義務違反になるからご注意を。ということでCクラスのACCは追尾のアクセルやブレーキもまったく違和感なし。ハンドルまで操作してくれる。文頭に書いたとおり、世界最良のACCだと評価しておく。


Cクラス
の追従型クルコン……■センサー:ミリ波レーダー、ステレオカメラ ■渋滞追従機能:○ ■ステアリング制御:0〜200km/hで介入

レスポンス最高!! 一般道でも使えるスバルアイサイト

続いてレヴォーグのACCを試す。機能的にはCクラスから渋滞時のハンドル制御機能を取ったものと考えればよい。65㎞/h以上の速度域になると、レーンキープアシストという「大雑把に車線の中央を走るような制御」をしてくれる。使ってると便利。ハンドルに軽く手を触れているだけで車線をキープしてくれるのだ。スバルのステレオカメラは非常に精度高く、情報処理能力も高い。

ACCで重要なのが前方の状況を入手する『目』と、それを判断する『頭脳』の性能。アイサイトは世界最高の自動ブレーキ性能を持つだけあり、とにかくレスポンスいい。また、カメラを使っているのに逆光も平気。大雨など悪天候時もミリ波レーダーと大差ない能力を発揮する。スバルのACCに慣れると、高速道路だけでなく一般道であっても、“なし”ではいられないカラダになってしまう。


レヴォーグ
の追従型クルコン……■センサー:ステレオカメラ ■渋滞追従機能:○ ■ステアリング制御:65km/h以上で介入

オデッセイのホンダセンシングは加減速に違和感

オデッセイやステップワゴンに採用されているミリ波レーダー+単眼カメラをセンサーとして使うホンダセンシングは今回テストしたなかでは残念な結果となった。距離を測るためのレーダー性能が非常にキビシイ。人間の視力で言えば、0.1くらいなのかと思う。距離が近くなると正確に測距できなくなり、誤作動を防ぐため車速30㎞/hを下回るとACC機能がカットされ、自動停止はしない。

また、先行車に接近していくときのブレーキも下手。先行車が普通に減速しているのに追突警報が出たりする。逆に先行車が普通に加速しても、まったく追いついていけない。この性能はACCとしてはやはりきびしい。自動ブレーキ機能のオマケくらいに思っておけばよい? 以上、同じ追従型クルコン=ACCでも性能的にまったく違うことを認識していただきたい。


オデッセイ
の追従型クルコン……■センサー:ミリ波レーダー&単眼カメラ ■渋滞追従機能:×(30km/h以上でないとクルコンは作動しない) ■ステアリング制御:なし(※レーン逸脱時は若干のアシストあり)

最新号

Boosterpackdepot最新号

さらばゴーン! どこへ行く? 日産 大特集|Boosterpackdepot 1月10日号

 いよいよ2018年は師走も中盤。12月10日に発売の「Boosterpackdepot」は、2019年1月10日号となる。そんな最新号では、来年登場が期待されるスモールカーの革命児、4台のスクープはもちろん、自動車業界内外で大きな話題となっている日産を大特集!…

カタログ

капельный полив

автоматический полив газона

система орошения