【速報】ついに誕生!! 表彰台へ!! ホンダF1 レッドブルと契約成立

  レッドブル・ホンダがついに正式決定だ! 2018年6月19日、ホンダは強豪F1チーム「レッドブル・レーシング」へ2019年シーズンから2年間、パワーユニットを供給することで合意したと発表。

 これまでBoosterpackdepotWebでも、この契約はすでに確実であると報じてきたが、今回の発表により、ホンダF1は現在パワーユニットを供給するトロロッソとレッドブルの2チームへ、来季からパワーユニットを供給することが正式に決まった。

文:BoosterpackdepotWeb編集部
Photo:Getty images/Red Bull Contente Pool


期間は2年! 契約内容のポイントは?

現在ホンダがパワーユニットを供給するトロロッソの前を走るレッドブルのマシン
現在ホンダがパワーユニットを供給するトロロッソの前を走るレッドブルのマシン

 今回、ホンダがF1のパワーユニット供給で合意したレッドブルはF1屈指の競合チーム。先日行われたF1モナコグランプリでも同チームのダニエル・リカルドが優勝を飾り、チームランキングでも3位につけている。

 今シーズンのF1には計10チームが参戦しているが、フェラーリ、メルセデスAMG、そしてレッドブルの「3強」は、飛びぬけた存在。チャンピオンシップ争いはフェラーリ、メルセデスを中心に展開するが、レッドブルもサーキットの特性によっては、その2チームを脅かす力を持つ。

 さて、今回ホンダF1とレッドブルが合意した契約期間は2年。現在、ホンダがパワーユニットを供給するトロロッソは、レッドブルの弟分チームで、これで2019年シーズンからトロロッソ、レッドブルの計2チームにパワーユニットを供給することが正式に決まった。

 ホンダの八郷隆弘代表取締役社長は「レッドブルとトロロッソ、両チームと強力なパートナーシップを築くことにより、我々の目標である勝利へさらに近づくことができると思っています」とコメントしている。

 それ以上に、この契約の“肝”を示すのが次のコメントだ。

 「2つのチームとホンダが対等となるパートナーシップの締結に際し、レッドブル・グループの我々に対するオープンかつ公平な姿勢に感謝しています」

 ホンダは2017年まで名門マクラーレンにパワーユニットを供給してきたが、今回発表された「対等」の2文字からは、マクラーレンとの間にはなかった、新たな強豪チームとの関係性をうかがわせる。  

第四期ホンダF1初の優勝に期待高まる

 2019年からレッドブルにパワーユニットを供給することで、第四期ホンダF1活動で初めての優勝も、いよいよ視野に入ってきたことは間違いない。

 ただし、懸念もある。レッドブルは現在ルノーからパワーユニットの供給を受けている。2010年から2013年にかけて4年連続でF1シリーズチャンピオンを獲得したのも「レッドブル・ルノー」時代だった。

 しかし、当時から現在に至るまで、レッドブルは度々パワーユニット供給主のルノーに性能面での“不満”を表明してきたという事実もある。

 こうした“懸念”を払拭する意味でも重要だったのが、先述した「対等」の2文字。新たなパートナーと、新たな関係を築き、ホンダは2019年からF1シーズンを戦う。関係者のコメントは以下のとおり。

■ホンダ 代表取締役社長 八郷隆弘氏のコメント

 「2018年シーズンからパートナーシップを開始したトロ・ロッソに加え、2019年からは新たなパートナーとして、アストンマーティン・レッドブル・レーシングを迎えることになりました。来季は2チームへPUを供給することで、より多くのデータ収集が可能となり、開発のスピードアップに繋げることができます。また、なによりもレッドブル・レーシング、トロ・ロッソ、両チームと強力なパートナーシップを築くことにより、我々の目標である勝利へさらに近づくことができると思っています。

 今回の契約は非常に短い期間で決定しましたが、2つのチームとHondaが対等となるパートナーシップの締結に際し、レッドブル・グループの我々に対するオープンかつ公平な姿勢に感謝しています。

 また、いつも熱い応援をいただいているファンの皆様には、我々の新たな挑戦にさらなるご声援をよろしくお願い申し上げます」

■レッドブル モータースポーツアドバイザー ヘルムート・マルコ氏のコメント

 「今回のレッドブル・グループとホンダのパートナーシップ締結は、レッドブル・テクノロジーにより統括される2つのF1チーム、レッドブル・レーシングとトロ・ロッソにとって、新たな時代の幕開けと言えます。

 また、ここまでホンダが見せてきた努力と進歩、そして我々とも通じる部分が多い勝利に対する信念は、素晴らしいものだと感じています。

 来季は3者が強く結びつく形でシーズンを戦うことになりますが、ホンダと一緒に仕事をすることを、非常に楽しみにしています」

■レッドブル・レーシング 代表 クリスチャン・ホーナー氏のコメント

 「今回締結したホンダとの2年契約は、レッドブル・レーシングにとって、チャンピオンシップタイトルの獲得に向けた、エキサイティングなステージの幕開けを意味しています。

 このような決断を下すとき、我々の判断基準は一つしかありません。『この決定がより高いレベルでのパフォーマンスに結びつくか否か』です。ここまで慎重に分析と検討を重ねてきましたが、今はホンダとのパートナーシップ締結こそがチームを正しい方向に導くものだと確信しています。

 ホンダが今年、我々の姉妹チームであるトロロッソと一緒に見せている進歩のスピードは印象的で、彼らがF1で目指しているゴールは、我々の目標と同じだとも感じています。来年Hondaと一緒に仕事ができることを非常に楽しみにしていますし、ともにF1の頂点を目指します」

 

◆レッドブル レーシング

 2004年までF1に参戦していたジャガーレーシングを、飲料メーカーのレッドブルが買い取り設立。2005年よりF1参戦を開始。2009年の中国グランプリでF1初優勝をあげ、2010年から2013年にかけて4年連続となるF1シリーズチャンピオン獲得。通算57勝(歴代6位)は、現役チームではフェラーリ、マクラーレン、ウィリアムズ、メルセデスに次ぐ優勝回数。

最新号

Boosterpackdepot最新号

【スクープ】日産&三菱から出る新車|Boosterpackdepot 6月10日号

 Boosterpackdepotの最新刊が本日発売! 令和初売りの今号は、スクープ班が独占入手した日産&三菱の新車情報を詳しく紹介。  このほか、日本のSUV&クロスオーバー全37モデル〇×評価など、注目車種の情報も盛りだくさんの内容でお送りする。 【スクープ…

カタログ

adulttorrent.org

www.agroxy.com

пластика носа киев цена