鈴鹿でのF1日本GPが30周年!! 皆勤賞カメラマンが語る鈴鹿F1名レース5選

 モータースポーツの最高峰F1が日本でも毎年開催されているが、日本グランプリとして定着したのは鈴鹿サーキットの存在が大きい。鈴鹿でF1が初開催されたのが1987年だから今年で30周年。そして鈴鹿でのF1日本グランプリは、今年で30回目の記念イヤーになる(’07~’08は富士スピードウェイにて開催)。

 そこで1987年から皆勤賞(1987年は観戦)で日本グランプリの撮影をしているカメラマン、池之平昌信氏に名レースを振り返ってもらった。どのお客さんよりも近くで闘いを見てきたカメラマンが選ぶ名レースはいかに!?

文/写真:池之平昌信


■F1日本グランプリ名レース ’80年代~’90年代編

 私イケノヒラがシティターボに車中泊して鈴鹿のF1日本グランプリを観戦した1987年から、あ~30年。自分の昔話をしたらキリがないので・・・皆勤賞カメラマン・イケノヒラが選ぶ名シーン、5グランプリは以下のとうりだ!

【1989セナ・プロ激突大波乱GP】
→この時代、マクラーレン・ホンダに在籍したアイルトン・セナとアラン・プロスト。1988年には16戦中15勝という最強時代を築いたタッグだったが、同年のポルトガルグランプリでセナがプロストに幅寄せしたことがキッカケで関係が悪化。最強タッグの歯車が徐々に狂い始めた(編集部)。

 F1って「負けず嫌い世界選手権」なんだね、と認識させられたレースだった。「あそこでしかけるしかなかった(アイルトン・セナ)」。それに対して「シケイン不通過だから失格にしてよ」とFIA(世界自動車連盟)の偉いヒト(J・M・バレストル)に告げ口したアラン・プロスト(フランス人どうし仲良しだった)。

セナが駆るマクラーレンMP4/5。チームメイトのプロストとの関係は最悪になってしまった
セナが駆るマクラーレンMP4/5。チームメイトのプロストとの関係は最悪になってしまった(写真提供:モビリティランド)

 もう単なるレーシングアクシデントではなくなり、失格裁定、控訴、抗議、再処分・・・とドロ沼化。政治的な大問題にまで発展した。さらにそれだけでハナシは収まらず、翌年の日本GPスタートの1コーナーで命をかけたような故意の激突事故にまで発展してしまう。

 シーズン終盤開催の日本GPは年間王者決定レースとなることも多い。それゆえの「大事件」だったのだ。

【1991 ありがとう中嶋さんGP】
→日本人としては初めてのフルタイムF1ドライバーとなった中嶋悟。雨天時のマシンコントロールの凄まじさから「雨の中嶋」の愛称もあり、粘り強い走りは「納豆走法」ともいわれている。1991年はすでに引退を決意しており、いわばこのレースが最後のF1日本グランプリとなった。その応援たるや凄まじいものに(編集部)。

 他国のGPに比べ、日本のF1ファンは、幅広く応援するのが特徴だと思う。観客席はフェラーリの旗やごひいき外国人ドライバーの国旗(フィンランド、ブラジル、英国など)多彩だ。優しい、おもてなしの心があるんだね? よって諸外国F1関係者からは高評価を得ている。

中嶋悟が乗ったブラウン・ティレル・ホンダ。観客席に多くの日の丸が見える
中嶋悟が乗ったブラウン・ティレル・ホンダ。観客席にも日の丸が見える

 しかし、この年ばかりは、PIAAの配った日の丸調のナカジマ応援旗がコースを埋め尽くした。中嶋悟さん(ティレル・ホンダ)の走行に沿ってコースサイドに歓声がこだまする。しかも毎ラップ。

 結局納豆走法むなしくサスペンショントラブルでリタイアという結果に終わり、歓声が悲鳴に変わったが、それも含めて14万人の観客!がひとつになれた貴重なGPだったと思う。

■2000年代は鈴鹿の評価がググっとあがった

【2000 シューマッハ ハッキネン激突GP】
→「皇帝」のイメージを確実なものにしたシューマッハ。それまで名門とはいえ沈んでいたフェラーリをまた表彰台の頂点に引きずりあげた張本人だ。そんなシューマッハが21年ぶりにフェラーリドライバーとしてドライバーズタイトルを獲得。2000年、鈴鹿での出来事だった(編集部)。

 この二人もセナ・プロ対決に負けないほどの好バトルを演じていた。マクラーレン・メルセデスのミカ・ハッキネンがいかにもフィンランド人らしい!ぶっ飛んだ走りをみせていた時代。それに対してミハエル・シューマッハはテクニックだけでなくアタマも使って緻密な作戦(参謀役はロス・ブラウン)を展開。

ロス・ブラウン(右)にシャンパンをかけるシューマッハ(中央)。左上のハッキネンのすっきりした表情もいい感じだ
フェラーリのチームスタッフにシャンパンをかける優勝したシューマッハ(中央)。よきライバル関係だったハッキネン(左)のすっきりした表情もいい感じだ

 見ごたえのあるレースが続いた。この日本GPでフェラーリのドライバーとして21年ぶりに年間王者の座についたシューマッハ。ここから彼とフェラーリの黄金時代が始まったのだ。ミゾつきのブリヂストンタイヤ(ワンメーク)時代もなつかしい!

【2012 12年ぶり!日の丸が揚がったGP】
→1990年代に全盛を誇ったF1人気も陰を潜めていた2012年。ファンは日本人ドライバーの小林可夢偉に夢を託していた。持ち前のドライビングで同年の日本グランプリ予選で4位を獲得。1990年の鈴木亜久里以来となる、日本グランプリでの日本人表彰台に期待がかかっていた(編集部)。

 雨と霧に悩まされ、大混乱となった富士スピードウェイでのF1開催(2007)。苦戦が続いたトヨタのF1活動(2002~2009)。リーマンショック。ホンダの一時F1撤退(2008)……、暗いニュースが続き日本GPの観客数も減少傾向。

 そういった流れを払拭してくれたのが、この年の小林可夢偉(ザウバー・メルセデス)の快走だろう。シーズン中からわりと調子よく、存在感をみせつけていたとはいえ、レース終盤は世界王者の経験もあるジェンソン・バトンと好バトル。

小林可夢偉(右)の快走で久しぶりに日本人が鈴鹿の表彰台に上がった
小林可夢偉(右)の快走で久しぶりに日本人が鈴鹿の表彰台に上がった。予選4位につけていた小林(3位のバトンのペナルティ降格で実質3位)がジェンソン・バトンとの3位争いのバトルを制して実力でつかみ取った表彰台だ

 「実力」で3位表彰台をもぎとった。ゴール後、おとなしいといわれる日本の観客も大興奮。「カムイコール」がグランドスタンドにこだましたのは記憶に新しい。

【2013 スズカサーキットは世界遺産にするべきだ!? GP】
→2013年は日本人レギュラードライバーの参戦がなく、日本グランプリの観客動員数はめっきり減ってしまった。開催権料の高騰や、不況などさまざまな要因で「2013年が最後の日本グランプリか!?」とウワサが立っていた。そんな心配は杞憂に終わったが、なぜか2013年の鈴鹿には「称賛」が溢れていた(編集部)。

 前年の小林可夢偉の快走むなしく、12年ぶりの日本人ドライバー不在の日本GPとなってしまった。観客数もさらに減少。レース展開としてもセバスチャン・ベッテルの独走に近く、盛り上がりには欠けたレースだったのかもしれない。

F1新時代の到来を予感させたレッドブルとベッテルの躍進。鈴鹿を走れる喜びを多くのドライバーが噛みしめてくれた年でもあった
F1新時代の到来を予感させたレッドブルとベッテル(中央)の躍進。鈴鹿を走れる喜びを多くのドライバーが噛みしめてくれた年でもあった

 しかし、今後の日本GP開催を危ぶんだわけではないだろうが、「スズカ・サイコー!」とコメントするドライバーが続出したのがこのGPだった。

「自然の起伏を利用した、魅力的なコース」
「ドライバーとして挑戦しがいがあるコーナーばかり」
「神の手によって作られたようなコースだ!」
「子供のころセナやプロストが闘ったこのコースを自分が走れるなんてアンビリーバボー」
「ラスト一周、トップで走っていたけど、まだまだ走り続けたくて残念だったよ」
「スズカの観客は温かく、礼儀正しくて最高だ」・・・・

 と、セバスチャン・ベッテル、ルイス・ハミルトン、キミ・ライコネンなどの名ドライバーたちが大絶賛の超べた褒め。いやはや、四半世紀以上続くとやはり伝説が伝説を呼ぶわけだね。

確かにお子さんやお孫さん連れのお客さんの姿も目立つようになってきているから、当然といえば当然か。暑からず寒からず、絶好の季節に行われる日本GP。客が減った?いやいや、この国で10万人以上が訪れるスポーツイベントが他にいくつあるだろうか?

コースオフィシャルをはじめすべてのスタッフがF1を開催できることを誇りに思っているのが鈴鹿だ。みんなで楽しもう、そんな雰囲気がスタッフからも漂っている
コースオフィシャルをはじめすべてのスタッフがF1を開催できることを誇りに思っているのが鈴鹿だ。みんなで楽しもう、そんな雰囲気がスタッフからも漂っている

 我々レースファンにはこの素晴らしい世界的なレースを永久に?残していく使命があると思う。よーし、こうなったら、イケノヒラも車イスに頼る年齢になっても、たとえベットで寝たきりになっても、死ぬまで日本GPに通い続けるぞ!

 今年の日本GPは、10月5日から7日まで。皆さんスズカでお会いしましょう!

最新号

Boosterpackdepot最新号

国産8メーカー 2020年までの新車スケジュール Boosterpackdepot9月10日号

 自動車総合誌「Boosterpackdepot」最新号が、2018年8月10日に発売。今号の巻頭では、2020年までに登場する国産8メーカーのニューカースケジュールを完全網羅。また大人気、ジムニーとN-VANの試乗記も掲載している。内容盛りだくさんの9月10日…

カタログ