Notice: Undefined index: HTTP_ACCEPT_LANGUAGE in /var/www/html/core/core.php on line 325
シューマッハにヒント!? 日本人F1ドライバーがなかなか生まれないのは実力以外に理由あり? | 自動車情報誌「Boosterpackdepot」- boosterpackdepot.info

シューマッハにヒント!? 日本人F1ドライバーがなかなか生まれないのは実力以外に理由あり?

 2017年のF1も残すところあと1戦。日本勢では、ホンダが復帰3年目を奮闘中だ。いっぽう日本人F1ドライバーは2014年の小林可夢偉以来途絶え、2018年も誕生の可能性は低い。F1には過去に多くの日本人ドライバーがいた。中嶋悟に始まり鈴木亜久里、片山右京、中野信治、高木虎之介、佐藤琢磨、中嶋一貴、小林可夢偉……彼らはそれなりの活躍をして、充分にF1ドライバーの才能を発揮していた。しかし、ほぼ全てのドライバーが志半ばで、F1を去ってしまった。

 野球やスケート、卓球など多くのスポーツで若い日本人スターが世界を舞台に活躍している。数多くの才能ある日本人ドライバーがF1を走りながらも、その実績をF1史に残してゆけなかったのはなぜだろうか。そして、ホンダやトヨタなど日本メーカー系チーム以外でなかなか走れないのはなぜだろうか。

文:津川哲夫/photo:INDY CAR


実力充分でもメーカーの力に左右される日本人ドライバー

トヨタからF1デビューし、トヨタ撤退後はザウバーで3位表彰台を獲得しながら、2014年を最後にF1から去った小林可夢偉
トヨタからF1デビューし、トヨタ撤退後はザウバーで3位表彰台を獲得しながら、2014年を最後にF1から去った小林可夢偉。photo/sauber F1

 簡単に答えられる問題ではないが、一つには日本人ドライバーの多くが「自力でF1に行こう」としないことが大きいのでは? 確かに小林、佐藤はヨーロッパで戦い実績を上げ、言わば行くべくしてF1に到達しているが、多くはメーカー等のバックアップがあって、むしろメーカーの意向で『F1に来てしまった』と言うのも事実だ。

 日本では昔からメーカーの力が実に大きく、メーカーの力なくしてはとてもF1に向かう資金も援助も受けられないのが本当のところ。大企業もモータースポーツでのスポンサー活動にはほとんど興味を示さない。

 モータースポーツ自体は未だに日本での市民権がないといって良いだろう。現実に国や警察がモータースポーツをスポーツとして認めない限り、日本にはトップドライバーの育つ土壌がないということになってしまう。

 また、自動車メーカーもドライバーには寛容にはならず、多くは自分達のメーカーに閉じこめて、トップドライバーへの可能性を引き倒してしまう。チャンスを与えているようで、実は才能の多くを潰してしまう形になるのだ。

 メーカーを飛び出すドライバーには厳しく当たり、他陣営のドライバーには冷たく、言うことを聞くドライバーは自分達の陣営の懐に隠し、羽ばたくのを押さえつけてしまう。

メーカーの枠を越え活躍したシューマッハ

シューマッハが被るキャップの「ドイチェ・フェルメーゲンスベラトゥン」はドイツの投資会社で長年彼をサポート。自動車関連企業もトップドライバーを積極的に支援する。photo/Ferrari
シューマッハが被るキャップの「ドイチェ・フェルメーゲンスベラトゥン」はドイツの投資会社で長年彼をサポート。海外では自動車以外の企業も自国のF1ドライバーを積極的に支援。photo/Ferrari

 ミハエル・シューマッハはメルセデスのサポートを受けながら、フォードそしてルノー陣営でチャンピオンを獲得し、フェラーリで黄金期を作ったが、結局メルセデスチームの創成期にチームに戻りしっかりとお礼奉公をしている。BMWもセバスチャン・ベッテルと契約を持っていながら、レッドブルに契約を貸し出している。

 彼らは育てたドライバーを修業に出すことを厭わない。それが将来、自チームに帰還し役立つ事を念頭に入れ、ドライバー育成を長い目で見ているのだ。実はこんな日本と西欧とのカルチャーの違いが真の国際的ドライバーの誕生を遮っていると思うのだ。

 F1ドライバーは数多い。しかしその中でF1グランプリでの表彰台を経験した者となると極めて少なく、F1に登場した数多くのドライバーは表彰台に近づく事も出来ず、その多くは1ポイントも取れずにF1を去っている。

 しかし、日本人は小林可夢偉、佐藤琢磨、鈴木亜久里の表彰台を含めて、多くのポイントを獲得してきた。ドライビングが上手くなければ、例え偶然でも到達できないのが入賞だ。これだけでも日本人ドライバーの優秀さに疑いの余地はない。

 折角のパフォーマンスもメーカーが絡んだ時点で彼らを見つめる目にはメーカー色のフィルターが掛けられてしまう。本当はそれでも修業に出すのが真のドライバー育成なのだが、日本のカルチャーはこれを認めず、結局は日本に戻す、あるいはドライバー自ら戻ってしまいF1人生を終えてしまう。

日本人F1ドライバーに求められる自力で這い上がる力

8月にザウバーでテストを行った松下信治。ホンダとザウバーの提携白紙もあり、F1進出は実現しなかったが、日本人で最もF1に近い存在
ホンダの支援を受け、8月にザウバーでテストを行った松下信治。ホンダとザウバーの提携白紙もあり、F1進出は実現しなかったが、日本人で最もF1に近い存在だ。photo/sauber F1

 F1は欧州から生まれた国際競技、国境のない世界選手権。これを走るドライバーは国際級のアスリート。メーカーが“タニマチ”になってしまい、それも贔屓の引き倒しに近い行為を行う。これでは過去も現在もこれからも国際級トップドライバーは現れない。

 若いドライバーの多くは海外に打って出る資金もなければ、多くは意思さえなく、メーカーのドライバーというポジションを器用にこなすことに明け暮れる。大志を抱かず、国内向きにしか物事を考えない。

 これでは将来にトップドライバーが出てくるとは思えない。願わくは欧州武者修業から始めて、自力でF1にはい上がるドライバーに出てきて欲しいが・・・これは少々高望み?

最新号

Boosterpackdepot最新号

Boosterpackdepot 10月10日号 スバル・ミドシップスポーツの真偽に迫る!

 毎月10日と26日に発売される自動車総合誌「Boosterpackdepot」の最新号が本日発売! 今号の巻頭スクープは衝撃情報の真偽を追跡。その衝撃情報とは、なんとスバルからミドシップスポーツが市販されるというもの。本誌スクープ班が総力をあげてその情報の核心…

カタログ