トヨタ 2勝目!! 距離感が近い!?WRCが10倍面白くなる3大ポイント

WRC(世界ラリー選手権)第9戦ラリー・フィンランドで、トヨタがシーズン2勝目をマーク!! 若手のエサペッカ・ラッピが初優勝し、ベテランのユホ・ハンニネンが3位に入るなど、トヨタのフィンランド人選手ふたりが表彰台に立ったことで、現地は大変な盛りあがりだった。トヨタの活躍でにわかに注目が集まるWRCってそもそも何が面白いのか? その根源はその“距離の近さ”にあった!!

文:古賀敬介 Keisuke Koga、編集部/写真:TOYOTA、Red bull


ドリフト、ジャンプ…レースにないビッグアクションが凄い!!

フィンランドでWRCは非常に人気が高いが、それもコースに行って実際に自分の目でラリーを見れば「なるほど」となる。

WRCの魅力をもし3つ挙げるとすると、それは「レースにはないビッグアクション」、「車や選手との距離の近さ」、「同時にアウトドアも楽しめる」といったところだろうか。

まず、レースにはないビッグアクションだが、ドリフト、ジャンプ、水しぶきはWRCの三大チャームポイント。例えばフィンランドでは、滑りやすい砂利道を、時速150キロぐらいでドリフトして走る。

道はサーキットのように平坦ではなく、すぐ両脇には木々が迫っているからエスケープゾーンは皆無。そんなおっかない道を、トップドライバーたちは針に糸を通すような精度の高いドリフトで駆け抜けていく。

しかも、WRCマシンのトップモデルであるWRカーは4WDで路面を捉える力が非常に高いため、ドリフトアングルが非常に深く、ドリフト中も高い速度が維持される。「何でこんなに高い速度で砂利道を走れるのだろうか」と、初めて見た人は間違いなく驚くはずだ。

コーナー入り口付近で真横を向くヤリスWRC。400psに迫るモンスターマシンの豪快なドリフトはWRCの醍醐味だ

ジャンプもビックリ仰天だ。今年のラリー・フィンランドで、有名なオウニンポウヤのジャンプをもっとも長く飛んだ選手の飛距離は、なんと50mだった。50mというとオリンピックのプール、あるいは新幹線2両分の長さに匹敵する距離。それをクルマが軽々と飛んでしまうのだから、ちょっとおかしい。

高さだってジャンプによっては3mぐらいまでいき、家の2階ぐらいのところをビューンと飛んでいく。とにかく、実際に見たら、そのあまりの迫力にポカンと口が開いたままになるだろう。

シトロエン C3 WRCのジャンプ。この写真だけでもド迫力だが、これだけ近い位置から観戦すれば、マシンが過ぎ去る『風』や『音』が臨場感をさらに加速させる

水しぶき=ウォータースプラッシュは、フィンランドではあまりお目にかかれないが、アルゼンチンなどのラリーでは、1本のコースの中で10回以不も川の中を突っ切る。

水深が深い川も多く、アクセル全開で川に突入すると派手に水しぶきが不がり、水圧でクルマのバンパーが外れることもあるぐらいだ。

そして、水しぶきで前が見えなくなっても、選手たちは構わずアクセルを踏み続ける。ドリフトしながら川を渡るようなシーンもあり、まるでボートレースみたいだ。

こちらは2017年のラリー・アルゼンティーナのひとコマ。チャンピオンのセバスチャン・オジェが駆るフィエスタWRCは豪快な水しぶきをあげながらコースをゆく

手を伸ばせば届く!? WRCの驚くべき距離の近さ

このように、WRCを頂点とするラリーでは、サーキットでまずお目にかかれないようなビッグアクションがそこらじゅうで楽しめる。しかも、そのアクションを、開催国によっては非常に近い位置で見ることができるのがWRCならではの魅力。

例えば、フィンランドの件の50mジャンプでは、コースから10mも離れていないようなところでジャンプを見物できる。着地した瞬間は、大げさではなく地面が揺れるのが分かるほどだ。そして、車がはね飛ばした砂利が飛んでくることだってある。未舗装路のラリーでは砂煙もすごくて、お相撲でいうところの砂かぶり席状態。

なかには、手を伸ばせば車に触れるぐらい近い距離で観戦できるラリーもあり、良くも悪くも車との距離は近い。安全性という意味ではサーキットよりも劣るが、その分だけ迫力は感じられる。

ヒュンダイのマシンに身を乗り出して声援を送るファン。これだけ観客と競技者が近いスポーツもなかなかない!!

車だけでなく、選手と間近で触れ合えるのもWRCのよさだ。

F1などサーキットレースと比べると選手もみなフレンドリーで、車を整備するための、サービスパークと呼ばれる場所に行けば、ラリーの間でも一緒に写真を撮ったり、サインをもらったりすることができる。

見に来てくれたファンを大事にしようというホスピタリティ精神はWRCの伝統で、どんな偉大なチャンピオンだってお高くとまっていない。ヒトもまた、WRCというスポーツの魅力なのだ。

こちらはサービスパークの様子。マシン整備の様子は目の鼻の先で見る事ができ、ドライバーも気さくにファンに対応してくれるのだ

『自然に囲まれたWRC』楽しみ方は人それぞれ!!

最後に、アウトドアも楽しめるという点だが、WRCのコースは山や森、草原が舞台となるため、とにかく解放感満点。

お客さんたちも、ただ単に車の走りを見るだけでなく、好きな飲み物や食べ物を持参してハイキング気分を満喫している。コースサイドにテントを建ててバーベキューをやったり、お酒で大盛り不がりしている本格派も多い。

彼らはラリーの前の日から野外パーティーを始めて、車が来るころにはテンションマックス。中には、酔いつぶれてクルマが来ても起きないような御仁もいる。

いったい何にしに来たの? と聞きたくなるが、まあみんなWRCをネタに、それぞれイロイロな楽しみかたをしている。ハイキングやバーベキューのついでに、ラリーを見ているような感じの人も少なくない。

キャンプ気分で楽しむ観客も多数!! 超一流選手たちの競争ではあるものの、大自然に囲まれ、ちょっと温かい雰囲気がある。それがWRCならではの魅力なのかもしれない

このように、WRCの魅力は、派手なアクションを間近で、そして自由なスタイルで楽しめるという点にある。

ルールなんて分からなくとも、ただ目の前で起こっているコトを楽しめばいいのだ。だから、日本でWRCをテレビで見る時も、おいしい飲み物や食べ物を口に運びながら、リラックスして見てはいかがだろうか?

きっと、WRCの自由な雰囲気の一端を感じられるはずだ。

■4メーカーが鎬を削る WRCの勢力図

2017年にトヨタが復帰したWRCだが、現在はヒュンダイ、シトロエン、フォード(Mスポーツ)の4メーカーが鎬を削っている。フォードに関しては、Mスポーツという英国のラリーチームが主体の“セミワークス”体制。トヨタはヤリス(日本名ヴィッツ)、ヒュンダイはi20、シトロエンはC3、フォードはフィエスタをベースとしながら市販車とは一線を画す専用マシンで戦っている。

年間のポイントランキングは以下のとおり。トヨタの更なる活躍に期待だ!!

■WRC マニュファクチャラーランキング 

順位 チーム ポイント
1位 Mスポーツ 285pts
2位 ヒュンダイ 251pts
3位 トヨタ 193pts
4位 シトロエン 135pts

※ポイントは第9戦終了時点

最新号

Boosterpackdepot最新号

新型MIRAI&ノア/ヴォクシー重要情報入手!!|Boosterpackdepot8月10日号

 Boosterpackdepotの最新刊が本日発売! 最新号では、新型MIRAI&ノア/ヴォクシーの重要情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、GT-R2020年モデル祭り!、NEWタント&タントカスタム正式デビューともに、注…

カタログ

http://xn--e1agzba9f.com

baden-medservice.ru