津川哲夫のF1今昔物語〈後編〉「現代F1のメカニックはドライバーと話さない」

 1990年までベネトンでメカニックを務めた日本人F1メカニックの第一人者、津川哲夫氏が、現場の人間にしか知り得ないF1メカニックの今と昔を語る。

〈前編〉では、現代のF1メカニックはほとんどの作業をコンピュータ相手に行うようになり、チームの規模も1990年代とは比べものにならないほど大きくなったことを書いた。

〈後編〉の今回は、仕事内容とともに変わりゆくF1メカニックのメンタリティ、そしてドライバーとの人間関係に焦点を当てる。

文:津川哲夫/写真:Boosterpackdepot編集部、RedBull
Boosterpackdepot2016年2月26日号


昔のF1メカニックは整備士であって、アッセンブラーではなかった

 究極のテクノロジーを駆使する近代F1。複雑に入り組んだ最新技術はマシンを走らせるスタッフ達に専門的な知識を要求し、1000分の1秒を争うためにはその専門家集団が如何に不備なく完璧性を保つかが要となっている。

 したがって、各部門に特化した専門家達が集まり、スタッフの仕事はその専門分野ごとに実に細かく分業化されてきた。

 もちろん僕の昔の職業であったメカニックも、複雑で大量の仕事をこなすには、この分業化が必要不可欠で、メカニック達に大きな変化を要求してきた。

 このメカニックのあり方の変化は、技術ばかりでなくメンタリティーでの変化も強要したのだ。

 遠い昔、メカニックは車体すべて、多くの場合、車体をはみ出してまで多くの仕事をこなしてきたものだ。まだ僅かな人数の作業で仕事が賄えた時代である。

 マシンごとにたった2人や3人のメカニックですべてをこなしていた。当時のメカニックは、現在では細かく分業化されている職種のほぼすべてを担っていたのだ。

 したがって、ベテランメカニック達はF1マシン全域を把握し理解していた。もちろん、各部の専門家には及ばないものの、少なくとも目の前のマシンを、自分の持つすべての知識を駆使して走らせることができた。

 F1マシンを俯瞰して見つめ、その細部を把握することがメカニックの仕事であり、能力の判断材料であった。当時のメカニックは“整備士”であって、(予め組み立てられたパーツ一式を交換する)“アッセンブラー”ではなかった。

 もちろん専門家ではないので、各部の専門家に任さねばならないことも多々あるのだが、トラブルを発見するノウハウや、メカニックの立場として問題点を専門家やエンジニア達と対等にディスカッションできるノウハウと技術が要求されていた時代であった。

 ディスカッションはエンジニアやドライバーとも当然のように行われていた。

写真は2016年のレッドブルチーム。現代のF1チームは、1990年代初頭とは比べものにならないほど多くのスタッフを抱えている。そして、ドライバーと話せるのは一部のエンジニアのみ。メカニックが直接ドライバーと話す機会はほとんどなくなってしまった

近代化されたF1。失ったのは「思いやり」

 現在ではエンジニアとドライバー間でのブリーフィングで作業内容が検討され、それがジョブリストとしてメカニックへ渡され、文章化された作業内容と作業方法を元にメカニックが作業を行うのが普通だ。

 変更、パーツ交換、セッティング内容などがリスト化され、それに準じて配給されたパーツを交換しアジャストするのが、現在のメカニックの仕事。

 修理ではなく交換が主体、つまり“アッセンブラー”としての仕事が、多くの部分を占めている。

 システム化された現在のチーム内作業環境は、人間関係にも大きく影響している。

 僕らの時代(もちろんセナやピケの時代の話だが)、ドライバーとメカニックは、チームメートとしての関わりを持っていた。

 お互いのディスカッションは当然で、多くの場合、仕事外でも友人関係に進展することも多々あった。

 メカニックはドライバーを、ドライバーはメカニックを、自分の仲間として扱い、そんな関係が持てた時代だったのだ。

 しかし、現在ではごく一部のスタッフしかドライバーとの会話はなく、シーズン中ひと言も交わさないスタッフさえ多くいるのが現実だ。

 昔、F1チームではドライバーやメカニックを含め、チーム全体でお互いを思いやっていた。いや、思いやることができた時代であった。

 近代化された凄まじいテクノロジーと、世界企業とのコラボで巨大なF1経済を作り上げた現在のF1レーシング……この成功の代償は、もしかすると薄れゆく、この思いやりだったのかもしれない。〈完〉

津川哲夫
1949年生まれ、東京都出身。1976年に日本初開催となった富士スピードウェイでのF1を観戦。そして、F1メカニックを志し、単身渡英。
1978年にはサーティスのメカニックとなり、以後数々のチームを渡り歩いた。ベネトン在籍時代の1990年をもってF1メカニックを引退。日本人F1メカニックのパイオニアとして道を切り開いた。
F1メカニック引退後は、F1ジャーナリストに転身。技術者としてF1を経験した実績を生かし、『Boosterpackdepot』などに寄稿。主な著書は『F1グランプリボーイズ』(三推社・講談社発行)

最新号

Boosterpackdepot最新号

トヨタ エスティマの大進化|Boosterpackdepot4月10日号

 Boosterpackdepotの最新刊が本日発売! 最新号では、エスティマが2021年にミニバン市場に参戦決定の情報を入手した。エスティマの開発は中断という情報が出たが、次世代の新たなモビリティとして絶賛開発中ということだった!!  今月開催されたジュネーブ…

カタログ

baden-medservice.com

https://designedby3d.com

designedby3d.com