小川直也の「男気」クルマ選び!! ミドルクラスミニバン一気試乗!!

小川直也の「男気」クルマ選び!! ミドルクラスミニバン一気試乗!!

 歴代スカイラインGT-Rをこよなく愛し、そのうち何台かを所有するなど、かなり「ど真ん中」なクルマ好きの小川直也氏。「暴走王」に試乗をお願いするのはかなりのチャレンジでしたが、何度か誌面には登場済み。毎回クルマ好きとしてきっちりいい感想をいただけるのです。

 今回はそんな小川直也氏に、話題の新型ミニバン・セレナe-POWERとそのライバル、ステップワゴンスパーダ&ノアハイブリッドを中心に試乗をお願いしました。どれが一番気に入ったかというと、意外や意外、飛び入りのあのクルマに……?

文:小川直也、Boosterpackdepot編集部
Boosterpackdepot2018年5月10日号より


■まずは話題の日産セレナe-POWER試乗

 おれは茅ヶ崎の小川道場で子どもたちに柔道を教えているが、その時の送迎車はハイエース・コミューター15人乗り。マイクロバスみたいなヤツだけど、あれに乗っているからミニバンの乗り味にはうるさいぜ。

 でかい男にはでかい男の理屈があって、スライドドアの乗り込みやサードシートの居住性、ドライビングポジションなど普通じゃないところを見せてやろうじゃないか。

セレナe-POWERに試乗。ワンペダルの乗り味に感激しておりました
セレナe-POWERに試乗。ワンペダルの乗り味に感激しておりました

 一番興味があったのはセレナe-POWER。3気筒1.2Lにモーターを組み合わせたモデルだというけれど、しっかり走るのか? そこを確認したかった。

 チルト&テレスコでポジションを合わせる。

 俺の場合テレスコの付かないクルマはアウト。シートを一番後に下げても足がコンソールに当たってしまうので、しっかりしたポジションが取れないんだ。俺のポジションで女性が乗ったらステアリングにもアクセルにもまったく〝ノータッチ〟だと思う。

乗り味もいいがガラスハッチなど細かい使い勝手もいいセレナ
乗り味もいいがガラスハッチなど細かい使い勝手もいいセレナ

 走り出したとたん「お~お~、こりゃおもしれぇ」とおもわず叫んでしまった。「ワンペダル」の強烈な加減速はクルマ好きのツボに刺さるね。

心配していた加速も、なるほどエンジンがモーターの発電に使われるとわかって納得。エンジンが回るとちょっとうるさいけれど、ワンペダルの加減速のほうに夢中になって気にならない。

 ただし、ドライバーはいいけれど、乗せられているほうは、強烈な加減速に酔っちゃいそう。もちろん加減すればいいけれど。

■続いて新型ステップワゴンはどうか

 続いて乗ったのはステップワゴンスパーダハイブリッド。

 横開きのリアドアがかっこ悪いという人もいるが、俺はいいと思う。でかい男にとってサードシートは苦手な空間だが、後ろのドアから乗り降りできるのは便利このうえない。そのぶん少しバックドアの重量があり、上に開けようとすると重いと感じるかもしれない。もちろん俺なら指一本で開けられるが……。

ステップワゴンスパーダハイブリッド。力強さならこれが一番か
ステップワゴンスパーダハイブリッド。走行性能の力強さならこれが一番か

 そして走りのほうは高級感たっぷり。ギャップの乗り越えでも乗り心地はフラットでサスペンションがよく動いている感じ。セレナe-POWERよりも気持ちいいけれど、価格が400万円近いのはどうなのよ? 

■販売台数ならトップのノアハイブリッドSi

 3台目はノアハイブリッド。

 ドライビングポジションは悪くないけれど、インテリアが正直すぎてつまらない。セレナやステップワゴンは視線が移動しにくい位置にレイアウトされたデジタルメーターなのに対し、こちらは通常の位置にあるアナログメーター。好みはあるけれど、ミニバンも長距離乗ると集中力が落ちたりするので、デジタル表示のほうがいいのかもしれない。

ノアハイブリッド。いい具合にまとまっているが、ちょっともの足りない
ノアハイブリッド。いい具合にまとまっているが、ちょっともの足りない

 走りのほうはいたって普通、というか先の2台に比べてパワー不足。燃費重視のハイブリッドなのだろうけれど、パンチがない。俺みたいなのが6人乗ると箱根の山を上る時の加速はどうなるのか? 余計なお世話だが心配になった。

■三列目までしっかり座ってチェック

 さて気になるサードシートチェックだが、たまたま取材地の富士スピードウェイに遊びにきていた静岡県の海野彪真くんにも手伝ってもらった。今度中学生になるというが147cm、52kgとなかなかの体型。体格を見込んで柔道をやろうとスカウトしたが断られた。卓球好きらしい。張本人気恐るべし。

海野くんと並んで3列目シートも座ってチェック
海野くんと並んで3列目シートも座ってチェック

 3台のなかで唯一床下収納できるステップワゴンはシートの厚みが少ないぶん快適性は落ちる。ただし、サードシートの収納はワンタッチ。

 ノアとセレナはともにハネ上げ式で座面の厚みもあって快適さはほぼ互角。ノアのほうがサードシートの固定は簡単な印象だがセレナはフットペダルでセカンドシートが前にスライドでき、ガラスハッチを採用するなど芸の細かさでは一枚上か。

ステップワゴンはリアドアからも乗り降り可能。これは便利だ
ステップワゴンはリアドアからも乗り降り可能。これは便利だ

 結論をいうと自分が運転するならセレナe-POWER、家族で乗る機会が多い人にはステップワゴン、燃費が気になるならノアだ。

※小川直也の満足度…セレナe-POWER 85点/ステップワゴンスパーダハイブリッド 80点/ノアハイブリッドSi 75点

■新型ハイラックスにも興味津々

 普段の足はCX-5の後期型ディーゼル。トルクがあって柔道仲間を乗せて箱根を走っても力不足は感じない。

 ハイラックスはどうだろう? 乗用車と比べるとさすがに振動や騒音は大きいが、ピックアップで音が静かなのは逆にヘン。

2017年9月より日本市場でも復活販売されたトヨタ新型ハイラックス
2017年9月より日本市場でも復活販売されたトヨタ新型ハイラックス

 リアが板バネのサスペンションもダブルキャブなのに500kgも積めることを考えれば納得。俺の周りじゃ体重100kg、120kgは当たり前。もちろん荷台に乗るわけじゃないが、最大積載量500kgは安心感がある。

 乗り心地も昔乗っていた初代ビッグホーンの荒々しさにくらべると物足りないくらい。アメリカじゃNASCARにフルサイズピックアップのタンドラが参戦して人気を集めているけど、日本人も細かいことにこだわらず、ピックアップを愛車にすると人生変わると思うよ。

 特に100kgオーバーのビッグマンにはオススメ。テンガロンハットでも被って乗れば「ハンサム」に見えるはず。新車じゃなくて、錆だらけになった時にハイラックスはいい味出すと思うな。田舎暮らしでも始めた時には重宝しそうで1台欲しいね。

※小川直也の満足度…ハイラックス 85点

■お客さんの愛車スターレットを交渉してその場で試乗

 富士スピードウェイのドリフトコースで試乗していたら懐かしのEP71〝かっとび〟スターレットを発見! しかも〝韋駄天〟ターボならぬ「Si」12バルブ仕様。こいつを拝めるとは望外の幸せ。しかも、外観ほぼノーマルに思わず「乗せてくれ!」と直談判。

まさかの
まさかの「その場で頼み込み試乗」。めちゃくちゃ狭いがめちゃくちゃ楽しい

 オーナーは優しそうな方で、助手席には俺の子ども時代を思い出させるぽっちゃり体型の男の子。

 「あ、ゲイノウジン、ゲイノウジン……。う~ん」とうなるばかり。俺もたいして有名じゃないなと思ったら、いきなり「最初はグー!」と挑んでくる。そうなれば、子ども相手でも容赦はしねえ。「男気じゃんけん」の最終勝者として完膚無きまで叩きのめすまで。大人げないといわれようが、3戦3勝してやったぜ。

いきなり「男気じゃんけん」を仕掛けられても、快く受ける小川氏。さすがだ
いきなり「男気じゃんけん」を仕掛けられても、快く受ける小川氏。さすがだ

 昭和60年、1985年製というから33年前のクルマだけど、大事に乗っているだけあってシートもしっかりしていて驚くほど。ただし、193cmの俺が乗ると座敷に入るように身をかがめなければならない。サンルーフがあって、しめたとばかりに開けると目がルーフの上に出て、視界良好。潜望鏡のようで、すれ違うクルマのドライバーを驚かせてしまいそうだが、俺としてもなかなか新鮮だった。

普通に乗ると、サンルーフから頭が出てしまう。ぐぬぬ
普通に乗ると、サンルーフから頭が出てしまう。ぐぬぬ

 乗り味はダンパーもへたっていないし、車重たった730kgという軽さもあってポニーの全力疾走という感じ。重ステだけど、俺的にはまったく問題ない。絶対的な速さはないけれど、速いと思わせる。現代のクルマは剛性感やハンドリング云々とうるさいけれど、この軽さこそが今のクルマにない味を生むことを思い知らされた。大満足だ!!

※小川直也の満足度…スターレットSi(1985年式)100点

最新号

Boosterpackdepot最新号

ジムニー 20年ぶりの革新! Boosterpackdepot8月10日号

 スズキが誇る日本の名車、ジムニーがついにフルモデルチェンジを敢行! 7月10日発売のBoosterpackdepot最新号では、その新型ジムニーにいち早く試乗し、隈なくチェック。さらに、巻頭スクープではトヨタのスポ...

カタログ