市販化熱望! 『グランツーリスモSport』で乗れる幻の超スポーツカー8選

■『グランツーリスモ』というドライブゲームの最高峰

 BoosterpackdepotWebをご覧の皆さんなら『グランツーリスモ』という名前を一度くらいは耳にしているはず。そう、ソニー・インタラクティブエンタテインメントが発売するプレイステーション向けドライビングシミュレーターのことだ。

 1997年に登場した第1作以来、リアルな挙動表現と誰もが憧れるクルマの収録にこだわり、いまや日本はもちろん、全世界で圧倒的な支持を集める最強の「カーゲー」だ。

 その最新作が、昨年10月に発売された『グランツーリスモSPORT』(プレイステーション4対応)。「スポーツ」を名乗るだけあって、その中身はモータースポーツがひとつの柱となっており、ゲームを通じてFIA(世界自動車連盟)公認の世界選手権へ参加できたり、F1王者ルイス・ハミルトンのオリジナル映像が見られたりと、近年曲がり角に差しかかっているモータースポーツの新たな可能性を探るタイトルとなっている。

 こう書くと「なんだ、運転のうまい人向けのマニアックなゲームじゃん」と思われるかもしれないが答えはノー。ドライビングを基本から学べるスクールが用意されていたり、クルマの歴史がたどれるミュージアムが楽しめたりと、あらゆるクルマ好きを満足させるための機能が備わっている。

 中でも絶大な人気を誇るのが「リバリーエディター」。これはクルマをペイントしたり、イラストや文字を描いて自分だけのカスタムカーが作れる機能で、完成したクルマは写真に撮ってSNSにアップロードすることができる。いまや世界中に「リバリー職人」と呼ばれるプロ級モデラーがおり、インスタグラムやツィッターは、彼らが作りだした驚異的な作品で賑わっている。

 4K、HDR、60fps、ワイドカラーといった最新の映像テクノロジーにも対応している点も『グランツーリスモSPORT』のすごいところ。

 その表現力はテレビ放送のクオリティをはるかに凌ぎ、ゲームを放置してデモ映像を眺めているだけでも、美しさにみとれてしまう。3Dにも対応しており、PS VRを用意すれば、本物のドライビングシートに座っているような360度全方位の3D空間で運転が楽しめる。

■「ビジョン グランツーリスモ」とは?

 とまあ、楽しいことずくめのグランツーリスモなのだが、最近はゲームとは無縁のクルマ好きにまで話題を提供するようになってきた。それが「ビジョン グランツーリスモ」というプロジェクトだ。

 このプロジェクト、もともとはグランツーリスモ誕生15周年を記念した始まったもので、世界中の自動車メーカーが自らの理想とするスポーツカーを作り、グランツーリスモを通じて発表しましょうという試み。これまでにメルセデス・ベンツやBMW、フォルクスワーゲンを始め、トヨタ、日産、ホンダといった日本車メーカーもこぞって参加し、独自のビジョン グランツーリスモを発表してきた。その数は現時点で全28モデルにのぼる。

 いや、これが単なるコンセプトカーのお祭りであれば、注目されることはない。重要なのは、続々と登場するビジョン グランツーリスモが、各社がこれから市販をもくろむ現実のスポーツカーのプロトタイプ的意味合いを帯びていることだ。

 そのいい例が、トヨタが2014年に発表した「FT-1 ビジョン グランツーリスモ」。このクルマの詳細は後述するが、今年3月にジュネーブショーで発表されたGRスープラ レーシングコンセプトに驚くほど似ている。

 またBoosterpackdepotWebでも報じた通り、昨年11月に姿を現した「ホンダ スポーツ ビジョン グランツーリスモ」は次期型S2000のスタディという情報があり、こちらもホンダのスポーツカー戦略を占う重要な1台となっている。

 バーチャルとリアルの境目が消失しつつある現在、ビジョン グランツーリスモの動向は無視できない。

 そこで、これまでに発表されてきたラインナップの中から、注目すべきビジョン グランツーリスモたちを紹介しよう。
※画像 Sony Interactive Entertainment Inc.

■ホンダ スポーツ ビジョン グランツーリスモ

 2017年11月発表。かねてから噂されてきた次期型S2000の予想イラストに酷似しており、自動車メディアを仰天させた1台。

 ホンダのデザイン思想である「ヒューマン・センター・デザイン」に基づき、市販車と変わらぬ開発過程を経て生まれたモデルで、2L・VTECターボエンジンをミッドシップに搭載し、410psをたたき出す。トランスミッションは8速デュアルクラッチ式、カーボンを多用したボディは899kgと極めて軽い。

 みるからに空力性能の高そうなボディは、実際の風洞実験を経て形作られたという。ボディはもちろん、アンダーフロア、室内やエンジンルーム内の流速、排気にいたるまで、理想的な空力処理が施されている。もう、このまま明日にでも発売してほしいモデルだ。

■レクサス LF-LC GT “Vision Gran Turismo”

 2015年3月登場。スーパーGTやFIA GT3カテゴリーなど、モータースポーツに積極的なレクサスが送り出したビジョン グランツーリスモ。スーパーGTはもちろん、ニュルブルクリンク24時間レースへの参戦も想定して作られたという。

ベースとなったモデルは、ラグジュアリークーペコンセプトのLF-LC。2012年のデトロイトモーターショーで発表されたレクサスの未来に向けてのスタディモデルで、アメリカのCALTY DESIGNが手がけたエクステリアには、ジェット機のアフターバーナーにインスパイアされたテールランプなど、エモーショナルな表現が使われている。

 その後、LF-LCはレクサスLCとして現実に市販され、2017年からはRC Fに代わってスーパーGTに参戦した。このビジョン グランツーリスモは、レクサスのモータースポーツの系譜を先取りした1台といえるだろう。

■マツダ LM55 ビジョン グランツーリスモ

 2014年12月登場。1991年に日本車として初めてル・マン総合優勝を成し遂げた787Bのスピリットを受け継ぎ、近未来のル・マン24時間レースでの完全勝利を見据えて作られたモデル。

 そのため、スタイリングはロードカーというよりもLMPマシンに近いが、一部には市販車との共通点が見て取れる。たとえば睨むようなヘッドランプとファイブポイントグリルを組み合わせたフロントマスクは、近年の魂動デザインを踏まえたものだ。

 パワートレインについては明らかにされていないが、キャビン後方に作られたエンジンコンパートメントの小ささを考えれば、ロータリーユニットの搭載を期待したいところ。ロータリーエンジン「SKYACTIV-R」を発表したばかりのマツダだけに、その姿をサーキットで目撃する日が来るかもしれない。

■三菱 コンセプト XR-PHEV エボリューション ビジョン グランツーリスモ

 2014年3月登場。三菱自動車のデザインチーム、先行車両研究グループ、空力技術開発グループなど、通常のモータースポーツ車両と変わらない企画・開発体制を通じて作られたビジョン グランツーリスモだ。

 スタリングは2013年の東京モーターショーに出品された「MITSUBISHI Concept XR-PHEV」を踏襲しているが、三菱のアピールするアスリートフォルムをさらに進化させ、走りの機能をよりアグレッシブに表現している。大胆に絞り込まれるサイドウィンドウなどは、最新のエクリプス クロスのサイドビューとの共通性も感じさせる。

 パワートレインは先行開発技術を盛り込んだプラグインハイブリッドで、8速DCTを経て4輪を駆動する。新時代のラリーレイドなどにぜひエントリーしてもらいたい1台だ。

■日産 コンセプト2020 ビジョン グランツーリスモ

 2014年7月登場。モータースポーツの故郷、イギリスの若手デザイナーがデザインを手がけ、日本の若手エンジニアたちによって魂を吹き込まれたビジョン グランツーリスモ。

 メインコンパートメントから独立した前後のフェンダーが特長的で、ボリューム感と軽さを両立させた不思議なたたずまいを持つ。空力性能も優れており、時速300kmでおよそ400kgのダウンフォースを発生する。

 パワートレインは、V6ツインターボにフロント2、リア1という計3つのモーターを組み合わせたハイブリッド。左右独立制御のフロントモーターが生み出すトルクベクタリングとアクティブサスペンションにより、超高速域でも不安のないコーナリングを生み出す。次期GT-Rとの共通性を探りたくなるモデルだ。

■スバル VIZIV GT ビジョン グランツーリスモ

 2014年11月登場。同年3月のジュネーブショーで公開された「SUBARU VIZIV 2 CONCEPT」のデザイン言語を踏襲しつつ、よりダイナミックでソリッドな造形を織り込んだビジョン グランツーリスモ。その発想は、偶然デザイナーが見つけた鰹節の塊がモチーフになったという。

 カーボン素材を多用することによって車重は1,380kgまで軽量化。パワートレインは、伝統の2L水平対向エンジンにフロント1、リア2という計3つのモーターを組み合わせたハイブリッドを採用している。

 ジュネーブショーで発表された「VIZIV TOURER CONCEPT」を見ても、このビジョン グランツーリスモがスバルのデザイントレンドのど真ん中にあることは確か。ひょっとしたら、この2ドアクーペも意外な形で市販化されるかもしれない。

■トヨタ FT-1 ビジョン グランツーリスモ

 2014年9月登場。同年1月のデトロイトショーで公開されたスポーツデザインコンセプト、FT-1をベースに、カリフォルニアのCALTY DESIGNが作り上げたレーシングバージョンだ。

 オリジナルのFT-1が持つ「機能造形美」を、ピュアなレーシングカーとしてより際立たせたモデルで、ふくよかに張り出した前後フェンダーや拡大されたエアインテークなど、サーキットでの勝利を最優先したモディファイが施されている。フロントのスポイラーやカナード、リアの大型ウイングの効果も検証済みで、ダウンフォース獲得に大きな役割を果たすという。

 今年3月、トヨタがGRスープラ レーシングコンセプトを発表した時、このビジョン グランツーリスモとの共通性が話題になった。バーチャルな世界のポテンシャルを感じさせた1台といえよう。

■トヨタ GRスープラ レーシングコンセプト

 最後に、ビジョン グランツーリスモではないが、グランツーリスモで楽しめる1台を紹介しよう。それが前項でも触れたトヨタ GRスープラ レーシングコンセプト。4月のアップデートによって、グランツーリスモSPORTに追加された注目の1台だ。

 GRスープラ レーシングコンセプトは、LM-GTE規定に基づいて作られたレーシングカーと言われるが、実際の参戦計画はない。つまりグランツーリスモのプレイヤーだけが、そのパフォーマンスを体験できる唯一のテストドライバーというわけだ。

 ゲーム中では、実際のコンセプトカーとまったく変わらないスペックが体験できる。迫力あるエクステリアはもちろん、後方確認モニターなどを備えたコックピットも忠実に再現されているという。来年登場するスープラのパフォーマンスを占ううえでも、体験しておいて損のない1台に違いない。

最新号

Boosterpackdepot最新号

国産8メーカー 2020年までの新車スケジュール Boosterpackdepot9月10日号

 自動車総合誌「Boosterpackdepot」最新号が、2018年8月10日に発売。今号の巻頭では、2020年までに登場する国産8メーカーのニューカースケジュールを完全網羅。また大人気、ジムニーとN-VANの試乗記も掲載している。内容盛りだくさんの9月10日…

カタログ