ハイラックスだけじゃない!! 日本で買えるピックアップ 5選

 「アメリカで一番売れている車」と言っても、日本においてピックアップトラックは身近な存在ではなかった。

 ところが、トヨタがハイラックスを復活させ、発表1カ月で2300台を受注するなど、今ピックアップの存在がにわかに注目されてきている。

 実は、ハイラックス以外にも、日本で買えるピックアップトラックは多数存在。その中から、国産メーカーの“逆輸入車”はもちろん、本家アメリカ車の定番モデルも併せて5つのモデルを“ピックアップ”!!

(※本記事に登場する『参考価格』は並行輸入業者による価格です)

文:伊達軍曹
Boosterpackdepot2017年11月10日号


日本で買える『国産メーカー』のピックアップ

■トヨタ タコマ【参考価格:579万8000円】

トヨタ タコマ/全長×全幅×全高:5392×1910×1793mm
トヨタ タコマ/全長×全幅×全高:5392×1910×1793mm

 フルサイズのタンドラに対し、こちらはUSトヨタのミドルサイズ・ピックアップ。ただし「ミドル」というのは北米の感覚で、全長5392mm(※ロングベッド仕様は5727mm)×全幅1910mmは、日本では充分以上に「でかっ!」と感じる。

 現在販売されているのは2016年登場の3代目で、エンジンは2.7L直4または3.5L、V6。荷台にFRP製トノカバーを付けてサーフボードを載せれば、秋の日本海も(イメージ的には)真夏のLAに早変わりするだろう。

(※参考価格は『2017年モデル ダブルキャブ4WD TRDオフロード』の場合)

■日産 フロンティア【参考価格:449万円

日産フロンティア/全長×全幅×全高:5574×1850×1780mm
日産フロンティア/全長×全幅×全高:5574×1850×1780mm

 こちらは日産が北米をはじめとする各地で販売している“世界戦略車”的なミドルサイズ・ピックアップ。

 最新モデルは2014~2015年にかけて登場した3代目のD23型フロンティア(販売国によってはナバラ)だが、2004年からの第2世代であるD40型を扱っている逆輸入車専門店も多い。こちらは全長5220mmの全幅1849mmという、日本でも比較的扱いやすいサイズ。エンジンは2.5L直4または4L、V6だ。

(※参考価格は『クルーキャブSV 4WD』の場合)

■ホンダ リッジライン【参考価格:327万1725円】

ホンダ リッジライン/全長×全幅×全高:5334×1996×1798mm
ホンダ リッジライン/全長×全幅×全高:5334×1996×1798mm

 多くの人はたぶんその車名を聞いたことがないはずの、USホンダが2005年から販売している中型ピックアップ。本場・北米ではかなりの高評価で、「米国製のピックアップとは質感が全然違う」、「走りもすばらしい」などと絶賛されているようだ。

 流通の中心は(それほど日本では流通していないが)2014年までの初代だが、2016年1月には第2世代がデビュー。こちらも北米国際自動車ショーで「北米トラック・オブ・ザ・イヤー」をさっそく受賞。隠れた実力派だ。

(※参考価格は『2017年モデル ベースグレードの場合』)

日本で買える『フォード&GM』の定番ピックアップ 

■フォード F-150【参考価格:824万円】

フォード F-150/全長×全幅×全高:5890×2004×1961mm
フォード F-150/全長×全幅×全高:5890×2004×1961mm

 北米ピックアップトラック界の“正横綱”を長らく務めている大人気モデル。初代登場は1948年で、2014年以降は13代目が販売中。

 全幅は2004mmと標準的だが、全長は最短仕様でも約5.1mで、最長の仕様では約6.3mに。各種存在するエンジンは3.5L、V6と5L、V8が中心だったが、現行型では「エコブースト」2.7L、V6ターボも追加。V8に匹敵するパフォーマンスを発揮しつつ、7.6km/Lという(このカテゴリーとしては)良好な燃費性能も炸裂させている。

(※参考価格は『スーパークルーキャブ プラチナム4WD』の場合)

■シボレー シルバラード【参考価格:306万1935円〜】

シボレー シルバラード/全長×全幅×全高:5842×2032×1979mm
シボレー シルバラード/全長×全幅×全高:5842×2032×1979mm

 フォードのフルサイズピックアップがF-150、ダッジ(ラム・トラックス)のそれがラムならば、GMのフルサイズピックアップは、こちらシボレー シルバラード。

 実はコレ、全米で2番目に売れている車だ(1位はフォードFシリーズ)。現行型は2014年登場で、2016年モデルからはより豪快な顔つきにフェイスリフト。しかし最新世代では気筒休止システムや8速ATを採用するなど、こう見えてエコな気づかいも。

(※参考価格は『2017年モデル ベースグレード』の場合)

◆  ◆  ◆

 各モデルに付した『参考価格』は、該当グレードのもので、輸入品のため為替変動などで変わる場合や、店舗によって差違があることにご留意いただきたい。本記事の国産ピックアップは、ミドルサイズを中心にセレクトしたが、トヨタはタンドラ、日産ならタイタンなど、フルサイズピックアップも並行輸入で買うことができる。

ハイラックスの売れゆき次第では、新たな正規モデルのピックアップが日本に登場する日も、そう遠くないかもしれない!!

最新号

Boosterpackdepot最新号

【スクープ】日産&三菱から出る新車|Boosterpackdepot 6月10日号

 Boosterpackdepotの最新刊が本日発売! 令和初売りの今号は、スクープ班が独占入手した日産&三菱の新車情報を詳しく紹介。  このほか、日本のSUV&クロスオーバー全37モデル〇×評価など、注目車種の情報も盛りだくさんの内容でお送りする。 【スクープ…

カタログ

купить футбольную обувь

охотничий нож купить

pillsbank.org/en/products/orlistat