NISMO、GR、Modulo、無限、STIのワークスチューニング、買うならコレだ!!

NISMO、GR、Modulo、無限、STIのワークスチューニング、買うならコレだ!!

 

NISMO、GR、Modulo、無限、STIなど、このところメーカー直系のカスタマイズブランドがますます存在感を増している。車種もスポーツカーに限らずミニバンやSUV、コンパクトカーや軽自動車にいたるまでバラエティ豊富で、コンプリートカーが増えていることも特徴だ。この記事では各ブランドの成り立ちを紹介するとともに、性能だけでなくコスパや維持費など現実的な問題を考慮しつつ、それぞれの2017年秋におけるベストバイを挙げてみたので、ぜひ参考にして欲しい。

文:岡本幸一郎/写真:小宮岩男、池之平昌信、藤井元輔

 

 


 

■日産のワークスを手がけるNISMOのオススメは?


NISMOが日産のモータースポーツ会社であるのはご存じのことだろうが、伝統と栄光のあるNISMOというブランドをもっと上手く活かせないものかと、日産内で新しいプロジェクトを立ち上げた。そして、市販車にはあきたらず、性能や上質さを求めるユーザーに向けたコンプリートカーを、2013年初めの「ジュークNISMO」を皮切りに、徐々にラインアップを増やしているところだ。2017年4月には、将来的な販売増と世界展開を視野に入れて、新たに「ニスモ・カーズ事業部」を設立した。

現時点では、マーチ、ノート、ジューク、フェアレディZ、GT-Rという5車種の布陣となっている。その中からイチオシとしたいのは、「ノートe-POWER NISMO」だ。むろん性能面ではGT-RやフェアレディZが圧倒的だが、他にはない独自性はもちろん、250万円を切るリーズナブルな価格と多くの人に受け入れられるであろう普遍性という点を大いに評価したい。

鮮烈な赤のアクセントが目を引く内外装は、すでにNISMOのアイデンティティを確立している。ボディ補強と専用サスペンションによるフットワークはスポーティかつ上質な仕上がり。また、e-POWERならではの電動駆動にも手を加え、瞬発力を高めたり回生をリニアな特性とするなどして、より運転を楽しめるよう加減速のフィーリングを独自にアレンジしているのも、このクルマならでは。

電動駆動だからこそ味わえるドライビング感覚とともに、スポーティなルックスと走りを低燃費で楽しめるという、多くの要素が凝縮した要注目の1台だ。なお、日産系ではオーテックジャパンが手がける「ライダー」や「モードプレミア」といった、NISMOとは方向性の異なるコンプリートモデルもある。こちらもカタログモデルにはない魅力を持った気になる存在である。

ワンペダルドライブも話題のe-POWERだが、NISMOでは回生ブレーキの効きも市販バージョンよりもあえて弱くしているなど工夫もみられる

■最近スポーツイメージの強いトヨタ"GR"のベストバイコンプリートは?


トヨタには、「ワークス」と呼べるカスタマイズブランドがいくつかあるが、正真正銘のワークスとなるのがこちらである。これまでは「G‘s」や「GRMN」などと呼んでいたコンプリートカーが、2017年4月の「GR Company」の始動により、今後は「GR」シリーズに統一されることとなった。その中で「GRスポーツ」、「GR」、「GRMN」という3段階にチューニングを施したコンプリートカーをラインアップしていくことは既報のとおりだ。なお、「GR」とは「GAZOO Racing」を意味する。

このGRシリーズについては、まだ全容が見えないのが悩ましいところだが、すでに設定のある、もしくは近いうちに設定予定で試乗することのできた車種については、ほぼすべて足まわりの仕上がりは上々であった。ただし、パワートレインに手を入れていないことが惜しまれる車種が少なくないのも事実だ。そこで、現状でも十分な動力性能と、楽しさを直感させるフットワークを身に着けていることから、「86 GR」をベストバイとしたい。

見た目にあまり派手さはなく控えめながら、走りのキモとなる部分には、600万円超の価格で限定販売され、走りが絶賛された「86 GRMN」のエッセンスが盛り込まれている。その走りは、まさしく意のまま。走る、止まる、曲がるのすべてが、見事なまでにリニアに味付けされている。FRスポーツの走りを極めた、素晴らしい仕上がりだ。

トヨタが「GR」としてラインアップするなかで、もっともスポーティなのが86GR。メーカーチューンだからこそのハイバランスが心地いい

■ホンダのワークスカスタムはModuloと無限の選択肢


「モデューロ」ブランドを擁するホンダアクセスでは、ホンダ車の魅力をより引き立てるカスタマイズを目的に、各種純正アクセサリーを豊富にラインアップしている。そこから一歩進んで、「誰もが、いつでも、どんな道でも、気持ちよく走りを楽しめる」のコンセプトをより高い次元で実現するため、「モデューロX」と名づけたコンプリートカーに着手し、これまでN-BOX、N-ONE、ステップワゴンの3車種を送り出してきた。

むろんコンプリートカーだからこそ実現できるトータルチューニングがモデューロXの醍醐味だが、中でも特筆すべきは足まわりと空力だ。そのよさは3車種のどれに乗っても共通して感じられる。しいてベストバイを挙げるなら、ミニバンでありながらここまで仕上げたことに感心せずにいられない、ステップワゴンとしたい。

ロールを抑えて運動性能が引き上げられているが、乗り心地が悪化することはない。むしろ振動が瞬時に収束するので、よくなっているくらいだ。高速巡行時にはフラット感があり、車体の下に空気のレールがあるかのような、優れた直進安定性とライントレース性にも感心させられる。

なお、モデューロではコンプリートカー以外にも、セットで装着することでより高い効果を得られるよう、サスペンションやエアロパーツ、ボディ補強パーツなどをパッケージとしたメニューを、いくつかの車種に向けて用意している。S660は専用のホイールまで用意しており、その走りは素晴らしい仕上がりだ。

またホンダ車には、よりスポーツ色の強い、M-TECの「無限」というブランドがあるのもご存知のことだろう。ときおり限定販売するコンプリートカーの注目度も高く、最近では即座に完売したS660も記憶に新しいが、少し前にはCR-Zや先々代シビックタイプRなどを手がけた。

単品のアイテムでは、アグレッシブな意匠のエアロパーツ、運動性能と快適性を見事に両立したサスペンション、耐フェード性やコントロール性を向上するブレーキ関連あたりがとくに得意な印象だ。

スポーツ系を中心に幅広くホンダ車を手がける中で、これは!と感じたのがフィット。RS、ハイブリッド、スタンダードと、それぞれの走行特性とキャラクターに合わせてきめ細かくパーツをラインアップしていることに驚く。実際にもフィットで無限製パーツの装着率が比較的高いのはうなずける。

Moduloのいいところは普段からも実感できるスポーツ性。ステップワゴンModulo Xは価格こそややお高いがその価値はあり!! ドリキン土屋圭市氏も太鼓判だ
無限というとモータースポーツのイメージも強いが、フィットのパーツは非常に上質にまとまっている

■質実剛健なスバルにはSTIがある!!


そのスポーツイメージを活かして、かねてからSUBARUの高性能な市販車にもその名が与えられてきたのもご存知のとおりだが、STI自体はSUBARUと別の組織としてSUBARUのモータースポーツ活動全般に携わるほか、市販車向けの各種パーツや、「S」シリーズ、「R」シリーズ、「tS」シリーズといったコンプリートカーを手がけている。

各コンプリートカーは限定発売が多く、現在は新車で手に入らないクルマが多い。しかしおすすめしたいパーツがある。数多くのSTIパーツの中でも、とくに注目すべきは「フレキシブルドロースティフナー」だ。STIが身上とする「強靭でしなやかな走り」を実現するためにSTIが開発した独創的なパーツであり、SUBARUの大半の車種に設定されている。

車体とクロスメンバー間に装着することで、適度なテンションにより走行時の入力で生じるボディのヒステリシスを抑え、操舵初期応答性や4輪の接地性を向上させるとともに、突き上げ感のない快適な乗り心地を実現させるというものだ。SUBARUの純正アクセサリーである「STIフレキシブルタワーバー」との組み合わせで、よりその効果は大きなものとなる。

装着すると誰しも必ず走りの変化を体感できるはず。デメリットは一切なし。SUBARU車のオーナーにはぜひとも検討されたし。

メーカーの解析能力があってこその補強パーツ。やみくもに固めることが必ずしもいいとは限らず、やはりそこはワークスの信頼性の高さが光る

最新号

Boosterpackdepot最新号

2020年までの新車完全網羅! Boosterpackdepot7月10日号

 Boosterpackdepot 7月10日号が、いつもより一日早い6月9日に発売。最新号は巻頭から、梅雨空を吹っ飛ばす暑~い新車スクープを展開。さらには、カローラスポーツを筆頭としたニューモデルのとれたて最新情報...

カタログ