今こそ重宝する「走りがいい」&「普通のクルマ」2選

「普通のクルマ」にだって走りが光るものはあるはず。そして、それは車好きにとってはとても重要なこと。
 世の中的にはクロスオーバーSUV全盛期であり、そのいっぽうでミニバンが売れ、販売トップレンジは軽自動車やハイブリッド専用車が占めている今だからこそ、クルマ好きにとっては「普通のクルマ」、「当たりさわりのないクルマ」、「それでもいいクルマ」が求められていると思うのです。
 本企画ではそんな「普通のクルマ」であり、かつ「走りがいいクルマ」を、渡辺陽一郎氏と鈴木直也氏に「これなら太鼓判!」とそれぞれ代表モデルとして紹介してもらいます。
文:渡辺陽一郎、鈴木直也
Boosterpackdepot2017年10月10日号


■買い得感とトルク感でマツダ アクセラby渡辺陽一郎

 走りのいいクルマは、かつて「普通のいいクルマ」の価値を損なうことが多かった。運転操作に対する反応が不自然に過敏だったり、乗り心地が硬くなったりした。

 しかし近年の車両開発では、峠道などにおける走りのよさと、日常的な「普通のいいクルマ」を両立させている。ボディ剛性を高めて足まわりが正確に動き、乗り心地を硬くしないで優れた安定性を確保している。ステアリングの支持剛性も高まり、小さな操舵角から車両が正確に向きを変えるため、街中でもドライバーは一体感を得られる。

 つまり走りの技術が進化して「普通のいいクルマ」が運転の楽しさも身に付け、走行安定性の向上により安全性も高まった。日常的な快適性と運転の楽しさ、安全性が相反する関係にあったのは過去の話になりつつある。

 アクセラはこの今日的な「普通のいいクルマ」を実感させる。操舵に対する反応は特に機敏ではないが、操舵角に応じて車両が忠実に内側へ回り込む。この時に危険を回避すべくアクセルペダルを戻したりブレーキをかけても、後輪の接地性はあまり損なわれない。確実に曲がって安定性も高い。足回りが柔軟に伸縮するから、乗り心地は少し硬いが粗さを抑えた。

 アクセラの1.5Lのクリーンディーゼルターボは、実用回転域の駆動力が2.7Lのガソリン並みに高く、燃料代は1.3Lのデミオと同等だ。価格は以前設定のあった2Lのガソリン仕様とほぼ同額に収まる。CX-3では1.5Lディーゼルの価格が2Lガソリンに比べて27万円高いが(ガソリンを安くした)、これに比べるとアクセラの1.5Lディーゼルはほぼ同額とあって買い得だ。

■クルマにとって大事な「軽さ」がキモのスズキ スイフトby鈴木直也

 走りがいい普通のクルマというテーマでのイチオシはスイフト。最大の魅力は軽さで、先代モデルから120kgもの軽量化を実現。このクラスで100kg以上も軽くするのは驚異的だ。

 最近は各社プラットフォームを一新するケースが多いが、例えばスバルのSGP(スバル・グローバル・プラットフォーム)が軽量化よりも剛性と安全性を重視したのとは対照的に、スズキは軽量化を最優先。それはつまり他社とは違うクルマ作りをしているということで、そこを評価したい。

 いっぽうでいきすぎた軽量化は質感の低下などネガティブな副作用が出るものだが、スイフトはそれがほとんど感じられないのもいい。走りには意外と重厚感があり、クラスを超えたしっかり感を備える。

 数あるパワーユニットのなかでのお薦めは1.2Lのストロングハイブリッド。2ペダルAMTのAGS(オートギヤシフト)を使い、他社のハイブリッドとは異なる乗り味を創り出しているのが魅力だ。このままエンジンをターボ化して、ハイパフォーマンスハイブリッドにも挑戦してほしいくらいだ。

最新号

Boosterpackdepot最新号

スクープ! 2020年の大物新車たち|Boosterpackdepot 2月10日号

 新年初売り号となる「Boosterpackdepot」最新号が2019年1月10日に発売。元号も変わるなど激動の1年となる2019年だが、Boosterpackdepotではそのさらに先、2020年に登場する大物ニューモデルを独自スクープ! 五輪イヤーに向けて、期待の新車が目白押し…

カタログ