超必見!! 東京モーターショー2017に登場する「市販確実の人気車」5選

 

モーターショーといえば、次世代技術が満載の華やかな未来のクルマも魅力ですが、確実に市販が決まっているけど、発売直前のため「コンセプトカー」と名付けられた新型市販車が見られるのもモーターショーの醍醐味だったりします。
すでに各メーカーから発表されている出展概要の中から、市販確実でしかも注目度の高い(売れそうな)5車種をご紹介いたします。
東京モーターショーでこれらの展示車を見るなら、ぜひ近くにいるメーカー説明員に話しかけてみてください。案外その車の製作を担当した偉いエンジニアだったりしますぞ。直接要望を届けたり、質問できる大チャンスです。
文:BoosterpackdepotWeb編集部 写真:NISSAN、TOYOTA、SUZUKI、MITSUBISHI

 

 


 

■日産 セレナNISMO 正式発表時期2017年11月

 

日産ブースで展示されるセレナNISMO。「11月に発売」と発表された

「発売は2017年11月」と、実質的に東京モーターショーでのお披露目→発表となったセレナNISMO。ベース車の販売台数が大きく、またユーザーからの引き合いも強かっただけに、ヒット車となることは間違いなし。

「エクステリアはNISMOらしい精悍なデザインと優れた空力性能を両立したデザインを採用し、インテリアは各所にNISMOカラーのレッドアクセントをあしらうなど、ドライバーの気持ちが高揚するスポーティーな演出を施しました。また、専用のボディ補強やサスペンションチューニングなどにより、気持ちのよいハンドリングを実現するとともに、専用ECMやマフラーを採用し気持ちの良い加速フィーリングを実現しました」と、ボディ補強や専用の足回り、コンピュータチューン、専用マフラーが入るなどかなり手の込んだ内容であることがわかっている。

まだ公表されていないが、会場で説明員さんに直接聞いてみれば、「おおよその価格」は教えてくれるはず。

■トヨタ クラウンコンセプト 正式発表時期2018年夏

 

従来型(現行14代目)のフルモデルチェンジ版クラウン(15代目)も東京モーターショーに登場。発売は2018年夏

15代目となる新型クラウンのウリは「通信機能」。トヨタによると、「ビッグデータを活用し、お客様へ新たな価値を提供していく。また、CROWN Conceptの市販モデルにも車載通信機を全車標準装備し、展開を図る」とのこと。おそらく通信機能を介した先進安全装備や快適装備となるもよう。コンセプトカーとはいえサイズも発表されており、全長4910×全幅1800×全高1455mm、ホイールベース2920mm。従来型(現行型)と比べると全長で+15mm、全幅は同じで全高で+5mmとなっている。

パワートレーンは発表されていないが、本誌スクープ班の調査では直4の2Lターボ仕様と2.5L+モーターのハイブリッド仕様の二本立て。

一番予想外だったのが発売時期。トヨタによれば「2018年夏頃」とのことで、本誌予想より半年遅かった(すみません)。

■スズキ スペーシアコンセプト 正式発表時期2018年2月(予想)

 

スズキの新型スペーシアも東京モーターショーに出品。2018年2月に発売か。カスタムも同時に出品される

新車の事前情報展開に関しては「ギリギリまで明かさないこと」で定評のあるスズキ。今回のスペーシア次期モデル出展も、ギリッギリまで伏せられておりました。出展概要が発表されると、モロに市販車なコンセプトカーが掲載されており、おお、これが、とビックリ。このまま出ます。

事前発表された公式資料にはサイズやパワーユニット、諸元などはいっさい記されておらず、もちろん発売時期も未公表。「低床で広い室内空間、使い勝手が良い、後席両側スライドドアの軽ハイトワゴン『スペーシア』のコンセプトモデル」という大枠のスローガン的な発表があっただけ。大変スズキらしい。

細かいスペックは現地(東京モーターショー会場)で取材することになるが、先行してフルモデルチェンジしたホンダのN-BOXに対してどこまで後発の有利さを生かせるかがポイントになるはず。特に燃費、安全装備、シートの使い勝手がポイントとなる。

従来型(現行モデル)の発売が2013年2月だったため、発表時期予想は2018年2月としたが、1月に開催される東京オートサロンでの正式発表もありえる。楽しみに待ちたい。

■三菱 エクリプスクロス 正式発表時期2018年3月(予想)

 

三菱の久しぶりの新車、エクリプスクロス。2018年3月発売予定

2017年10月5日に出展概要のさらなる詳細が発表された「三菱エクリプスクロス(日本仕様)」。パワーユニットは1.5Lの直噴ガソリンターボエンジン仕様のみで、ランエボゆずりの車両運動統合制御システム「S-AWC」(つまり4WD仕様のみか)、8速スポーツモード付きCVT「INVECS-Ⅲ」と組み合わされる。

細かいボディサイズに関してはまだ公表されていないが、RVRとアウトランダーの中間サイズになる。

流行りの「コネクティビリティ(スマホ等との連携)」も進化しており、スマホ連携ディスプレイオーディオや探知パッドコントローラー、カラーヘッドアップディスプレイなどを装備。ここらへんの使い勝手はぜひショー会場で実際に使って確かめたい(4台展示されるそうなので、乗り込める車両もあるはず!)。

発売時期は「来春」とあり、これはちょっと意外だった(今年中に発表発売、という情報が有力だったため)。とはいえ今期中に発売されるであろうから、年始発表、3月発売というスケジュールか。

■スバル S208 正式発表時期2017年10月

 

スバルブースの注目市販車はWRX STIのコンプリートチューニングカー、S208。限定450台はあっと言う間に完売する見込み

WRX STIをベースとした「S208」は、「Sシリーズ史上最高の性能と質感を実現した究極のドライビングカー」という大変スバルファンを刺激する惹句とともに、東京モーターショーのスバルブース開催概要に登場。STIが足回りや内外装パーツだけでなく、エンジンまできっちり仕上げたチューニングコンプリートカーとして限定販売される。特にカーボンルーフまで採用したボディワークは従来のWRX STIからさらに異次元の走行性能になりそう。

前回(2015年)の東京モーターショー時に発表された「S207」の進化版であるS208は、スバルによると「2017年10月25日(東京モーターショーのプレスデー)に、車両仕様詳細とともに450台の抽選販売方法を発表します」とのこと。S207が発表日に即日完売したことを考えると、このS208も即完売必至。

本誌予想では各ディーラーでの窓口およびWebによる受付となるだろうから、ほしい人は今から準備しておきましょう。

最新号

Boosterpackdepot最新号

【スクープ】日産&三菱から出る新車|Boosterpackdepot 6月10日号

 Boosterpackdepotの最新刊が本日発売! 令和初売りの今号は、スクープ班が独占入手した日産&三菱の新車情報を詳しく紹介。  このほか、日本のSUV&クロスオーバー全37モデル〇×評価など、注目車種の情報も盛りだくさんの内容でお送りする。 【スクープ…

カタログ

http://www.binaryoptions21.com/

анастрозол