超名門ブランド「タイプR」 新型に450万円出すならこれだベスト3

2017年7月27日に正式発表となった10代目シビック。同時に発表されたタイプRは(先代は限定販売だったが)カタログ仕様となって、車両本体価格は450万360円。これが高いか安いかは人によるだろうが、庶民にとっては「う〜ん……」と考える金額であることは間違いない。そこで当サイトでは、コストパフォーマンスも含めた歴代「タイプR」ベスト3を決定したいと思います。セレクトするのは「にっこり笑って厳しく斬る」でお馴染み片岡英明氏にお願いしました。

【コストパフォーマンスを含む、歴代タイプRベスト3】

1位 FD2型シビック タイプR 2007〜2010年

2位 FK8型シビック タイプR 2017年〜

3位 DC2型インテグラ タイプR 1995〜1998年

文:片岡英明 写真:池之平昌信、HONDA


■最新型のシビックタイプRはいい! しかしお値段450万円超

間もなく正式発売されるFK8型シビックタイプRは、究極のFFスポーツとの呼び名が高い。その実力は、ニュルブルクリンク・サーキットで証明されている。ニュルの北コースを7分43秒80で駆け抜け、VWゴルフGTIクラブスポーツSに奪われたFF最速の称号を奪い返したのだ。走りのポテンシャルは歴代のタイプRのなかでもっとも高い。

が、FK8型タイプRの魅力は、サーキットの速さだけではない。メカニズムも先代のFK2型タイプRより魅力的なのである。リアサスペンションはマルチリンクになり、接地フィールとコントロール性を高めた。タイヤも専用開発したコンチネンタル製のスポーツコンタクト6(245/30ZR20)を履く。スポーツモードと+Rモードに加え、同乗者にやさしい乗り心地のコンフォートモードを設定したことも今までにない魅力と言えるだろう。4ドアモデルだから快適だし、乗降性も優れている。ドライビングポジションも低くなったから、さらに操る楽しさが増した。

パワーユニットは、先代と同じ2LのK20C型直列4気筒DOHC・VTECターボだ。が、10psのパワーアップに加え、応答レスポンスも大幅によくしている。6速MTにはシフトダウンのときに回転合わせを行ってくれるレブマッチシステムが付く。これも魅力だ。価格は先代よりちょっと高くなり、450万円を超えた。だが、魅力は先代を大きく超えているし、歴代のタイプRのなかでも魅力度ランキングは上位に位置する。買い得感も群を抜いて高い。先代と違って限定販売ではないが、トータルの販売台数は決まっているから早めにオーダーしたほうが後悔しないだろう。

■「走り」を極めたタイプRの中でもさらに尖ったこのモデル

が、450万円の予算があるなら、歴代のタイプRのなかから優良の中古車を探し、これに乗るという手もある。走り至上主義の人におすすめなのは「サーキット・ベスト」のコンセプトを掲げ、2007年に発売されたシビックの3代目タイプR、FD2型だ。

走りにこだわる日本のユーザーのために開発し、送り出したタイプRで、セダンボディだから日常の使い勝手もいい。また、剛性が高く、クルマとしてのバランスも優れている。ただし、乗り心地はハードだ。歴代のタイプRのなかではもっともスパルタンなスポーツセダンだ。同乗者には快適ではない。だが、操る楽しさは格別である。

心臓は2LのK20A型直列4気筒DOHCエンジンにi-VTECの組み合わせだ。走りのよさを際立たせ、速く走らせるために6速MTのギア比は専用としている。世界最高の2ℓの自然吸気エンジンだった。リアサスペンションはダブルウイッシュボーンだ。限界性能は驚くほど高く、オン・ザ・レールの痛快な走りをテクニックに応じて楽しめる。中古車価格は200万円前後だから、新車並みに仕上げても400万円くらいで乗れるだろう。また、数は少ないが、無限がファインチューニングした限定車、MUGEN RRも欲しくなる1台だ。

■初代「タイプR」の登場は感動的だった

20世紀のタイプRで刺激的だったのは、「DC2」の型式で親しまれているインテグラのタイプRである。乗りこなす楽しさと達成感が際立っていたのがタイプRの初期モノ、96スペックだ。1.8LのB18C型DOHC・VTECは量産エンジンとは思えないほど官能的な吹き上がりを見せ、高回転のパンチ力も音色も刺激的である。8300回転まで感動的なパワーフィールを身につけている。

後期型の98スペックは、エンジンが少しマイルドになり、扱いやすくなった。刺激性とヤンチャな楽しさは薄れたが、シャシー性能やブレーキ性能がアップし、持てる実力を引き出しやすくなっている。インテグラのタイプRは中古車価格も100万円前後と手頃だ。当然、気持ち良く走らせるためには手を入れる必要がある。だが、自分好みに仕上げる楽しみもあるタイプRだ。

最新号

Boosterpackdepot最新号

Boosterpackdepot 10月10日号 スバル・ミドシップスポーツの真偽に迫る!

 毎月10日と26日に発売される自動車総合誌「Boosterpackdepot」の最新号が本日発売! 今号の巻頭スクープは衝撃情報の真偽を追跡。その衝撃情報とは、なんとスバルからミドシップスポーツが市販されるというもの。本誌スクープ班が総力をあげてその情報の核心…

カタログ

mitsubishi.niko.ua

www.velotime.com.ua

Велосипеды Author