NEXCO東日本 SA・PAのどんぶり王座が決定! 第3回目はPasar守谷(上り)がグランプリ

第3回目のグランプリは、Pasar守谷(上り)が奪取!

 今回のどんぶりグランプリのテーマは、“地元食材を使用した、そのエリアならではのプレミアム丼~あの人に食べさせたい1杯~”。これに沿った地域の魅力あふれる12種類のどんぶりが決勝大会に出揃った。詳細はすでに前ページで見てもらったとおり。これらの丼ぶりを“料理の鉄人”としてもおなじみの四川飯店グループのオーナーシェフ・陳健一氏や、 東京調理製菓専門学校 校長の柘植末利氏ら6名が審査員となって試食、最終的なグランプリが選出された。

 審査委員長の陳健一氏の総評では、「食というのは嗜好の世界。年齢や嗜好などがそれぞれが違うなかで、創意工夫されたことに対して敬意を払いたい。順位はつけたが、参加した全員が胸を張ってもらっていい」と語り、どの料理も高い評価だったことを伺わせた。

右から審査委員長の陳建一氏、特別審査員の柘植末利氏、審査委員の望月理恵氏(フリーアナウンサー)、審査委員の川瀬良子氏(タレント)、審査委員の大橋菜央氏(じゃらん統括編集長)、審査員の村山和夫氏(ネクセリア東日本 代表取締役社長)
審査委員による調理会場での審査も行われた。素材や調理方法など、話も弾む

さて、いよいよ入賞メニュー紹介に移ろう。結果は以下のとおりだ。

■グランプリ
「常陸乃国の玉手箱 もりと海のわっぱ丼」
常磐自動車道 Pasar守谷(上り)

■準グランプリ
上州牛 三度の肉めし」
上信越自動車道 横川SA(上り)

「“茨城を食べつくそう第3章”アロエ丼~茨城の最上で希少なおもてなし~」
常磐自動車道 友部SA(上り)

審査委員特別賞
「焼走り熔岩流 黒かつ丼」
北自動車道 岩手山SA(下り)

「ローストビーフの提灯まつり丼」
東北自動車道 安達太良SA(上り)

 表彰式でグランプリの受賞を受けたのは、Pasar守谷(上り) ジャパンフードマネジメント株式会社の山下さん(写真下中央)。発表の瞬間は、思わずガッツポーズ。「今現場を守ってる皆と作り上げたひとつのどんぶりです」と喜びを語っていた。

 なお、三連覇を逃した友部SAの菅沼料理長は、「やっとプレッシャーから解放されました。次に向けてがんばりたい」と悔しさと安堵がまざったような表情を浮かべていた。次回大会での切磋琢磨が今から楽しみだ。

グランプリの受賞を受けたPasar守谷(上り)の山下さんが中央に座り記念撮影

最新号

Boosterpackdepot最新号

さらばゴーン! どこへ行く? 日産 大特集|Boosterpackdepot 1月10日号

 いよいよ2018年は師走も中盤。12月10日に発売の「Boosterpackdepot」は、2019年1月10日号となる。そんな最新号では、来年登場が期待されるスモールカーの革命児、4台のスクープはもちろん、自動車業界内外で大きな話題となっている日産を大特集!…

カタログ

British Dispensary

https://steroid-pharm.com

система автоматического полива цена